Coucou mes amis -フランス便り-

ちはるのフランス生活。毎日のつぶやき。

今日のマクロン大統領の会見で、こんな発表がありました。

10月17日(土)から、夜9時〜朝6時までの外出を禁止!!

イル・ド・フランス(パリやその近郊)や、その他リヨンやマルセイユなど、
いくつかの大都市圏で実施されます。
期間は現在のところ、12月1日までの6週間の予定。
延長とかあるのかな。ありそうだよな。

ただし、その時間帯でも仕事や健康上などのやむを得ない事情があれば
外出を認められるようですが(詳細はのちほど発表)、違反者には135€の罰金です。

フランスの現在の感染者数は1日に2〜3万人で、日本とはケタ違い。
第二波がやってきているんです。泣

経済的にガタガタになっているフランスなので、
以前のような完全なロックダウンは避けたいということは、
痛いほどよーーーーーく分かります。
現実的に考えると、もう完全なロックダウンは無理じゃないでしょうか。
いや、そういうのは私はよく分からないですけどね、でもそう思います。
だから、まずは夜。夜だけでも!
これで一日の感染者数がぐぐんと減ることを期待したいです。

実はこの政策が実施される17日(土)から、
フランスの子どもたちは2週間の秋バカンス。
都市間の移動は制限されていないので、旅に出る人たちも多いです。

4月の日本行きキャンセルをして、そのときに取得していた有給休暇そのものを
キャンセルしたパートナーは、その2週間分をこの秋バカンスに充てました。
だからわが家は、ちょこっとだけ旅行に出る予定なのですが・・・、
今のところその政策の夜の外出禁止にはかかっていない都市なのですが・・・、
十分に気を付けて動こうと思います。

せっかく落ち着きを取り戻してきていたかのようなフランスですが、
夏のバカンス以降、9月からぐんぐんと状況が悪化してきています。
高田賢三さんもその犠牲になられた方のお一人・・・、
コロナは本当に恐ろしいです。

このままだと12月にまたピークが来ると言われているフランス。
夜の外出禁止で、どうかピークを避けることができますように。

バーなどで酔う人たちの中にも(無症状の)ウィルス保持者がいて、
そういう人たちが他の人たちに顔を近づけて絡んでいくのが
コロナを感染させる大きな原因のひとつだと言われていて、先日、
フランス人の友人カップルが
「そういえばあなたも寄ったらそんな感じよね。
誰にでも肩に腕を回して、顔を近づけて話すわよね。」
「そういうお前もそうだろ。」
と、2人で言い合いをしていました。笑
私は酔ったどちらともから、肩を組んでかなりの至近距離で話しかけられて、
口からの「おつゆ」が飛んできたことありますけどね!笑
「2人ともお互い様よ〜、私、2人ともにそれやられたことあるもん!」
と言ったら大笑いしていました、ははは。
「まぁ、俺らみたいなのがいるからダメなんだよな。」
自覚している人たちがここにおりましたとさ。

はぁ・・・いつになったら日本に一時帰国ができるんだろう・・・。
日本の家族に会いたいです。

17日(土)からの夜の外出制限、みんな守ってくれますように。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

昨晩、夜にお腹を抱えて涙を流して、苦しんでいたんです!
のではなくて、お腹を抱えて涙を流して大笑いしていたのは私です。
ひとり、リビングのソファの上で携帯電話を持って。

いや、ある意味、苦しんでいたんですけども、おもしろすぎて。
大笑いしすぎて腹筋が痛くなることってありますよね、まさにそれでした。

子どもたちがクラスメイトだったのをきっかけに仲良くなったママたちがいて、
私を含む5人でWhatsApp(日本でいうLINEのようなもの)のグループがあるのですが、
あまりにも仲良すぎて、毎日メッセージのやりとりがあるんです。

忙しいときにはほとんど会話に参加できないこともあるけれど、
別にまったく強制的なものでもないし、自由に時間があれば会話に参戦、
みたいな楽な感じなので、毎日のメッセージでも全然いやじゃないです。

いろんな話題で盛り上がれ、悲しいことではときには涙を流し合う仲。
真面目な話も、不真面目な話も、いろいろ。
とにかく、どんなことも話せる良き仲です♡
フランス人女性で、そこまで仲良くなれる友達ができたことがしあわせです。

で、そんな彼女たちと、今日は「いい男」ネタで盛り上がり。
バカっぽいでしょ、でもそういうのって必要!笑
私の昔からの友人で、あるスポーツの先生をしている人がいるのですが、
この9月からこの私の友人に週2回、スポーツを習い始めた息子くんのママがいて。
そのママが、
「ちはる!今日、先生を見たわ!ちょっと、かっこよすぎるじゃない!
マスクしてたけど、なにあのきれいな目!見惚れてしまったわ!
仲良しなちはるがうらやましいわ!旦那に言ったら、旦那も、
『だろ?透き通った目してるよね、あの先生。男前だし!』って。」
とグループチャットにメッセージを送ってきたんです。
「あー、彼のこと、かっこいいってみんな言うよね。笑」
と私。本当に彼、女性からの人気がすごいんです。

それに反応した別のママ、彼の名前をグーグルで探したらしい。
けっこうその方面では有名な人なので、あっさりと写真が出てくるのです。
で、写真を送ってきて、
「この人?」
「そう!」
「この先生に会うために、週1だけでも息子を通わせようかしら♡」
だって!
「オーマイゴッド。男前すぎ!こんな先生になら、私が習いたい!」

そしてそれからが、私がお腹を抱えて涙を流すシーンです。
一人がボイスメッセージを送ってきました。たった2秒の短いもの。
聞いてみたら、囁くような声で
「オ―――――マイゴ――――ッド・・・・・・」

それで声を殺して涙を流して大笑いする私に、さらに追い打ち。
別のママからボイスメッセージ。お次は3秒。
囁くような、そして、わざと変なふうに変えた声で、
「オオーーーマ――――イゴーッドベイベー・・・ベイベー・・・」

笑い死にしましたね、私。
涙は出るわ、笑いすぎてお腹は痛いわ、助けてくれって感じでした。
このノリの良さがたまらんのです、彼女たち。

疲れもいっきに吹き飛ぶほど笑わせてくれる彼女たち。
本当にありがたい存在です。
子どもたちを含めて公園に遊びに行くこともあれば、
ときには子どもたちをパパに預けてママたちだけで会うことも。
今度は週末にママたちだけでランチをしに行くことになっています。
しばらく顔を見ないと淋しくなるメンバー、これからもよろしく♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

BlogPaint


最新の、とか言いつつ、もう一ヶ月前の話なんですけど。笑
だから写真の皆さんも、けっこう軽装。
今やすっかりパリは寒くなって、寒がりな私はロングブーツ履いています。
家では暖房入ってます。ぬくぬく。

さて、結果ですが。
とりあえず、2019年5月から一年以上にわたって悪化をたどる一方だった
血液検査の数々の項目について、9月初めの検査では、上昇ストップ。
ノーマルではなかった項目すべての数値が、微々たるものですが下がっていて!
ひゃっほーい、まだまだノーマルな数値じゃないけど、下がったどー!
少しだけやけど、下がったどー!
祭りじゃ、祭りじゃ!の勢いでうれしかった私です。

なので、「生検」はとりあえず避けて通れて安心したような。
でも「とりあえず」であって、まだ今後の状況次第というところです。
でもって、この数値の悪い原因はいまだに分からず。
エコーでもMRIでも異常は見つからないんだもん、どうしたもんだか。

専門医が、次の血液検査は2021年1月にしてね、と。
このまま下がってくれれば万々歳なんだけれども、どうなることやら。

さて、冒頭の写真の件ですが、これ、血液検査などを行うラボの列。
なじみのラボが政府からの任命で「コロナ専門ラボ」になってしまっていたので
そこから徒歩数分のこちらに来たわけですが、ここは、
一般の血液検査の人に混ざって、コロナ検査の人たちもいらっしゃいます。

ラボにもよりますが、ここはアポなし、アポありどっちでもOKだったので、
私はアポなしの一般血液検査に行ったんですが、かなり長時間待たされたー!

しかも、やたらと採血時間が短くて「?本当に終わり?採血チューブ足りてる?」と
頭をよぎったけれど、そんな失礼なこと言ったらダメだわと思って言わずに出たら、
その日の夕方になって案の定、ラボから電話。
「ちょっと採血した血が足りなかったので、もう一度来てもらえますか。」

だーーーーーーーー!おおおおおおおおおーーーーっ、ぐおおおおおおっ!
私のこの心の叫び、分かっていただけますか。

「もう一度って、私にも予定ってもんが・・・!」
「検査項目多いのに、十分な数のチューブ分、採っていなかったんですよ。」
「今朝、すごく待ったんですけど、まさか待ち時間ないでしょうね。」← チクリ
ちょっとくらいチクリと言わせて下さいね。笑
「ないです、来てもらえたらすぐ!すぐにします!」

足りているかどうか聞いたら失礼だわ、とか考えずに、言えばよかった。
2度手間になり、しかも余分に針を刺されることになってしまった。
注射嫌いな私にとっては、かなり不幸なできごと。うえーん。

年明けの検査でも、どうかまた下がっていますように!



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

竹内結子さんがお亡くなりになられたニュースに続いて、
私にとってはそれより近いところで悲しいニュースが飛び込んできました。

日本でも大きく取り上げられているようなのでご存知の方も多いと思いますが、
パリを拠点に2つのレストランを展開していた、関根拓 シェフ。
彼が自ら命を絶ってしまった。
SNSなどでの誹謗・中傷でうつ状態に陥っていたそうです。

本当は関根シェフのことをブログに書くかどうか迷いました。
だから少しこのあとの今のタイミングになったのですが・・・、
関根シェフとは知り合いとまでは言えないけれど、
とある件で、数年前に少し連絡をとっていたことがあります。
メッセージでのやりとりもあったし、電話でも話しました。
そのときすでに彼は料理界で有名な人になっていたのですが、
まったく上から見下すような態度はなく、とても真摯な対応で丁寧で、
私の貧しいボキャブラリーではうまく表現できないけれど、
「なんかこの人、すごいな。」と思いました。
彼から放たれる印象が、エネルギーが、強烈でした。

彼を知るパリの料理人の中には、
「関根拓さんは憧れ」というシェフもいました。
「彼の持っている『引き出し』はすごい。
彼は世界のいろんなところを見て回って感性を磨いていて、
料理のことだけでなく、いろんな知識を持っている。多才ですよね。」
それをシェフの口から聞いたとき、あぁ、分かるなぁと思いました。
私の友人の中にも、彼の料理が、彼の生き方が好きでファンだ、
お店にも通っていた、という子もいるくらい。
彼に憧れる人は多かったと思います。

数か国語(確か日本語以外に4か国語)を自由に操り、聡明で知的で、
彼の執筆する文章にもそれは溢れていました。
初めて読んですぐに、彼の書くエッセイのファンになりました。
軽やかなテンポ、情景が浮かぶ描写、
ぐんぐんとその世界に引き込まれていって、読んだあとの爽快感がすごくて。
また、コロナ渦の中で率先して医療従事者への食事の寄付を始められていて、
ますます応援したい気持ちになりました。

2店舗目はアジアン食堂的な感じで、そこもすごく気になっていて、
いつも予約しようと思ったら行きたい日がすでに満席で、
そうこうしているうちにコロナで外食をしている場合じゃなくなって、
でもそろそろまた予約チャレンジするかなぁ、と思っていた矢先のできごとで、
まさか、という感じでした。目を疑いました。

