2016年06月23日

梅雨です

雨ばっかですねぇ。まあ、当たり前か

水不足だっていうから、まあそこそこ降ってもらわないとですけどねー。犬の散歩と服選びがめんどくさくなりますよね。…もっとも、犬の散歩は雨の日は朝番共に5分ずつで終わりますけど笑


さて、ケンケンが動きやすいように、と2年ほど前から椅子生活にしてたんですが、椅子もボロボロになってきたし、ということでソファを買いましたー

最後の椅子生活の日
私には、いなり絶対にやりません笑怒られるからね。
image



狭い部屋の割にソファが大きいんだけど、ソファで横になれるという譲れない条件がダンナにはあるらしく笑
まあ、結果的に私も気に入ったソファになりました。

image


ソファの肘置きが天然木なので、飲み物を置いて輪ジミになるのやだから、とコルクのコースターを、剥がせる両面テープで付けてみたんです!
使いやすいし、いいわぁと思っておりましたら。

昨日仕事から帰ってきたら、いつもと違うところにいなりが寝てて、ブリブリ尻尾を振りながらやってきたんです。

んんんんん!?!

image


コルクが消えとるやないかーいっっっ
どーやって上手く食べたのか不明…。
いなり、キライ…

コルクじゃないやつをさがさないとなぁ。

image

美味しかったですぅー、じゃなーいっっ。

あ、そーそー。ずっとケンケン用に使ってたサーキュレーターを今年出したら、動かなくなってました。
ケンケン、相当サーキュレーターお気に入りだったから、お空に持っていくことにしたようです笑

image


残念だね、いなり笑
今年買ってあげよう。



bongorian11 at 09:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月05日

ケンケン、備忘録 3月

ほんとにま〜〜〜最期まで真面目な犬だったわぁ。

教科書通り、手順を踏んで老衰していくとは・・・

11日の早朝に、小雨の中、慈恵院に送り出してきました。ダンナはどうしてもその日は仕事を遅刻することができない事情があったため、私といなりで霊園に行って、お花とお手紙をお棺(段ボールだけど)に収めて最期のお別れをしてきました。

火葬は次の日の8時でした。


そうそう、いなりがケンケンが亡くなったっていうことに気が付いたっていうのがハッキリわかる
瞬間がありました。じーじを納棺してお部屋に安置していて、それまでぽか〜〜んだったいなりが、
そのお棺に近づいて様子を見た瞬間に、突然しっぽが下がって、不安げというかおかしなテンションに
なっちゃったのです!!ああ、今いなりわかったんだねぇ、とあれにはダンナとビックリ・・・。

image


image


なんとなーく、しばらくテンションが低かったいなりさん。

そしてGW前くらいに、な〜んかケンケンがいるような気配がするなぁって話をしていたら次の日に
いなりがご飯食べた後に、ちょっと釣り目気味になり、おもちゃをうーうー興奮しながら遊んでたことがありました。あ、これ絶対ケンケン戻ってきてるなwwwと不思議な感じでした。

明らかにいつものいなりの顔じゃななかった!www

image


これは、ケンケン亡くなったあとにお花見。相変わらずの写真嫌いっ。

image


なんだか、寂しいお花見シーズン!!!!


〜〜〜とまあ、3/10前後1週間はしょっちゅうメソメソしてたので仕事行く時はマスク必須でした!!!!



bongorian11 at 08:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

ケンケン、備忘録 3月◆阻瓦なる日まで


ここから10日までは1日ごとに、ハッキリと状態が変わっていきました


ちなみに5日獣医さんから帰ってきてから色々考えて念入りにタオルで拭いてたら、ガウっとやられましたけどねwww
あんにゃろう・・・。

3/6

5日はおかゆを食べたけど、この日の朝はおかゆ拒否。
母親が作ってくれた(人間用)大豆煮はなんとか食べる。

夜は菓子パンを買ってあげてみる。メロンパンとブドウパンを半分ずつくらい食べる。

いつも通り、お散歩に出したけどほとんど歩けないので廊下だけ3往復ほど。
とりあえず、顔をあげることはできるし、なんとか介助すれば少しは立ってられる。
夜も、ひゃんひゃんたまに吠える。

下痢は垂れ流しなので、ペットシーツとタオルで床に着かないように工夫して仕事に行く。
朝と仕事帰りはまず寝たままのケンケンのお尻を洗う。おむつは立ったまま変えられないので
寝たまま替える。これが難しい!!!

