絵本:「虎とネコ」

昔~昔。虎は獲物を上手く捕まえられませんでした。

そんな虎はネコさんに獲物の捕まえ方から何から何までも教わりました。

いつしか虎は「百獣の王」とまでいわれて恐れられるようになっていました。
虎は考えました。

「俺はあらゆる獲物を捕まえて食べてきたが、ネコだけはその味を知らない。」

そこで虎は恩あるネコさんに近づき、いきなり襲い掛かりました。

すると、ネコさんはひらりと身を翻して虎の攻撃をかわし、木に登りました。

そうです。虎は木に登れませんでした。
ネコさんは身を護る術だけは教えなかったのです。

(提供:聖教新聞・日テレ世界の絵本より。盗聴教団、創価にこれ以上教えるかよ。)

極東アジアで、猫は日本を意味すると考えます。

極東アジアで、自称 虎の國は 韓国です。

創価学会は八割の韓国人幹部が二割の顔見せだけの形骸化した代表の日本人幹部を恐怖支配している団体です。

彼ら日本猫も、恩を仇で返す韓国虎から逃げる手段は教えるなと言っている訳です。



『チョンは絶対に信じるな! 必ず裏切る。奴ら食糞猿人の歴史は恩を仇で返す歴史しかない!チョンを信用するな!』


※ 筆休め ※

cb6dd2aa.jpg

1a22a40f.jpg
続きを読む