ネットでの誹謗・中傷は、怖いです。
私もブログを始めてしばらくして、誹謗・中傷を受けたことがあります。
顔の見えない匿名の世界だからこそ、余計に薄気味悪くて、
気にしないでおこうと思っても精神をむしばまれました。
すごく傷ついたし、落ち込むという言葉では足りないくらい落ちたし、
一時期は外を歩くのも怖く感じるくらいになりました。
私とは比にならないくらいのスケールの誹謗・中傷を受けていたのだから、
そのときのシェフの精神状態を考えると・・・、もう言葉になりません。
絶対に誹謗中傷はやめてほしいです。

報道されている内容が事実なのかどうかは私は分かりません。
ただ、告訴はされておらず、事実を確認する前のメディア報道であったこと、
本人は「事実無根だ、闘う」と言っていたという報道があること・・・、
それだけはここで伝えておきたいと思います。
あまり憶測でものは言いたくないから、これ以上のことを書くのは控えます。

あれだけエネルギーに満ちあふれた力強い関根シェフが、
闘う力がなくなってしまうほど極限まで追い詰められた・・・、
すばらしい才能を持つ若い人が、また自らこの世を去りました。
本当に残念でなりません。
過去に少し関わったことがあるだけですが、このショックは大きいです。
ご家族や近いご友人のショックは計り知れません。

関根拓シェフ、どうか安らかに。
心よりご冥福をお祈りいたします。




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

先週の金曜日、近所に住む仲良しのパパ&娘ちゃんに招待され、
子どもたちの学校帰りにそのままおうちにお邪魔して、
わが家みんなでディナーをご馳走になってきました。

約一年半前にここのパパとママはお別れし、
娘ちゃんは一週間ごとにパパとママの家を行ったり来たりの生活です。
ここのパパ、ママどちらとも交流が続いているわが家ですが、
特にパパのほうとは仲良しでちょくちょくお互いの家でごはんを食べたりします。

うちのパートナーいわく、ここのパパは男からみて「完璧」だそうです。笑
確かに、おもしろいし優しいし博識だし、料理もお菓子作りも上手だし!
スポーツも、大きな日曜大工も得意。

独り身になったら女が放っておかないでしょう、と思うんだけれど、
「子ども2人いると、なかなか難しいよね。」
(育ての親である、血のつながっていない息子くんの面倒もみている。
そう、ママは2度目の離婚で、前夫との子どもがいるのです)
と、つれない言葉で、出会いには期待をしていない模様。

もったいない!そんなこと言わないで!
と声を大にして言いたい私たちなのであります。
大きな持ち家だってあるし、いつでもすてきな人をお迎えできるやん!

で、この日もさー、時間がないから簡単なものだけど、って言うんだけど、
このパパったら、そつなくさささっと、おいしい料理を作ってくれるわけですよ。
大きなベランダがあるんだけれど、
そこで育てたミニトマトやバジルをさっと取ってきてサラダに入れちゃうところとか、
なんだか手慣れた感じでよいよい。
ドレッシングだってもちろん手作りだし。

そんな感じで、わが家4人+父娘2人の6人でにぎやかにごはんを食べ、
子どもたちは子どもたちで遊び、大人3人でおしゃべりしまくり、
はたまた6人でサッカーボードゲームに燃えてみたり(わが家にも欲しい)、
白壁をプロジェクターにして大きな画面でゲームをやってみたり。笑

そこでね、懐かしのスーパーマリオが出てきたわけです!
ファミコン世代の皆さまなら絶対にご存知であろう、スーパーマリオブラザース。
マリオがブロックを叩いたらコインやきのこが出てきて、
きのこを食べたら大きくなって、フラワーを取ったらファイヤーが出て、
最後はジャンプしてポールに飛びつくやつです!

あちらのパパが「やってみたい人ー?」と言ったとき、
一番初めに「ウィ!(はいっ!)」と挙手したのは、何を隠そう私です。

わが家はけっこう厳しかったので、自宅にはファミコンはありませんでした。
でも近所の幼なじみの家とかいとこの家で時々ゲームさせてもらっていて、
私の一番のお気に入りはこのスーパーマリオだったんです。
プレイしていたころから余裕で30年以上経つけれど、不思議なもんですねー、
どこにコインがあってどこにワープするための隠し穴があるかとか、
けっこう覚えているーーーーー!すごいよ私ーーーー! ←

大きなプロジェクターの前で、ぎゃー!きゃー!とか、
体を動かしながら(ファミコンやるとき、体も動くタイプ)
必死になっていた私です・・・。大笑いされました。

子どもたちも「やってみる!」と言い出し、最終的には6人ともやりました。
一番上手だったのは、うちのパートナーでした。くやしー!

ゲームでも大盛り上がりの、楽しい夜でした。
あぁ、スーパーマリオ、またやりたい。

ここのところ連続で彼の家だったので、次回はわが家でのディナーに招待しなくては。
いつもありがとう!また遊ぼう〜!




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

娘が通う小学校は、1学年に4クラス。
そして、その4クラスそれぞれの担任の先生の宿題の差がすごい!

1組、少なめ。
2組、ものっすごく多い。
3組、ものっすごく少ない。
4組、ふつう。

うちの娘、3組・・・、ものっすごく少ない。
他のクラスの量を知っているだけに、不安になってしまったくらい。

仲良しママたちの子どもがみんなほぼバラバラのクラスになったので、
WhatsAppのグループチャットでそれぞれのクラスの情報が交わされるおかげで
他のクラスの状況が逐一分かってしまうのですが(いいんだか悪いんだか。笑)
いやーーーー、3組、ずば抜けて少なすぎてびっくりしちゃったわけなんです。

このグループチャットには6人のママがいて、
私以外にもう一人、3組の子のママがいます。
そのママなんて、宿題が少なすぎることがストレスになっていて、
「保護者会でもっと宿題増やしてもらうようにお願いするわっ!」
と鼻息を荒くしていましたよねー。笑

でもね、この担任の先生は、
すでにこの先生を担任としてもった子どもたちの親からはすこぶる評判がよくて。
この先生を知る、年上の子どもを持つ親たちが口をそろえて「トレビアンよ!」と。

その秘密が分かったのが、保護者会。
宿題の少なさについて不満を伝えたり、質問する親が数人いたのですが、
このクラスの宿題が少ない理由の答えとは。

授業中に、やるべきことをこなしているから。

・・・なんですね。
だから、宿題はそんなに必要ない、と。
「小学校1年生は、一日20分以上の宿題はしないほうがいいです。」
と言い切りました!ブラボー!
思わず拍手をしたくなりましたよ、私。
そして宿題の量に不満を訴えていた親も、理由に思わず納得する、みたいな。

ただでさえ日中にたくさん勉強するんだもの、疲れているんだもの、
夜は好きなことをして遊ばせてあげたり、好きなスポーツさせてあげたり、
ゆっくり本を読んだり・・・、そういうふうに過ごさせてあげたい。
うんうん、そうだよね。

カリキュラムは4クラスすべて同じ。
宿題の多いクラスは、それだけ日中に消化しきれていないということ。

実際に2組の子が宿題としてもらって帰ってきたポエム(詩)の暗唱は、
うちの娘のクラスは日中に終えていた・・・・・・・!
先生、凄腕!?どんな技を持っているの!?

娘より1つ上の双子の子どもがいるお友達ママは、
去年、1人がその担任(宿題ほとんどない)、もう1人が宿題がとっても多い先生で
その差に初めは愕然としたらしいのだけれども、宿題の少ないほうの子のほうが
効果的に勉強の結果が出ていることに気付いたんだとか。
だから、このお友達ママも、娘の担任の先生を絶賛!

「あの先生になら信頼して任せて大丈夫よ、
結果に必ず出てくるから安心して♡ 」とウィンク。

フランスは、担任の先生によってやり方が違うのがふつう。
日本はけっこう「足並みそろえて」のような感じがあるかもしれませんが、
フランスはそのあたりにも国民性が現れているかな。

別の学校の話ですが、先生の方針によって、修学旅行だって
行くクラスと行かないクラスがあったりするんですって!
そんな感じなので、アタリハズレによってだいぶ学生生活が変わるのですが、
とりあえず今年は娘、いい先生に当たってよかったな、と。

新しい学校での勉強も楽しいみたいだし、毎日喜んで行ってくれているのでホッ♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

アカンやん!2週間も更新してへんやん!
月日の経つ早さに驚きおののいている私でございます。

さて、この9月から娘は小学生になったのですが、
以前に通っていたところとは違う系列の学校に行くことになり、
今は2つ下の息子とは別のところに通っています。

朝も夕方も、2ヶ所違うところだから送っていくのもお迎えも大変。
でも2年間の我慢だから、とパートナーと協力しあってがんばっています。

基本的にはパートナーと手分けして1人ずつ送って、1人ずつお迎えなのですが、
先日、パートナーに会議の予定が入ってしまい、私が2人のお迎えに行くことに。

まず17時30分に娘を迎えに行き、そのまま娘を連れて、
そこから徒歩10分程度の息子の幼稚園に行きました。

娘は久しぶりに自分の卒園したところに顔を出せるとあって大喜び。
門のところに立っている学童担当のマダムのところに走り寄り、
「ボンジュール、ニコル!」
「まぁぁぁ!ボンジュール、●●●(娘の名前)!元気にしてるの!?」
そして秘書さんとも笑顔で挨拶を交わして。

そうこうしているうちに、
娘に気付いた幼稚園時代のクラスメイトたちが次々とやってきて、
「ああああああっ、●●●〜〜〜っ!」
男の子も女の子も、続々と。
友達「いま、どこにいるの?どうして学校にこないの?」
娘 「学校、違うところに変えたの。」
友達「●●と××と○○も一緒?」
娘 「そう、3人とも一緒のところ。クラスは違うけど。」

なんだか嬉しかったです。
娘、いい幼稚園に通っていたなぁ、3年間いい仲間に恵まれたなぁって。

息子は、娘の「弟」ということで顔は知られていることもあり、
娘が同じ学校からいなくなった今でも年上の人たちからかわいがってもらっていて、
甘えん坊としてはうれしい模様。笑
幼稚園は1学年に1クラスずつ、小学校は1学年に2クラスずつの
こぢんまりとした学園なので、年齢が違ってもみんなをよく知っているのです。
特に、女の子たちにかわいがってもらっているかな。笑

私がお迎えに行くと、いつも年上の誰か(特に娘の元クラスメイトたち)が
息子のところに駆け寄り、
「ママが来てるよ!」
と教えてくれている姿が見えます。

今日は息子を迎えに行ったら、息子に声をかけてきた男の子が。
息子のクラスメイトのようです。
私 「お名前はなぁに?」
男の子「××!」
私 「あぁ、あなたが××!」
息子からよく名前が出る子だったのです。
すると、その男の子のママが私のほうに来て、ボンジュール、と。
息子からよく名前が出てくるんですよ、というと、あちらのママも「うちもです!」と。

