Bongorian Fishing Life

薩摩生まれのプードルマン釣行記。

10/8 秋の風物詩


image
 
image
 
 image
 
 <シイラ:8時から活性up>
Tackle: UC10pro + Saltiga 4500
Lure: アゴペン暴頭14, シャバジグ, 撃投エアロ
 

9/28 沖磯サワラ


image

image
 
image

<サワラ&シイラ:11時から活性up>
Tackle: UC11 2S + Saltiga 3500
Lure: CS45g, ふとぺん丸12S

 

9/10 オオモン&赤ヤガラ

image

image

image

image

9/7 カマス&タコ


秋にだいぶ近づいたが、
日中の気温はまだまだ高い。

image
 
豪と青物調査兼カマス獲りへ。
早朝4時より下山も暗い時間帯はほとんど当たりなく、青物の気配は感じられない。
激投65gグローで日の出前にカマス単発ヒットし、日が昇り釣れ始めたところで雀蜂偵察隊現る!
陸にあがったカマスがお望みのようで、ガジガジとお食事をなされてました。。

image
 
ぼちぼちの釣果も干物だけでは物足りないので第2ラウンドへ。
タコエギで日頃あまり攻めないポイントを探ると、2投目から根掛かり…
LEXAのドラグMAX11kgを活かし、ロッドをベンドさせると何やら動く?
ゴミごと引き抜いたかと思いきや、海面にあがったのは自己記録のタコ!
自作シリーズもようやく実績がついてきた。

image

2匹目は小型のリリースサイズ。
単発しか釣れないところをみると、水温上昇で良型の群れは一時深場に落ちてるのかな?

image
 
 image

<青物&カマス>
Tackle: UC11 2S + Saltiga 3500
Lure: DP200type3, CS35,カマスさびき

<タコ>
Tackle: タコキング78 + LEXA400  
    タコキング75 + ビッグシューター 
Line: PE8号直結
Lure: 3号4連結タコエギ, 自作デビルエイト
 

8/31 ショアジギング


KDさんと早朝短時間釣行へ。
うねりはあるがヒラスズキの出るサラシではない。
ワンピッチジャークで1投目早々、カマスがHIT。

image
 
こいつらを餌にする青物を狙うべく、トップ系を投げるも青物の気配は感じられない。 
レンジを下げ、スピンテール系のリフト&フォール→スローリトリーブで50ほどのチヌ。 

image
 
カマスの当たりも徐々に遠のいたので、
サビキ+激投レベルの遠投で広範囲を探ることに。

着底後、リトリーブするといつもとは違う引き。
サゴシきたか!?
しかし、引きは徐々に強くなっていく??

回収してみるとまさかのカマス6連結仕様。
次々とかかってきたのか、群れにあたったのか。

 image

フォール中にリーダーを切られて3個ルアーロスト。
サワラサイズも回っていたのか、沖合の様子が気になる釣行だった。

image

Tackle: UC11 2S + Saltiga 3500
Hit item: Kujira 45g,  CS 35g
Hit time: 5:30 ~ 7:30
 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