家族にケンケンが近いかも〜〜メールをする。

3/7

大豆には少ししか食べなくなったので、朝もメロンパンをやってみる。
昨日の夜よりも食べなくなる。

夜ごはんはほぼ食べない。ダンナが高カロリーのメイバランスとミロを買ってきてくれたが
それも食べない。

廊下の歩きも2往復くらいにする。

このまま寝たきりで何か月もだと床ずれするかなぁ、とかずっと吠えてるけどどこか痛いのかな、とか
申告期限近いけど、仕事休んで大丈夫かなあとか色々考える。

下痢は未消化の物も出てくる。食べてないのに出るんですよねぇ不思議。


3/8

朝は水も取らず。大きめのシリンジで水を上げるがあまり飲まない。
よれよれで、もはや歩かせるのもかわいそうなのでいったん起こして
何歩か歩かせる。
だめもとで、ポカリをあげてみたら水よりだいぶ飲むのである程度飲ませて出勤。

入れ違いで泊り明けのダンナが午前中帰ってくる。最後に抱っこして目の前の公園に連れて行こうか
企画していたようだが断念。
もはや水もだいぶ飲まなくなったけど、ひゃん鳴きをするとダンナが頻繁にシリンジで水をあげてくれる。
ダンナの姿が見えなくなるとひゃんひゃん鳴くらしい。

仕事から帰ってきて、まだ生きてるのでホッとしつつ。
ほんとに痩せちゃったというより小さくなっちゃった
尿とりパッドもマナーベルトに貼りつけなても大きめのマナーベルトを腹巻みたいに直接ぐるっと巻きつけてガムテープで
止められるようになる。


3/9

この頃、ほんっとに忙しくて休みもないようなダンナが珍しく2日連続で休み。
アタクシは出勤。ダンナが見てくれるので安心しつつも、頻繁にラインで様子を聞く。

相変わらずおしっこも下痢もしてる不思議。
とにかく寝てる、というか横になってるけどまろやかなじいじ。
ポカリをやるときに上体を起こすけど、ほとんどお空のカールの所に
行ってるっぽい。体温もだいぶ下がってきた模様。
ダンナも相当辛そう。
じーじも、ひゃんひゃんずっと鳴いている。


夜中も1時間半ごとに体位変換を頻繁にするので、ケンケンの横に段ボールを敷いて
一緒に寝る。撫でててもずっと吠えてるし、さすがに一睡もできず。
朝になってすこーしだけ、じいじも寝たみたい。

3/10

この日は、二人とも仕事。
とにかく急に休みになっても平気なように嵐のようにw仕事。
16時ころに仕事を切り上げて速攻帰る。
頼むから、電車が止まったりしないでぇぇと願いつつ。

仕事から帰ってきてそぉっと、ドアを開けたらすでにひゃんひゃん言ってる。
息も荒い。

なにより驚いたのは、今までみたことないような下痢をしている。
汚い話だけど、下痢というより、緑色の粘膜の塊?みたいなものをたくさん。しかも匂いが独特。
昨日と同じように添い寝の予定だったので、ダンナが帰ってきてからとりあえず12時まで
仮眠を取らせてもらう。ずっとひゃんひゃん鳴いて、息が荒いけどほとんど意識はなさそう・・・。