その男の子は、私に「●●●(娘の名前)はどこ?」と聞きました。
今は違う学校に行っていると答えると、ママが私に言いました。

「そうだったんですね!いや、息子がね、●●●がいない、姿を見ないって言うんです。
学校変えちゃったんですね。残念。実は、息子の初恋の相手なんですよ!」

ええええっ、娘ってば、2つ下の子に惚れられていた!?笑

と思ったら、その男の子、顔を真っ赤にしてママに駆けより、
「ママ!それ言ったらダメって言ったでしょ!秘密って言ったでしょ!」
とすっごく恥ずかしそうな顔で言うじゃありませんか。
か、か、かわいすぎ〜〜〜〜っ♡ 
おばちゃん、思わず抱きしめたくなった〜! ← あかんあかん、怪しいだけや

ママ、焦って
「ごめんね、ごめんね、秘密だったね。」
と息子くんにいうんだけれど、続けて私に、
「いつも優しく面倒見てもらえて遊んでもらえてうれしかったみたいです。
大好きなんですって♡ だから会えなくて寂しいみたいです。」
と小声で耳打ち。笑

いやはや、うれしかったなー。
娘に恋心を寄せてくれている子がいたなんてなー。

息子からも娘からも名前の出ていたこの男の子。
今でも息子とも仲良しみたいだし、よっしゃ、これは近々家にでも招待するかな!
おやつ一緒に食べましょーってさ。

いつにしようかな、とスケジュール帳を眺める私なのでした。笑



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

フランスの小学校は5年間、中学校は4年間。
小学校〜中学校のトータルは9年で、日本と同じ期間です。
娘の通うところは、小学〜高校までの一貫校です。

で、そこの小学校の校長の話なのですが、
うちの子より歳上で、すでにそこに子どもたちが通っている親たち(友人たち)から
評判がすこぶる良く、もちろん私も面接のときに「とても良い印象」を持ったけれど、
実は昨日、彼の評価の高さが分かるできごとがありましてですね!
ちょっと感動したので、ここで話させて下さい。

娘と同じ幼稚園から、娘と同じようにここの小学校に移った男の子。
月曜の朝、「給食の時間が嫌だ!」と泣いて学校に行きたがらなかったんです。
ママからその日の朝、どうしようー大泣きで大変!とメッセージが来ていました。

他のところは知りませんが、ここの学校の給食は、セルフ形式。
(娘が通っていた幼稚園は、席についたら全部持ってきてくれる形式でした。
おそらく、そこの学園の小学校も同じ形式のままだと思います。)

小学校1年生に、セルフ形式の給食は難しいですよね、分かります。
まずシステムもよく分からないし、まだお友達だって十分できていないのに、
なんとか前菜、メイン、デザートのお皿を取ってトレーを持って席に着こうとしたら、
知っている子たちの横は全部埋まっていて、一人でポツンと席に座って食べて。
広い給食ルームの中、初日から一人って、小さい子にはきつい・・・!
このときは担任の先生はおらず、給食担当の人たちにバトンタッチなんですね。
だから細かいところまで目が行き届かない。
まぁ、本来はそうなってはいけないんですけど、これが現実。

で、たまたま初日、取り残されて一人になってしまったこの男の子、
よくシステムが分からなくて、前菜がトレーに取れていなくて。
メインとデザートだけトレーにあって、しかも一人で食べないといけなくて。
すっかり給食の時間がトラウマになってしまって、「給食が怖い!」って。

月曜、なんとか家を出たものの、校門の前でも大泣き。
それを見た校長が、ママのほうへやってきたんです。
事情を話したママに、校長が言いました。
「安心して下さい。今日は僕が面倒を見ます。」

そして、給食の時間。
校長は、約束通り、男の子を迎えに教室まで来ました。
手をつないで一緒に給食ルームまで行き、トレーを取り、
前菜、メイン、デザートを順に、ひとつずつ取っていくことを教えてあげました。
そして友達のいる席を探し、横に座るところまできちんとついて行ってあげました。
男の子は、うれしく楽しく、安心して給食を食べることができました。

500人の生徒がいる小学校の校長。
学校の最高責任者として、これは本当に素晴らしいな、と。
なかなかできることではないと思うんですよ。

火曜、男の子は学校に着くなり、校長にかけより笑顔で「ボンジュール!」と。
恥ずかしがり屋のこの男の子がすっかり、校長に心を開いたようです!
すげーよ、校長、あなたすげーよすげーよ、まじすげーよ。
あの恥ずかしがり屋のNくんが、すぐに心を開くんだぜ?すげーよ!
(と、本人に言いたくなりますよねー!言ってないけどさ。)

そして校長はパパ(この日はパパが送って行った)に、
「今日もちゃんと給食の時間、一緒に行きますからね。」
と声をかけたそうです。

実は他にも入学したばかりの子たちの中に
給食の時間がトラウマになっていたり、苦手だったり、という子たちがいて
(すでにつながっているママたちの中でその話がたくさん出ている)、
金曜日の保護者ミーティングで話してみよう、ということになっています。
うちの娘も、いまいちシステムが分からず、初日は困ってしまったそう。
その日の夜、家で説明をしたので、だいぶ分かってきたようですが・・・。

きっと校長は、こういう話を知ったら全クラスに向けて何か対策を練ってくれるでしょう。
いや、もうすでに、彼の一件で状況を察し、動いてくれているかもしれない。

新しい環境で不安も多い子どもたち(親たちもね!)ですが、
この校長がいることがとてもうれしいし、安心して任せられます。

校長の人気ぶりの理由が分かったできごとでした。
ほんまに、ええ校長やわ〜!
(ママたち「しかもけっこう男前!」と絶賛。笑)




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

気付けば、あっという間に9月!
またまたしばらくご無沙汰していたブログです。汗

そしてなんとなんと、わが家の娘がとうとう、小学校入学♡
もうそんな歳になったなんて・・・、この年月の流れの早さよ。驚くわ。

バカンスから帰ってきて走り回って入学準備をしましたよねー。
もうちょっと計画立てて早くから動きなさいよね、と自分で思うんですが、
歳をとってきてからどんどん、ギリギリにならないと動けなくなっている自分がいます。
子どものころは、けっこう早めになんでも終える子だったはず。

フランスは、入学式、卒業式などの行事が一切ないんです。
すっごくあっさりしたものなんです。
そういう区切りを体感できるのはひとつのケジメみたいなものだし、
初めは行事がなくてなんだか淋しいなぁと思っていたけれど、
親のほうも入学式用の服とか用意しなくてもいいし、楽ちんでヨシ♡
なーんて思い始めている自分もいるんですよね。ははは。

初日は、子どもも新調した服を着て行ったり、
パパママも少しきれいめの格好をして行ったり、というのはありますが、
別にそんなこともしなくても全然問題ない感じ。
超普段着にスニーカーの人だっていますよー!
私は一応、今日はなんとなーくちょっときれいめの格好をしていったけれど、
10分後には校門の前でバイバーイ、ですからね。あっけない。

娘は以前に通っていた私立の幼稚園でエスカレーター式に小学校には上がらず、
別の私立の小学校に入学しました。こちらは小学校〜高校までの一貫校です。

同じ幼稚園からこちらに移った子は4人のみ。
ここの小学校1年生(フランスではCPと言います)は4クラスなのですが、
みんな見事にバラバラのクラスにされていて(笑)、
4人とも知っている子のいない中でのスタートとなりました。
同じ建物に住む仲良しの幼なじみも別の私立に通っていたのですが、
小学校からは娘と同じ私立に・・・、でも、彼女とも別のクラス。

まぁでも、新しいお友達がたくさんできるからいいよね!
毎日のレクレーションの時間は、他クラスも合同だから知っている子とも遊べるし。

校門で笑顔で、バイバーイ!と投げキッスをして背を向けて歩き出した娘を見て、
大きくなったなぁ、たのもしくなったなぁ、と感慨深かったです。

お迎えは、17時30分。
満面の笑みで出てくる娘を見て、ほっと一安心しました。
どうやらお友達もできたみたい。

さーて、お次は息子の新学期です。
木曜日から、年中組のスタートですよ。
入園して半年でコロナのロックダウンだったから、
まだ小さな息子にとってはこの半年後の再びの幼稚園は厳しいだろうなぁ。
また初めのうちは泣かれてしまいそうな予感・・・なので、
基本的には、朝はパパが息子、私が娘を送っていく担当になっておりまーす!
(息子は、相手が私だと余計に甘えてしまうんですよね・・・)
そして夜は逆で、私が息子、パパが娘を迎えに行く担当です。

コロナ騒動もおさまらない中の、いつもとはちょっと違った新学期ですが、
どうか2人とも、毎日楽しく過ごせますように!
それがかーちゃんの願いです。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

ずーっとずーっと楽しみにしていた夏のバカンス。
終わってしまいました・・・!泣

でもわが家はやっぱり落ち着くな、居心地いいな、と思ったり。
バカンスで出かけるのも好きだけど、やっぱり家も好きだー!
とってもとっても好きなんだー!(大告白)

行きはリヨンで一泊して南下したのですが、戻ってくるときは、
ブルゴーニュ地方のボーヌにて一泊。
子どもたちがいると、こんなふうに途中での一泊がやはり楽ですね。

この旅の最中、約2年前にルクセンブルグに引っ越してしまった
ご近所さんもバカンスで南仏にいたので、再会もしてきました!
彼らの滞在している町から1時間、私たちの滞在している町から1時間、
ちょうど間のところで待ち合わせ♡

隣人さんから友人関係に発展し、引っ越して離れてしまったあとでも
こうやって連絡を取り合って会ったりできてうれしいです。
2年前は2人だった子どもも、今や3人に増えていた彼ら。
にぎやかだったー、てんやわんやで面倒見るの大変そうだったー!笑
一番上の男の子は5歳で、うちの娘と息子のちょうど間。
まだ小さいときに引っ越してしまったから私たちのこと覚えていないかな、
と思ったけれど、ぼんやりながらも覚えていてくれたみたい。
子どもたちも、すぐに昔のように仲良く遊び出してくれました!
12時待ち合わせで、19時までみっちり、その町で一緒に過ごしました。

いろんな楽しい思い出ができた夏のバカンス。
ずっと出かけられていなかった分もリフレッシュできてよかったです。

帰ってきた日の晩ごはんには、(バカンス明け恒例の)お味噌汁。
その味で「帰ってきたー!」と、ほっとするわが家なのでした。

子どもたちの夏休みもあと一週間。
わー、娘は小学校入学です!どうしよう!




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

一週間ぶりの更新となりましたが、実は今、毎年恒例の夏のバカンス中です。

このバカンス、去年の夏のバカンスが終わって2か月後くらいには予約していて、
パートナーにはあきれられる始末だったのですが(バカンスのプランは私担当)、
直前になるとけっこうお値段あがるから、家計にはこのほうがいいのよ!なーんてね。

行き先は南仏。
おチビたちを連れて一日8時間の旅は厳しいので(休憩入れるともっとかかる)、
途中の街で一泊して、そこに住む友人と再会をしたりもして。

去年はブルターニュ地方で、けっこう肌寒い日が多くて太陽が恋しくなったので
今年は南仏にしたわけですが・・・、あっつい、あっつい。
わたくしすっかり焦げておりますが、どうしましょ。

子どもたちも、べったりパパママと過ごせて毎日遊んでもらえて、
とーってもうれしそう。よかった♡

バカンス中はパソコンをなるべくさわらないようにしているので
帰宅してからになると思いますが、写真付きでいろいろ報告できたら、と思っています。
※一応、おいしいレストランやその他情報をちゃちゃちゃっと調べたりできるように
持ってきてはいるのですがね。

そして来夏のバカンスの行き先をすでに考え始めている私は、
もうどうしようもない人ですね。
これをパートナーに言うとすっごくあきれ顔をされるので言わない。
ここだけの話にしてください。笑

それでは皆さま、コロナには気を付けてよいお盆休みを!
お盆休みなんて関係ないお仕事の皆さまも、よい夏を!


【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

すっかりサボりが定着してしまったわがブログ。
10日以上も更新していなかった!笑

さて、この週末、丸一日子どもたちをパートナーにお任せし、
女4人だけで朝からショッピングしてきました!
娘の幼稚園のクラスメイトのママたちで、
プライベートでもいろーんな深い話をできるようになっているメンバーです。
一ヶ月以上前からこの日を決め、今か今かと待っていました♡

集合は午前10時で、かなりテンション高めな私たち。
ちょうどフランスはソルド(セール)も終盤で、大幅な値下げもあったりで、
これもいい、あれもいい、でもこっちもいいわ、なんて言いながら
すっごいハイスピードでガンガンと買い物をしてしまいました。
子どもたちのもの、自分のもの・・・、パートナーのものはゼロ。
せめてケーキでも買って帰ろうかと思っていたんですが、
暑いし荷物は多いしであきらめたので、パートナーにはお土産なし!すんません。

途中、ランチとティータイムを挟んで、18時30分までショッピング。
すっごく気持ちよかった!

ショッピングは一人でさささっと済ますことが多いだけに、
しかも今は特に、不要な外出を控えるということでゆっくり出てもいないし、
ここのところずっとショッピングもネットで済ませていたし、
こんな一日はみんなにとって新鮮で、それぞれ大満足なのでした。

いろんな話して大笑いして、旦那とこんなことでケンカしたとか、
そんな話もありつつ、なんだかとってもいいストレス発散で。
別れ際のみんなのすっきりした顔がたまらなかったわー。

「毎年2回、ソルドの時期にショッピングデーを設けようか!」
なーんて、次回の話まで出ているくらいです。いいね、いいね、大賛成。
次のときには、マスクなしでショッピングできるようになっているといいね。

またこの一週間もがんばれそうです♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

今日は、1日のうちに2回もスリに狙われました。
2回とも同じ駅で、午前中と夕方です。
ちなみにレピュブリック駅ですよ〜!皆さん、ご注意!

外出禁止令でほとんど町に人がおらず、長い間「お仕事」ができなかったスリたちが、
ツーリストのいないパリで必死こいて稼ごうとがんばっているようです。

先日は、私が今日狙われたのと同じ場所で
フランス人マダムが未遂に遭っているのを2回も目撃しているので、
現在レピュブリック駅で乗り換えをするなら細心の注意を払ったほうが良さそう。
まぁ、そこに限らず、他の駅でもそうなんですけど。

レピュブリック駅には乗り入れているメトロの線も多く、人も多いのですが、
ふと人の流れが切れたときがあって、そのときにすーっとスリが後ろにやってきて、
私のバッグに手をぐわっ!と入れてきました。

すぐに気づいて、ふり返ると同時に、わたし、大声で
「へい!へいっ!」
と、ワケのわからない発声をしました。
なんで「へいっ!」だったんだろうと自分でも疑問ですが。笑

私のバッグに手を突っ込んだ少女は、私のへいっ!へいっ!の大声と、
キッとにらんだ目にビビったかどうかは分かりませんが、手をひっこめて、
仲間の少女と私のほうをじろじろ見ながら遠ざかりました。(これ、一回目)

そのあとにすぐ通りかかったパリジェンヌに、
「スリに狙われたの。バッグに手を突っ込まれたわ。あの子たちよ!」
と2人のほうを指さすと、まだスリがこっちを見ていたので、
「今からこの線に乗るの?ついてくるかもしれないから、一緒に乗りましょう。」
と言ってくれ、一緒に同じところから乗り込み、2人で周囲に注意を払っていました。

今日の2回目は・・・、帰宅するとき、同じ駅で乗り換えるのをためらいましたが、
一番近いルートなのでやっぱり同じレピュブリック駅で乗り換えていたときのこと。

後ろからあるパリジェンヌが、
「マダム、マダム!気を付けて!スリたちがあなたの後ろをずっとつけてるわ。
気付いて、じっと私が睨んでいたら、去っていったけれど。」
「えっ、ありがとう!若い女の子2人じゃなかった?」
「そう、若い女の子2人!」
と、彼女の指さすほうを見ると!
「やだ、朝と同じ子たちだ・・・!」
「またどこかに隠れてついてくるかもしれないから、気を付けて!」
「どうもありがとう!」

なーんと、同じ日に、同じ少女たちに狙われた私なのでした。
未遂で済んでよかったけど。

おそらく、スリも稼ごうと必死になっているのでしょう。
メトロのホームに着くと、あるアフリカ系のマダムが旦那さまに
「だからスリには気を付けないと!ポケットに携帯電話入れちゃダメだって!」
とすごい剣幕で説教をしていて、でも彼の手には携帯があったので、
おそらく彼も狙われて、事なきを得たパターンなんだろうな、と。
しかも犯人は同じ2人と思われる・・・。

ホームにいるとき、構内にアナウンスがあり、
「気を付けて下さい。現在、メトロ構内にスリがいます。2人の少女です。」
ですって!

フランス在住かれこれ17年ですが、実際に盗まれたことは幸いにもなく、
一回目のスリ未遂はルーヴル美術館の近くで、確か8年ほど前?
このときは、後ろから入ってきた手を振り払うために、
ついつい肘鉄をガツンと喰らわしました!(わざとじゃなく、自然に。笑)
そして今日が、へいっ!へいっ!2回目の未遂です。

どうか3回目がありませんようにー。
スリがここのところ本気を出してきているようなので、
負けないようにこっちも本気で防衛するぞっと。
盗られてたまるかってんだ!

皆さまも十分にお気をつけ下さいませ。
本当にプロです、彼ら。




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

またまた10日ぶりの更新になってます!きゃー!
どんだけサボってるんでしょう!

日本の友人グループからのLINEにしばらく返信できなかったら、
入院しているのではないかと心配されていたちはるです、こんばんは。
(友人たちは、私の血液検査の結果が悪いことを知っています。
心配してくれる人がいるって本当にありがたい。ありがとう、友よ!)

・・・いたって元気です。自覚症状はありません。
元気すぎて、最近は週に1〜2回、友人と一時間ジョギングしています。笑
初めは30分走るのでもハーハーぜーぜーだったのに、今は一時間走れる!
もっといける気もする!(← 調子乗りすぎ。笑)と、強気な私たちです。

さて、いろいろネタがありすぎて何から書いたらいいか分かりません。笑
とりあえず久しぶりに写真を・・・と思って、隣人さんとのパーティーネタにします。

とうとう、同じ階の超仲良し隣人ファミリーが引っ越したことは書きましたが、
最後の大掃除 & 借家人への鍵の引き渡しのために、
Pくんのほうだけ、ひとりで南仏から戻ってきました。
Sちゃんのほうは新天地での仕事で休みは残念ながら取れず、
同じ南仏に住むお兄さんのところに子どもたちを預けて数日の単身移動。

で、Pくんが最後の夜に仲良し隣人たちを呼んでくれたのです。
BlogPaint


椅子とかほぼないから、キッチンの作業台とかに座っちゃってる人も。
BlogPaint


パーティーと言っても、あまりにも急だったので誰も料理なんて用意できず、
買ったスナック、生ハム、チーズとかおつまみとか・・・、
かろうじて健康的そうなものとして、プチトマトとにんじんスティック、
という軽食オンリーです。

私たちは翌日も早かったので0時くらいには帰宅したのだけれど
(って、隣のドア!笑)、予定がなかったメンバーは朝5時まで飲んでいたとか。
そんなこんなで、即席の最後のパーティー、楽しく終えました。

なんかもうー、今でも彼らが隣にいないのが信じられなくて!
すでに鍵は次に住む人に渡っているのだけれど、引っ越しは今月末。
だから今は誰もいない空っぽ状態なのです。
いつも家を出るとき、隣のドアのほうを見てしまう・・・、
私たち、本当に彼らのこと大好きだったんだものー。淋しいよー。

先日、用事で家族そろって新居にやってきていた新隣人さんファミリーと
建物の前ですれ違ってしばらく会話したうちのフランス人によると、
とっても感じのいい家族だ、と。
彼らとも仲良くなれるといいな♡

皆さま、よい週末を!



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

いや〜、すっかり私の存在を忘れられてしまうんではないでしょうか!
というくらい、またまた久しぶりの更新でゴザイマス。笑
いや、なんだろう、やることやイベントがたくさんで、夜はもうぐったり。
すっかりもう、歳ですなー!

さて、タイトルにもあるように、実は先日、もうひとつの心配ごとが出来ましてね。
(一つ目は、エコーでもMRIでも原因が分からない血液検査の結果の悪さ。
一年間、ずっと悪化の一方なーりー。怖い病気の超初期だったらどうしよう、とか
どうしてもネガティブに考えてしまいがちな、ふだんはポジティブなのにどうした!
という感じの私です。子どもまだ小さいし、大ごとではありませんように。)

と、かっこ書きが長くなりましたが、もうひとつの心配ごとというのは、
婦人科に行ったら、たまたま、卵巣に小さな嚢腫が発見されたのです!泣
(先に伝えておくと、タイトルでも書いてありますが、もうこちらは解決済みです。)
えー、すでに別の臓器で心配ごとを抱えているっていうのに、こっちも!?
この年齢になると、いろいろガタが出てくるのね!
つか、そんなポジティブなこと言ってられない、悪性だったらどうしよう!
と、正直頭の中がパニックに近いものになったのですが、
婦人科の先生のエコーでは「おそらく良性だろう」ということで、
なんとか気持ちを落ち着け、でも、くらーい顔で帰宅したのでした。

そして、改めて別の日、腫瘍マーカーを含む血液検査と、精密エコーとなりました。

血液検査の結果を見るときの恐怖ったら。
腫瘍マーカー、数値は低かったです。よ、よ、よかった。
でも悪性腫瘍の超初期だったりすると陰性だったり、
はたまた、ときには偽陰性のこともあるんでしょ、と安心しきれない私。

そして、一週間後には精密エコー・・・。
例の臓器のエコーをしてくれた女性ドクターのところへ。
データが残っていることもあって、「以前は別のエコーで来たわよね。
今日は卵巣ね!心配ごとが絶えないわね。大丈夫、しっかりみてあげるわね。」
この女性ドクターは、エコーしながらしっかり説明してくれるので安心感があります。
で、結局、嚢腫は消えかけていたのです。
もうほぼ見えないくらいに。
たぶんホルモンの関係で一時的に嚢腫(腫瘍)ができたんだろう、とのこと。
よ、よ、よ、よかったーーーーーーーーー。泣
本気で怖かったーーーーーーーーーー。泣

たまたま行った婦人科で発見された、この嚢腫。
もうひとつの臓器と同じく、まったく自覚症状なし。
今回は消えたからよかったものの、この年齢になってくるといろいろ出てくるので、
定期的なチェックアップは大切だな、と改めて思いました。

とりあえず夏の終わりまでは、原因分からず血液検査の結果が悪いほうも、様子見。
それまでに血液検査の結果が改善されていればいいけれど・・・、
すでに一年間、悪化の一方だし、一時的とも考えにくいし、
改善するというのは可能性としてはあまりないかな。
でも、少しの望みにかけて、結果が改善していることを祈りつつ、
せっかくだし夏のバカンスは楽しむぜーい!と思っています。

結果がやっぱりそれでも悪かったら、次は・・・、生検。
どうかそうなりませんように。

本当に、健康第一。
皆さま、お互いに体には気をつけましょう。

ブログを読んで下さっている方の中に、
いま、大変な病気と闘っている方たちもいらっしゃいます。
会ったことはないけれど、ずっと前からブログを読んで下さっていて、
その方たちとメッセージのやりとりは何度かしたことがあって・・・、
遠いフランスからですが、心から回復を祈っています。




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

また一週間以上の更新ナシになってしまいました!きゃ〜。

先日ブログでお話したように、一年前からいくつかの血液検査の項目の結果が悪い、
常に悪化の一方、でもエコーでは何も見えない、というわけでMRIをしてきました。

が、しかし。
それでも「異常が見当たりません」とな!