21時半過ぎにダンナに起こされる。
私は、ほんとにちょうどお空に行く直前を看取りました。
もはや、ケンケンは意識はない状態とはいえ、ダンナが一番キツイ所を見たようです。もはや、私はわからないんですけどね

image


image


去年の写真。
には間に合わなかったぁ!!!


bongorian11 at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ケンケン、備忘録 3月

2月末くらいから、体重減少も顕著で見た目もだいぶ貧相になってきましたねー。

image


image


じーじのお気に入りの場所を取るいなり。
ダンナも私もケンケン、ケンケンだったからいなりもぶんむくれてたんでしょうね。

3月に入ってから、タオルだった後ろ足介助のハーネスを頼んでみたり。

image

介護用マットを買ってみたり。
遅いんじゃないかって若干思うけどwww
まあ、それをもっと早く買ってればもう長生きしたかもっていうアイテムではないですがね。
あ、ただ後ろ足介助用ハーネスはもう少し早く付ければよかったかな。

3月に入って確定申告期限も迫ってきて、仕事も大詰になってきてるけど、じーじの下痢はどんどんひどくなるし。
さらに食欲が落ちても缶詰だけはガッツガツ食べてたのに残すようになったあたりで、ダンナといよいよ近いかなって話をし始めていました。

image


そんな時に、3月5日にちょうど休みが取れたのでまた1時間ドライブで病院に行きました。
現状を伝えたのですが、獣医さんが言うには「下痢も食欲の状況を考えると、そんなに長くはないだろうから、好きなものを食べさせてあげてください。投薬は最期まで続けてあげてください。治療というより、本人にとって楽になりますので」とのこと。
なんでも、獣医さんが前飼っていた犬が老衰で亡くなった時も同じように投薬しても下痢が止まらなくなって、最終的に食欲も落ちたのでという話もしてくれました。

病院から帰るときの車はなんとも言えない気分でしたねぇ。

image


この写真を最後に、ケンケンの写真は撮るのはやめました。
だって、弱っていくところは私は写真に残すのヤダしぃ。


bongorian11 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月04日

ケンケン、備忘録 2月〜3月


2月に入ってからも、またお薬をもらいに行ったりしてました。

image




腰が冷えないように!とマナーベルトに貼るホッカイロ。
じーさん、使い方間違ってるし笑

雪が降った時も、とりあえず階段の上り下りとうんちはさせてました。階段滑るから人間が滑らないようにヒヤヒヤ笑

image


雪冷たいー笑
お目目が細くなってます。


このころには、夜中に自分で移動ができないからなのか単純に不安なのか
夜中に何回か起こされることがありました。
介助していったん起こしてあげると納得して寝てくれるのですが、そこから
10分も立たないうちにまた吠えてみたり。
まあ、多少認知症もあったのかなぁ。相変わらず、ブラッシングでちょっと毛をひっぱちゃったりすると
怒ってたりしてたけど。

正直、結局夜中の吠えはなんだったのか不明でしたねぇ。
窓際がじーじの定位置だったので、吠え声も余計に聞こえるかもと思って遮音カーテンも買ってみましたが結局効き目があったのかは不明です。
とにかくこのカーテン、重く、そして硬いwww

image


取り替えたカーテンをケンケンといなりに差し上げてみました笑

ちなみに、いなりがカーテンをいたくお気に入りになってしばらく抱えて寝てました笑
奥の塊がいなり。心配になるくらい、いなりずーっとこのまま寝てました。

image


お散歩も、元々散歩嫌いなのですが(野山は大好きなクセに・・・)
歩かなくなったら終わりだ〜〜〜〜ってことで介助しつつの階段の上り下り、100~200mのお散歩は
していました。フラフラしてても、お手紙読んだり、お鼻クンクンしたり楽しそうでしたwww



はいっても、やっぱりどんどん老化は進んでくるわけで・・・
2月末はだんだん下痢がひどくなってきました

bongorian11 at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)