ここで「あ〜、それならよかった!何もなかったのね♡」と思えるような、
そんな血液検査結果ではないので、気持ち悪い、とにかくすっきりしない。
そんな私なのであります。

MRIの前、なーんにも説明なかったから、びっくりした。
メタルのもの外して下さいねーも何もなく、
まるでMRIに慣れている患者のような扱いで。

日本語のサイトで予習していって良かったよ!
フランスはわざわざ検査服なんて用意してくれていないだろうと思って、
メタルのついていないゴムウェストのコットンパンツもっていって良かったよ!
持っていってなかったら、下はパンツ一丁になるところだったわ。

造影剤の説明とかもなーんにもなくて、
「あ、単純MRIか。造影剤使わないやつなのね〜。」
と思っていたら、後半、
「いまから造影剤入れますからね〜。」
って、おい!やる前に言っておいてよ、心の準備ってものが!
と一人で脳内で焦っていましたとさ。

それで、何も異常が見当たらず、MRIの結果をくれたドクターに
「???何もないんですか???なんでじゃあ、血液検査の結果が悪いんだろう。」
というと、
「一時的なものかもしれないし、少しあとにまた血液検査をしてもらってね。」
「え、一時的なものではないと思います。もう一年間、悪化の一方だし。
検査するたびに悪化しているんです。」
「あ、そうなの?じゃあ次のステップは、生検かな・・・。」

恐ろしい。生検なんて恐ろしい!泣
でも、少し先の血液検査の結果によっては、生検となりそうです。

それにしても、エコーとかMRIの画像を見ると、
素人目には何かあるように見えてしまうこの恐怖!苦笑
これっ、これ何よ、これっ!
とか思うものがいーっぱいある・・・。
ドクターの見落としとかじゃないよね?
疑い深くなる自分が嫌ですが、見れば見るほど何かあるように見えて怖いので、
もう見ないことにしました。ははは。

それにしても、なんでだろう。
原因が分からないのが気持ち悪い、すっきりしない。うー。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

おっと、気付いたら前回の更新から一週間も経っていました!汗
最近、毎日の時間の過ぎるのが早すぎて・・・、恐ろしや。

この月曜からロックダウンが「緩和」から「ほぼ解除」になったので、
テレワークを終えてふつうに出勤する人々も増えてきました。
でも、わが家のフランス人はまだ、テレワーク継続です。

そして、仲のいいフランス人ママたちも、まだ今月中はテレワーク。
というわけで、そんな中、あるママから朝、
「ものすっごく仕事あってうんざり〜!」
とメッセージが来たのち、すぐに送られてきた変顔写真。
「変顔コンクール!」
というメッセージと共に。

そのチャットグループには、私を含め5人のママが入っていて、
その「変顔コンクール!」のかけ声と共に、おっと、すぐに一人のママが参戦!
彼女の変顔写真が、送られてきました!笑

そしてもう一人のママからも!

そして私はというと、仕事の手を止め、変顔の自撮り。
自撮りなんて一度もしたことがないのに・・・変顔アップとなったら必死な私。笑
でもその様子を見ていた子どもたちが、
「ママなにやってるの?変な顔してるの?一緒にやりたーい!」
というもんだから、仕方がないので(笑)3人で変顔を撮影しましたとさ。
そしてその写真で、私も参戦!

残りのもう一人は、というと。
テレワークを終了して通常出勤でオフィスにいたので
「ここで変顔したら、クビになるわ!もうちょっと待ってて!」
「トイレに行って撮ってきなよ!」
「昼休みにチャンスを狙ってトイレで撮って来る!」(やるんかい!笑)
「じゃあチャンピオン決定は、あと少し待つわ!」
「待てって!絶対送るから!」

で、お昼過ぎ。
送ってきましたよね〜本当に。
背景は、確実にトイレの個室です。
もう笑いが止まらない私たちでした。

チャンピオンは寄り目と小鼻開きとしわしわ唇で参戦してきたママ。
美人なお顔が、とんでもないことになっていました。笑
いやもう、最高だってば。

一人のママが写真をコラージュして5人の変顔を一枚にまとめて、
いい記念になりましたとさ。

フランス人女性って、ツンとしているイメージないですか?
でも実際は、全然そんなことないと思う!

という、どうでもいいネタでしたが今日はここまで♡
書きたいネタはいっぱいあるんですが、なかなか時間がなくってよー。
もうちょっとがんばってブログ更新しなくては、ですね。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

ロックダウン緩和のフェーズ第2弾で、さらにロックダウン緩和となり、
それならばちょっとだけ集まっちゃいましょう、となりまして。
親戚並みに仲のいい隣人さんたちと、それこそ3ヶ月ぶりのアペロ!
と言っても、こぢんまりと3世帯のみで。
本当ならね、ここにもう1世帯いるはずなのに・・・、
とっても仲の良かった彼ら、引っ越してしまいましたからね。泣

以前とは違ってビズの挨拶はなし。
代わりに、肘と肘をこつんとぶつけて挨拶です。← どこでもいいので接触した人たち
私はけっこうビズの習慣が好きだったので(人数が多いと面倒だけど。笑)、
この習慣がなくなってしまったのは非常に淋しいのだけれど、
まぁコロナが終息したらまたするようになるのかな、どうだろな。
みんなちゃんと食べる前に手を洗っていたのは新しい良い習慣だと思うので、
これからも継続していってほしいなぁと思ったり。

さて、フランス人は飲んでも基本的に我を忘れるほどになる人はいないのですが、
仲良し隣人の中に一人、弱いくせにたくさん飲むJくんがいまして。笑
声が大きくなって、真っ赤な顔を近づけてしゃべるようになるくらいで、
別に迷惑行為はしないからまったく問題ないんですが、
よーく忘れ物をするんですよねえ、帰るときに。

帰ると言っても、同じ建物内なので数分だし、
忘れ物をしたっていつでも取りに帰れる場所だからどうってことないけれど。

忘れる率がかなり高いのが、サンダル(スリッパ)。
同じ建物内なので、彼はサンダルやスリッパでやってくるのですが、
そこで履いてきたものを脱いでパーティーを楽しみ、
帰るときにはいつも裸足で帰って行ってしまう・・・!笑

夜中や明け方に、建物内の廊下を裸足で歩く彼を想像するだけで笑えます。

翌日、写真付きでメッセージが入りました。
「誰か忘れてるよ。」
写真を見た娘が、
「あっ!これ、Jくんの!見たよ、昨日これ履いてたよ!」
結果、ビンゴでした。忘れたのはJくん〜!
ってか、あなた、ロックダウン前のパーティーのときも忘れてなかった!?
合計で、サンダルを忘れて帰るの、もう何回目よ!?笑

酔っぱらうと、ついつい履き物を忘れて裸足で帰る人でございます。
また笑わせてくれてありがとう!



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

フランスとは全然関係のない話題です。

忘れられない人、って言ったって、別に元彼とかではなくて、それ以外の人。笑
皆さんはいませんか、人生の中で、ふと思い出したりすることのある人。

以前にもちょこっと書いたかもしれないけれど、私にはそんな人がいて、
別に元彼だったわけでも、好きだったわけでもないんだけど
「今ごろどうしてるのかな、元気かな。幸せにしてるかな。」
と思い出す、中学時代の同級生。
3年生のときに同じクラスだった不良(死語?笑)の男の子です。

イメージ的には、紡木たくの「ホットロード」という漫画の春山かな。笑
分かる人いますかーっ、分かるあなたは同世代かもーっ。
※映画ではなく、あくまでも漫画のほうのイメージ。

私は生徒会委員もやるくらいの真面目〜な子だったけれど(笑)、
なぜかよく分からないんですが、不良軍団ともちょっと交流がありました。
家に呼んでくれたら、たまに家にも遊びに行ったりしていたけれど、
別に襲われたりもしなかったし(笑)、ふつうに楽しく話していただけ。
学校の先生たちも、私が彼らと交流があることは知っていました。

他の中学の不良たちが私にたばこを勧めようとしたとき、
「こいつは俺らとは違う真面目な奴やねん。たばこは吸わへん。」
と、かばってくれたりしたこともあったなー。

ある日、やんちゃして警察に保護された彼は、親の電話番号を聞かれて
私の実家の電話番号を教えていて、私に電話がかかってきたこともあったな。
学年で一番背の小さかった私が、彼の保護者代わりですか?笑
そんなバカな。笑

中学の卒業前、サイン帳というものにクラスメイト全員から
ひとこと書いてもらうのが流行っていて私もみんなに書いてもらったのですが、
「オレみたいな奴とふつうに話してくれてありがとう。うれしかった。」
と書いてくれて、なんかもう、その言葉がね、今でも忘れられないんです。
ちょっと丸っこい筆跡までしっかり覚えているもんね。
席が前後になったときとか、特によくしゃべってたなぁ。

卒業文集には、
「○○高に落ちたとき、ミスったと思った。これからは真面目に生きていこうと思う。」
と書いていて、中卒になってしまったことを後悔していた彼。
でも結局、その後、真面目に生きるどころか暴走族に入ってしまって、
そこから抜けるのも本当に本当に大変だったらしいんだけれども。

私が高校に入ってからも交流は続き、忙しくて会ったりはできなかったけれど、
週末になるとたまに夜中に電話がかかってきていました。
当時は携帯電話なんてない時代なので、自宅の電話にですよ。
しかも電話がかかってくる時間がね・・・、だいたい夜中1時とか。
ええ、かかってくるのは、だいたいが不良タイム(笑)です。

いま思えば、うちの親はよく、私につないでくれていたな、と。
眠たそうな声で私を起こしに来てくれていたんです。
「ちいちゃん、●●●くんから電話。」
彼がやんちゃをしている人だということは親たちも知っていたのに・・・、
それだけ私のことを信用してくれていたんだろうなぁと思います。

でもこの交流も、彼の彼女から「うちの彼と電話で話さないでくれる?」と
私に電話がかかってきたことをきっかけに、やめることにしました。
いくら私たちの間には恋愛感情はないと言っても、
まぁ確かに、彼女からしたらいい気はしないですよね・・・、だから彼に
「もう電話してこんといてな。〇〇さんに怒られるわ。笑」
とお願いして。
それからも何度かかかってきた覚えはあるけれど、いつの間にかフェイドアウト。

いま思えば、そのときに交流を切らなければよかったと思いますが、
当時は私にも彼氏ができたりもしたし、高校生活もとっても楽しく充実していて、
それどころではなくなってきた感じだったのかなぁ。どうなんだろう。
昔のことすぎて、そのあたりの気持ちの記憶が曖昧です。

ご両親は離婚していて女手ひとつで育てているということは知っていたけれど、
そういえば、一度もお母さんに会ったことはありませんでした。
お母さんの話も一度も出なかったような・・・。
時が流れ、あるときの前を通ったらその家も別の人の表札になっていました。

最後に偶然出会ったのは、私が大学生のときでした。4回生だったかな?
あれからもう20年以上。
今、彼はどこで何をしているのかなぁ。元気だといいな。幸せだといいな。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

少しずつ、日常が戻ってきてる・・・かな?

週末に公園が解放され、祝日明けの火曜日からは、
カフェやレストランの営業再開となりました!
と言っても、パリとパリ周辺はまだ「危険ゾーン」扱いで、
テラス席のみの営業なのですが、

パリが生き返った!!!!

という言葉がぴったりくる、まさにそんな光景でした。
3月16日から閉鎖していたレストランやカフェの再開を祝うかのようなピーカンの空。
29℃まで上がった夏日でしたよ。

喜びに満ちた顔でテラス席に座る人々を見て、
あー、やっぱりパリはこれでなくっちゃね、と思いました。
カフェやレストランなしではパリは語れない!笑

フランス国内の移動制限もなくなり、
夏のバカンスも「このままだと」楽しめそうな・・・?
でもまだまだ油断は禁物で、外出の際にはマスクの着用を推奨されています。

わが家は2019年のうちから夏のバカンスを予約してしまっているので、
またロックダウンになって旅立てない、なんてことのないことを祈るのみ。

気を緩めずに、あともうちょっとがんばっていきましょう♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

今日、しばらくわが家にあった、一脚の椅子を売ったのです。
十分なスペースがあるなら置いておきたかったのですが、
他に買ったものなどが増えてきて手狭になってきていて・・・、
でも「いい味」のある椅子だし、捨てるのはもったいない。

そう思って、あるフランスのサイトに出してみたんです。
そしたら2日目にはある人から連絡があり、椅子を購入したい、と。
やりとりの中で、自宅が徒歩10分のところの人であることが判明。

夕方、カップルが椅子を取りに家まで来ました。
それがーーーー、とーっても感じのいいカップルで!
お歳はおそらく、30代半ばくらいかな?
勝手な思い込みかもしれないけれど、
あちらもいいフィーリングを感じたようなそんな感じで、
あちらのお二人とパートナーと私の4人で、ついつい話しこむこと30分!
椅子を売るやりとりは、最初の1分で済んでいるというのに。笑

引っ越してきたのは1年前くらいだそうで、
彼らが前に住んでいた場所は、私たちが前に住んでいたところの近く。
これまたなんという偶然。
あのへんもよかったよね〜!と盛り上がったりしつつ。

本当はもっと話していたかったくらいなんですが、
夕方という時間帯でおチビたちのいるわが家としては忙しくなるころで、
仕方なく会話を終えなければなりませんでした。

彼女のほうは6年ほど前に日本をぐるりと旅行したことがあるらしく、
ちょっと日本語を覚えていて、最後には
「ドモアリガトウゴザイマス!」
と言ってくれましたよ。

そして彼のほうは、
「椅子、大切に使います!近々どこかですれ違うことがあるかな。
近所なんだし、よかったらまた会いましょう!」
と言ってくれて。

お互いに連絡先も知っていることだし、もしかしたら、
この先また何かの縁で本当に会うことがあるかもな、と思ったり。
とにかくいいフィーリングを感じた私たちなのでした。

コロナで大変なご時世だからかな、
なんだかこういう小さなふれあいが、余計にうれしく思えたのでした。

わが家の椅子、すてきな新しい持ち主が見つかってよかったね♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

ロックダウン中は、初めのほうだけちょこっとジョギングを一人でしていた私。
(ロックダウン中でも、健康維持のためのジョギングは一人なのであれば
外出許可証と、自宅からの距離・時間制限付きで許可されていました。)

でも、なんだかやっぱり、一人でジョギングってあまり楽しくないのよね。笑
人にもよるのだろうけれど、私は一人ジョギングはダメなタイプらしい。
その後、コロナがすごいことになってきて、ジョギングで出かけるのも怖くなり、
途中でやめてしまったのが・・・、えーと確か、4月初めのころの話。

それからずーっと、運動といえば家の中でYou Tubeを見てのダンスくらいだけになり、
体中の筋肉が衰えていくようなそんな気にもなってきたころ(大げさ!笑)、
やっとのことでロックダウンが緩和されたのでありました。

そしたらすぐに、友達づきあいの隣人さんから、
「ジョギングの再開、しない!?」
とお誘いが入り、
「おおおおおっ!もちろーーーーんっ!やる気マンマン!」
というわけで、もう一人で走らなければならないなんていう決まりもないし、
距離制限も時間制限もないし、外出許可証もいらないし、ウキウキジョギング〜。

セーヌ川沿いを一時間ほど走ったかな。
・・・いや、正確には、
そのうち20分ほどはおしゃべりしながら歩いていたんだけれど。笑
久しぶりに走れて、気持ちよかったー!

ロックダウン緩和後、彼女と週に2回のペースで走っています。
本当なら、この前引っ越してしまった同じ階の隣人さんも
ジョギングメンバーだったのだけれど・・・、ううう、悲しい。
今ごろはニースの海岸沿いを走っているのかしらね。

真夏と真冬は走るのをやめてしまう意気地なしな私たちですが、
走れる気候のうちにがんばって走っておこうと思います。笑
え、夏は早起きして太陽が出るまでに走ればいいじゃないって?
いやいや、私たち、走るために早起きは無理ー!
寒いのも苦手ー!


追伸
前回のブログのあと、メールを下さった皆さま、ありがとうございました。
しっかり読ませていただきました!
温かいメッセージ、とてもうれしかったです。
まだ全然返信ができていなくてすみません・・・。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

私はいたって元気です。
かなり久しぶりの更新になっていますが、元気いっぱいです。

・・・がね、しかしね、元気でも、一応ショックは受けていますー!
なぜなら、先日に受けた血液検査の結果・・・、2ヶ月前よりまた悪くなってるー!
なぜじゃーーーーーーーーーっ!?
いたって元気なのに。食欲もあるのに。不調一切感じずなのに。

血液検査の結果はこの一年、悪化の一方。
本当は3ヶ月後にするべきはずの再検査を
ずーっと放置していて10ヶ月後にしたのが2月の話。
一時的なもんだろうと軽く見ていたけれど、あれれ?悪化してるよ?となり。
もう一回詳しい血液検査をし、エコーでは何の異常も見つからない。
でも、何回したって血液検査の結果は悪い、ってか3日しか経ってないのに、
また悪化してるってどういうことなんじゃーっ!?

かかりつけ医ではお手上げとなり、専門医に紹介状を書いてくれました。
が、予約をとった病院からコロナ騒動でキャンセルされ。泣
これから数ヶ月も待てないよ、と、そこの病院に勤務している別の専門医で
個人診療所も持っている人とアポを取りつけたのでした。
(私がもともとアポを取っていた人は、診療所は持っていなかったのです。)
でもコロナのせいで実際には会ってもらえずビデオ診察になり、
そのときに、さらなる詳しい血液検査をするように言われたのでした。

で、そのさらなる詳しい血液検査をしたのが先週のこと。
この結果がね、まさかのまさか、また悪くなっていて、
今まで正常範囲内だった別の2項目すら、異常になっていたという恐ろしい事実。
心臓がバクバクしました。

急いでまたこの専門医とアポを取り、今回はロックダウンが解除されているので
ビデオ診察ではなく直接会ってもらえました。
お勤めの病院だと、このドクターはすでに8月末まで予約が埋まっているのだけれど、
個人的な診療所のほうだと1つだけ数日以内に空きがあってラッキーでした。
(診療所のほうだと料金が高いので病院に行きたがる人が多い 。←私も。笑
でも今はそんなこと言っていられない、早く診てもらいたい・・・!)

診察には45分もかけてくれて、前回のビデオ診察の内容もしっかり覚えてくれていて、
ちゃんとしてくれているんだな、と安心感がありました。
このドクター(女性)、私の問題のある臓器の専門病院に30年勤務している超ベテラン。
経歴から単純計算すると、もう60歳近く?という感じなのですが、
金髪のショートカットでデニムスタイル、足元はコンバースのグレーのスニーカー。
これに白衣を着ているわけです。
まったく年齢を感じさせない若々しさでした。
その信頼できる経歴や、ネットで見た写真からの雰囲気で、相性良さそう!と思って
このドクターを選んだわけですが、結果、相性は良いです。
ドクターとの相性は大切だものね。

このドクターの勤める病院は、
私の問題のある臓器の手術症例がフランス国内で一番多い。
だからもし手術とかしないといけなくなっても、
このドクターの勤めるこの専門病院なら安心できる、と思っています。
気が早いかもしれないけれど、もう覚悟もしてるぜベイビー。(早すぎやろ)

・・・で、次のステップは、MRI検査。
(フランス語では、IRMと言い方が逆になるんですけど。笑)
エコーでは見えない何かが見えるかもしれないし、と。
とにかく、幾度となくやったあらゆる内容の血液検査でもエコーでも
原因ははっきりせず、MRI検査をする運びとなりました。

正直、怖いけれど、
「大丈夫、大丈夫。原因しっかり見つけて、治療しましょうね。」
と、このドクターに言われたら、なんだか大丈夫な気がしてきたよ。
MRI検査ではっきりするといいな。
小さなたいしたことない原因でありますように・・・!

たまたま受けた人間ドックでこんなことになってしまった私。
もう年齢も年齢だし、ボロも出てくるってもんですよね。
人間ドック、受けておいてよかった。

MRI検査、がんばってきます!



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

ついに5月11日、ロックダウン解除。
政府のいう「ウィルスと共に生きる」という形で・・・、
いろいろ条件付きではあるけれど、2ヶ月にわたる軟禁生活は終了しました。

長いようで短かったこの2ヶ月。
子どもたちの課題と仕事を(特に4月中旬からは大変だった)なんとかこなし、
やりたかった子どもたちとのお菓子作りもたーくさんして、
今まであまり作らなかった時間のかかる料理もして、
ふだんはできないところの細かい掃除などもやって、
やっと衣替えに手がつけられるー!というところまできて
冬服を片づけようと思ったら寒くなったので結局そのままにしておいた、
という、ロックダウンの終わりでございました、はい。
今日なんて、冬のコートを着てマフラー巻いて外に出ました・・・。

他にもやりたいことはあったけれど、とりあえず、
最低限やりたい!と思っていたことはこなせて達成感このうえなし。

そしてそのロックダウン解除の日、わが家が「親戚のような隣人」として
お互いに絶大な信頼を置いていてとーっても仲の良かった同じ階のファミリーが、
とうとう、とうとう引っ越してしまいました(大泣き)。
南仏ニースで学生時代を共に過ごし、パリにやってきて家庭を築いた二人が、
奥さんの仕事の大チャンス(いわゆる女社長になる感じ)でニースへ戻ります。
※県をまたぐ100勸幣紊琉榮阿砲眄限がありますが、
仕事の関係で急いで現地に向かう必要があるので、許可証を所持しての引っ越し。
裁判所とも密接な関わりを持つ、とってもお堅い仕事です。

こちらのアパルトマンは売却せずにキープし、貸し出し。
今日、出発前に一組目の訪問があり、おそらく彼らで決定となりそうとのこと。
(ロックダウン中は基本的にアパルトマン訪問も不可能なので、一組目!)

ご主人は、パリの消防隊の、とあるシェフを務めるお方で、4人家族。
家賃を払うのは彼らではなく、パリ警視庁から家主に支払うので、
フランス国家が崩壊しない限り、家賃の停滞などはないという安心付き。
しかも人柄もいい感じだったらしい!
私もちょこっとお目にかかったけれど、見た感じの印象、ばっちり。
わが家の新しい隣人さんになるかどうか!?ドキドキ。
もし彼らが住むことになったら、うちの建物には2人目の消防士さんだわ。

ところで、本当はこの訪問は、彼ら(家主)本人ではなく、
彼らの出発後に隣人である我らが立ち会う予定だったのですが、
午前出発の予定が押しに押して、アパルトマン訪問の時間に間に合わず、
結局、家主本人が訪問の立ち合いをやることになりました。

結局、出発は何時だったと思います?21時!
午前中の出発予定が、21時って!笑

当初、荷物の積み込みはあまり多くないから大丈夫、と彼らは言っていて
(家具などの大きなものは借家人が入る前の6月末に取りに来ることになっている)、
お手伝いを申し出ても「平日だし仕事あるでしょ、大丈夫よ!」と言っていた彼ら。
夕方になり、まだまだ残っている荷物を見てびっくりしたわが家。
「本当に大丈夫なの?遠慮しちゃダメだよ。」というと、
「・・・そうだね・・・、ちょっと手伝ってもらおうかな。ごめんね。」
結局、それから隣人たちがお手伝いに参戦となりました。
※フランス人は、引っ越し業者に頼らずに自分たちで引っ越し作業をする人が
けっこう多いように思います。今回は、レンタルの小型トラックも自分で運転!

最後には、仲良し4世帯が外に出て、お見送り。
Iくん&Nちゃんがみんなの分のコーヒーを用意して出てきてくれて、
大人たちが外で立ち飲みしている間、子どもたちは走り回り。
「ちょっと!近づきすぎちゃダメよ!」
と、一応コロナウィルスのことも気にしつつ。

最後の記念写真も、みんな1メートルほど距離を空けて!
いつもなら密着して肩組んで撮るのにね。笑

もちろん最後のハグもビズもなし。
投げキッスの嵐でお別れとなりました。
コロナのやつめ!
でも、これも特別ないい思い出になるね。

一応、彼女の仕事で予定外のことが起こらない限り、
6月末に2泊程度だけ、戻ってくる予定になっています。
残っている家具やスクーターを取りに戻ってくるのです。

そのときにはコロナも落ち着いて、みんなで距離を縮めて会えたらいいね。
外出禁止令のせいで、この2ヶ月間はドアとドアのところに立って、
相当な距離を空けてしか話ができなかったもんね。
隣に住んでいるくせに、電話でも話をしたけど。笑

ニースでの新居は、どうやら160屬琉豸家(しかも庭付き)になりそうらしく、
「みんな、いつでもウェルカム♡」
だって。行きたい、行きたい、行きたーい!
ニースは確か、パリに次いで物価が高い都市なはずなんだけど、
まぁそっか、社長みたいなもんになるんだもんね、余裕なのかもな。
はー、すごーい、すごーい、うらやましいー。

とってもすてきな隣人、いや、友達、いや、親戚づきあい並みだった彼らが
もういなくなってしまったのは本当に悲しくてショックも大きすぎるけれど、
彼らの新しい人生のスタート、応援したいと思います。

・・・うちのパートナーの落ちこみようが私の想像以上にすごくて、
クールな感じの彼でもこんなにショックを見せるんだ、とびっくりすると同時に、
やっぱり彼らの存在はわが家にとって大きかったんだな、と再確認。

5年半、たくさんの思い出をありがとう♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

今日のお昼は、ホットサンドメーカーをがさごそと出して来て、
一枚の食パンにはバターを、もう一枚にはマヨネーズを塗って、
ハムとたっぷりのチーズをサンドして、あっつあつでいただきました♡
わが家のホットサンドメーカーは4人分が一度に作れるので便利!
ワンプレートにサラダを添えて、ちょっとおしゃれなカフェ風に・・・、
だったので、写真を撮りたかったのに、むりむり、無理無理。
うちの食いしん坊たちが写真を撮る時間を待てるはずがありませぬ。

息子なんて、お腹が空きすぎていて、ホットサンドを口に入れる前に
よだれがぼとっとお皿に落ちてましたからね!犬かいっ!笑

で、私もお腹が空きすぎていたので、写真は断念。
子が子なら、親も親。ふふふ、食いしん坊万歳!

というのも、今日はランチの時間が少し遅くなったのです。
なぜなら私が午前中、ちょいと採血に行っていて。
本当はロックダウン解除後に行こうと思っていたのですが、
ロックダウン解除=街に人が増える、ということは、感染の危険度が増す!
(ロックダウン解除といっても、まだまだ感染者は出ている状況・・・。)
ということに今さら気づき、ロックダウン解除直前の今日、行ってきました。

ラボの前にも列。距離を1.5メートル開けて下さい、と書いてありました。

そこのラボにはだいたいいつも2人の採血してくれる人がいて、
責任者のドクター(腕前といい人柄といい、すごく評判がいい)と、
もう一人はマダムなのですが、2人ともとっても上手なんですー!
採血嫌いの私にとっては、ものすごく安心して任せられる2人。
痛くないんだもの。何本のチューブを取られても痛くないんだもの。

ドクターは確か、その道はもう30年以上って言っていたかなぁ。
「目をつぶってでも採血できるよ。やってみようか?笑」
と、採血嫌いでガチガチの私に、冗談を言って笑わせてくれます。

今日はマダムのほうだったのですが、何本も抜いている間、
「サヴァ?(大丈夫?)」
と3回くらい聞いてくれたかなぁ。
たぶん、いつものことながら、ぎゅーっと目をつぶっているからだけれど。
「ウィ、サヴァ。」
と、相変わらず目をつぶりながら答える私。
このマダムは、私が日本人だと知ると日本の健康保険の制度について聞いてきて、
他国の医療制度にもなんだか興味津々な感じでした。

一年前に「あれ?」となった、日本での人間ドックでの血液検査結果。
要観察となり、フランスで再検査をしたけれど、数値はさらに悪くなっていて、
エコーも受けたけれど、それでは特に異常が見つからず、
今のところまだ原因がはっきりせずのまま。
というわけで、さらなる詳しい血液検査・・・となり、今回、
この件でフランスですでに4回目の採血ですよー、えーん。

「すごい量の検査ね!」
と今回はさすがに驚かれました・・・、チューブ何本も抜かれた・・・。

検査の結果が出るまでに少し時間がかかる項目があるらしく、
すべての結果がそろうのは来週の水曜の夜か木曜、と言われました。
基本的な血液検査だと、当日の夕方には結果が出ていたりするんですけどね。
ちょいと踏み込んだ血液検査になっていることが伺えます。不安。

でも、こんなに元気なのに、なんで異常があるっていうのー!?
食欲だって旺盛すぎて困っているというのに・・・!

どうかたいしたことありませんように。
怖い病気が隠れている、とかではありませんように。



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

フランスの非常事態が7月24日まで延長になりました・・・!
したがって、大型商業施設やレストランなどは、それまで閉鎖となります。
また、国外から入国する人の全員に検査を実施し、結果に関わらず、
14日間の隔離を取るという強制措置も行われるようです。

外出許可証なしでの外出がようやくできるようになりますが、
公共交通機関でのマスク着用は義務となります。

非常事態、まさかの夏にまで突入となりました。
正直、コロナ騒動がここまで長引くとは思ってもいなかった私。

でも、ロックダウンを開始して2ヶ月近く経つ今でも、
まだこんなに新たな感染者が出て、死者も出て・・・、
ここで非常事態を解除すると、またすぐに第二波がやってくることは
誰にもたやすく想像できることだと思います。泣

このブログを書いている今の時点では、5月11日から幼稚園や小学校は再開し、
小さな商店などもオープンする予定ですが、まだまだ通常の生活とはほど遠く、
日常が戻って来るまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

ただ、この学校に通わせるかどうかは、親の判断に任せられています。
うちの子たちが通う幼稚園からは、アンケートがありました。
5月11日から通園させる予定か、もしノンであれば、いつからの予定か。
そして、新学期(9月)までは通園させる予定はない、の回答も選択肢に。

わが家はパートナーと話し合い、6月1日から、と回答しました。
でも、「その時点での状況を見て判断します。」とも書き足して。

ママたちとのやりとりでは、9月の新学期まで通わせない、という人も多く、
息子(年少組)の担任の先生からの情報だと、
5月11日に来る子は、年少組は5人だけだろう、とのこと。
しかも、仕事の関係上、仕方なく通わせるという親ばかりなのだそう。
やはりみんな、まだ怖いと感じているようです。

幼稚園側は、通園しない子には、
ロックダウン中と同じようにオンライン授業(午前)を行い、
課題もしっかり渡します、添削もします、とのこと。
サポート体制はきっちり整えてくれるようです。
おそらく、オンライン授業は先生が行い、その間、
アシスタントが通園している子どもたちの面倒を見るのかな?と。
そのへんの詳細はまだ連絡が来ていないので分かりませんが・・・。

娘は9月から小学生で、今とは違うところに転校します。
このままコロナ騒動の中、先生やお友達と最後のお別れもできないままの
転校なんて、なんだかとっても淋しすぎる・・・!
そう思って6月1日には、と回答したものの、今のままだと通園は厳しいかな、
という気もしています。
娘は友達と会えないのがつらいらしく、
「他の小学校に行きたくない。今のところで、みんなと一緒にいたい。」
と言い出しました。かーちゃんも切ない。泣
ときどきテレビ電話で話をしているものの、実際に会って話すのと違うのは
子どもたちでも感じているみたいで・・・。

この前は、娘の親友がメッセージビデオ(動画)を送ってくれたんです。
「○○○、会いたいよ、淋しいよ、ジュテーム!ジュテーム!会いたいよ!」
・・・って、まるで恋人同士かよ!っていうメッセージ。笑
それを見た娘はもちろんうれしそうだったのですが、それを見た私、
ついつい目頭が熱くなってウルウルしちゃいました。

「感動して目に涙浮かべてた!」とママにメッセージを送ると、
娘ちゃんを撮っていたママもそうだったらしく、「私もなのよーーー!」と。
どうやら涙もろいお年ごろのようです、私たち。

はぁ・・・、非常事態が7月24日まで。
そこで非常事態が解除になるよう、もうちょっと、みんなでがんばらなければ。
医療関係の人々にこれ以上の負担がかからないよう、
ロックダウン解除後も、不必要な外出を控えるようにしなくては。

どうかせめて8月だけでも、気分よく過ごせますように!
コロナが早く終息しますように・・・。




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

苦痛だろうと思っていた軟禁生活、意外と大丈夫。
5月11日以降、ロックダウンを段階的に解除・・・って、あと10日ちょっと!?
あれっ、まだまだやりたいことあったのに、終わってない!
などと、不謹慎なことを思ってしまった私です。

初めは、子どもたの課題も、まだ許せる量で(それでも多かったんだけれど)
ほどほどのペースで出来たし、午後にはお菓子のアトリエなんかを
子どもたちと優雅にやったりしていたのですが、おっとっとー!

イースターのバカンス明けから、課題の量がすごいことに。
年長組、年少組、どちらも容赦なしです!
オンライン授業に課題に、ひーひー言っています。
特に年長組・・・、イースターバカンス明けからは、
朝だけじゃ課題が終わらないよ!午後も勉強だよ!

娘は勉強に意欲的だし、初めは嫌がっていた息子も急にお兄さんぶって
「わたしも(僕とうまく言えず、私という)勉強するで!」←関西弁
と張り切って机に向かってくれるのはいいのですが、
えーとね、私が付き添わないといけないわけですよ。
なんせまだ、幼稚園生なものでね。
娘は説明さえすれば一人でやってくれるのですが、それでも、
「ママ、見て見て!」
「ママ〜!」
「ママ、これできたよ、見て〜!」
と見て見て攻撃がすごいし、息子は横にいておかないとなかなか進まないし。

息子はハサミの使い方も練習中なのですが、少し目を離しているうちに
切ったらいけないプリントを細切れにし、
「ママ、見て!上手に切れたで!」
と言ってくるし。泣
うんうん、上手に切れてる、切れてるけどねーーー!これ、あかんやつやん。

とこんな感じで、平日はゆっくりお菓子を作っている時間などはなく、
家の大掃除をしている間もなく、冬服を全部片づけて春夏ものを出す、
なんていう最低限のことも出来ず・・・、とにかく私は、
朝から晩まで、子どもの勉強の面倒と、家事洗濯で終わってしまう。汗
この合間に、無理やり仕事をちょこっとねじ込む。
でも終わらずに、子どもたちが寝静まってから仕事を片づける。
そんな毎日です。

週末はパートナーに子どもの面倒を見てもらい、
ちょっと気分転換にお菓子を作ったりはしているのですが、
いやー、やりたいと思っていたことが全然終わりそうもないですね。

さて、ロックダウンの解除がもうすぐ先に見えてきましたが、
正直言って、まだまだ安心はできない状況。

フランス国内の一日の新たな感染者は、1,607人。
外出禁止令が出て一ヶ月以上経つのに、です!
トータル感染者は、128,442人(4月29日現在)。
死者も少し減ってきたとはいえ、24時間で 427人も出ています。

・・・こんな状況でロックダウン解除って、怖い・・・!
軟禁生活より、びくびくしながら外出するほうがストレスになりそうです。

パートナーの勤める企業は、5月いっぱいはテレワークをするように、
という通達を出しているのでロックダウン解除後も自宅勤務です。
私は、どうしてもの場合を除いては自宅で仕事をしますが、
やむを得ず出なくてはいけない日も絶対に出てくる・・・。
そして子どもたちは、おそらく、5月いっぱいは幼稚園に行かせません。
5月11日以降に通わせるかどうかは親の判断に任せられていて、
とーっても悩むところなのですが、まだ5月11日は怖いな、と。
状況を見て、その後の判断をしたいと思います。

お互いに気をつけて過ごしましょう!



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

外出禁止令が出てからは、週に一回、
パートナーがまとめて買い物に行ってくれています。

買い物リストは私が作り、出かける前にメモを渡します。
しかも、欲しいものをちゃーんと売り場ごとに分けて書いて、
行ったり来たりの時間のロスや、買い忘れがないように配慮しているわけですよ。

・・・でも、いつも何か忘れるのがうちの人!
しかも「え?書いてなかったよ。」と自信満々に言い、
私が「いや、書いた!100%確実に書いた!」と、答えるのが常。
しっかりよろしくたのむぜー。

でもこの前はあまりにも買い忘れが多くてですね、
仕方がないので私は翌日、いいお天気だったので、気分転換がてら、
久しぶりに買い忘れ補充のための買い物に行くことにしたのです。

近所のスーパーではなく、ちょっと離れた大型スーパーまで。
なぜなら近所のスーパーを2つ回ったけれど、売り切れていたのですねえ。
小麦粉とか、石けんとか。他にも、もろもろ。
(外出は自宅から半径1キロメートル以内ですが、食材の買い物に関しては、
必要があるならば1キロメートルを超えてもオッケーです。)
でも私はフランスで車の運転をしたくないので、
公共交通機関を使って、です。
いまの状況の中では怖いんですけどね、乗るの。
でもマスクをして除菌アルコールスプレーをもって、いざ!
あと、もちろん外出許可証も所持です。

アンチ・マスクだったフランス人も、いまは8割がたの人がマスクをしています。
まだみんながマスクをしていなかったころのほうが
道を歩くのも、メトロやバスに乗るのも怖かったかな・・・。
ふつうに咳をゴホゴホしている人、横にいたりしましたからね。

大型スーパーに着くと、入り口ではセキュリティのお兄さんが
みんなに順番に手にアルコールスプレーをかけてくれました。

さーて、無事に買い忘れの補充もできたし、帰りますよっと。
とーこーろーがー!
駅に着くと、待ち時間が40分と表示されているではありませんか!泣
どうやら問題発生らしいです。こ、こんなときになんでー。

そこで、ふと思いましたよね。
一ヶ月以上の外出禁止で運動不足。
家の中で毎日のようにダンスをしているとはいえ、
やっぱり体はなまっている気がする。
と、なれば!
40分待たずに、歩こうではありませんか!

グーグルマップさま、自宅まで徒歩で何分かかりますか?
と聞いてみたところ、40分との表示。
くーっ、もうひとつの大型スーパーのほうにしておけば、30分だったのにな!
なぜあえて遠いほうに来てしまったのか・・・!

でもこれもきっと、神様が私に運動しろと言っているのだわ。
歩きましょうとも!いいお天気だし、気持ちいいし!

どうせなら有酸素運動になるといいな、と思って、
ものすごく早歩きでスタートし、じっとり汗をかきながら歩きましたよ。
歩くというより、小走り。買ったものを持って。笑
そして、グーグルマップさまは40分と言っていたけれど、30分で自宅に到着!
マスクをつけたままの早歩き、ちょっと苦しかったけど、がんばりましたー!

この達成感。笑
清々しく一日を終えることができました♡




【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

久しぶりの更新になりました。
かなり息切れ気味のかーちゃんです・・・。

って、別に体調が悪いわけではなくて。
なんなのですか、この課題の多さーっ!?
ちょいと待ちたまえ、あなたたち、幼稚園生よね!?
子どもたちの課題が、特に年長の娘の課題が、目ん玉飛び出るくらい多い。
というわけで、かーちゃん、息切れ黄身。
じゃなくて、息切れ気味ですねん。
そりゃパソコンのタイプミスもするわ。

イースターバカンス明けから、目に見えて課題の量が増えた娘。
もともと課題が多いなーと思っていたけれど、さらに増えた。
どうやら「課題を増やしてほしい」という希望が一部の親から出た模様。
・・・えーと、それ、やめてもらえませんかー。
希望の人だけ増やしてもらえませんかー。
わたし、増やしてほしくないー、お願いー。泣

たとえばですよ、これが小学校中学年とか高学年になると、
放っておいても勝手に課題をやってくれるのかもしれません。
でも、でもですよ!?
まだ幼稚園生・・・、となると、年長組の娘でも
「ママ〜、見て見て〜。これでいいの〜?」
となることは必至で、年少組の息子にいたっては、
集中力も怪しいところなので、ほぼずーっと横についていないといけないわけで。

日中、一応、少しでも仕事をしているかーちゃんにとっては、
もうこれは・・・、修行でしかない・・・、本当に修行!泣
それに加え、食事の用意や掃除、洗濯もしなければならない。
ちょっと息抜きのために、お菓子作りでもしたくなるってもんですよ! ←

テレワークをしている親を考慮して、オンライン授業は週2回になったけれど、
それでもわが家は2人の子どもがいるので、けっこう時間がかかる。
課題はその日に決められたものをこなし、写真を撮るかスキャンするかして、
先生に送らなければなりませぬ・・・!

ついには、先生から出された詩を暗唱しているところを動画に録り、
それを先生に送るという課題まで出ましたよ!動画って!
娘は「赤い服を着る!髪の毛は2つに結んでね!」と、
まるでオーディション用の動画を撮るのかという張り切りようでした。笑
最後はとびっきりの笑顔だったので、先生は喜んでくれたみたいです。
しっかりコメントの返信がありましたー。
・・・ちゃんと見てるのね・・・!

そんな感じで、毎日子どもたちの課題をこなすのにつき合い、息切れ気味。
2人いるから、もう一日がかりなんです。ううう。

週末はとーちゃんが子どもの相手をしてくれるといいな。
と、かすかな希望を抱いて、今日はもう寝るとします。
おやすみなさい♡



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

BlogPaint

4日ぶりの更新です、こんばんは。
わが家はみんな、相変わらず元気にしています。

夏日がしばらく続いたと思ったら、少し肌寒い日もあったけれど、
でも太陽は出ていて気持ちがいいので、テラス時間を楽しんでいます。
週末はお昼ごはんもおやつもテラスで食べ、
しかもそれ以外の時間はテラスにシートを敷いて、
そこで本を読んだりゲームしたり・・・。

引きこもり生活にはあまりストレスを感じていないけれど、
外気にふれるとやっぱり気分が全然違うものですねえ。
テンション上がります。
子どもたちも、ずっとテラスにいたがります。

この写真では娘が息子のミニカーと飛行機で遊んでいます。
わが家は娘も自動車や電車で息子と遊ぶことができるし、
息子も娘と一緒にたまにバービー人形でも遊んでいるし・・・。
親としては、どちらの遊びもしてくれるので大助かり。

この前、娘がエルザ、息子がアナの仮装をして
私の目の前に現れたときにはお腹を抱えて笑いました。
あまりにもしっくりと似合いすぎていた!
しかもその服装のまま、2人は1時間ほど「ごっこ遊び」していました。
女装すると声が女の子みたいになるのはなぜだ、息子よ。よっ、役者!
娘もごっこ遊びで男の子役になるときには、声を変えます。よっ、役者!
かーちゃんは、そんな2人を横目で眺めて微笑みながら、ゆるりと仕事。
・・・嘘です、そんな女神のようなかーちゃんじゃありません。
「もうちょっと静かにしなさーい!」「ドタバタ走らないー!」
「散らかさない、片づけなさーい!」と、よく叫んでおります。ほほほ。

パートナーはテレワークで毎日とても忙しそうで、
フランス国内だけでなく、海外の取引先との会議などもあって、
寝室に閉じこもって仕事に没頭しています。
わが家に複数のパソコンがあってよかった、と思うこの軟禁生活です。

さて、今日から息子のオンライン授業が再開となりました。
担任の先生の家族全員がコロナウィルスに感染してしまい、
ずっと授業がキャンセルになっていたのですね。
その間も、先生はしんどいのに課題を送ってきてくれたり
添削をしてくれたりとすごく努力をしてくれていて・・・。

それから約一ヶ月ですが、まだ完全復活ではないというんだから、
本当に、恐るべしコロナ!としか言いようがありません。
授業中、途中から顔にすごく疲れが見えていたし、
最後のほうは少し咳も出ていてしんどそうでした。

本当に怖いコロナウィルス、皆さん、一緒に気を付けて過ごしましょう!



【お知らせ】
インスタを始めました。
アカウントは、chiharu_paris11
お時間あったら覗いてみてください♡



人気ブログランキングランキングに参加中です。応援クリックいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村にも新しく参加してみました。こちらも応援いただけると嬉しいです♪

↑このページのトップヘ