日本は監視社会である。

 昔・(大正時代より近代の)都市部に住む日本人たちはそれを村社会と表現した。


 「村の誰其がどこそこで何を買い、晩飯に何を食ってた。」


 なんてことを日常会話で密告しあっていた。

 それが 村社会。


 盗聴 監視社会 集団ストーカー なかでも 個人情報 を盗聴で共有する組織 名を列挙する。




  天皇家  (ただし 大室寅之祐  明治皇帝 以降の偽天皇家(長州部落)関係者)    
  
  日本共産党    創価学会    幸福の科学    霊友会    
  霊波之光    真如苑    
  生長の家     
  日蓮正宗         
  
  在日韓国人(朝鮮戦争以前から在住の在日家族)    韓国民潭     朝鮮総連    
  (現在、新大久保などに出稼ぎに来ている「冬のソナタ」以降の出稼ぎ韓国人では確認できない)    
  
  
  部落・同和           
  
   2001年以降の 陸上自衛隊・航空自衛隊・隊員と、2001年以降に除隊した元自衛隊(陸自・空自)隊員
   (海上自衛隊隊員と、2001年以降の交流がないので不明である。)
     
   公安      いわゆる交番勤務のお巡りさんで個人情報を知っていたのは創価学会員の警官のみ   
   (2012年現在、刑事課で監視社会構成員は確認できない)  
   
   2001年以降の   日本医師会   
   
   1990年以降に 慶應義塾大学医学部から派遣されてくる医師たち。
   2001年以降に 順天堂大学医学部から派遣されてくる医師たち。
   
   一般社団法人日本医療薬学会      

   
   アニメ・漫画産業経営陣      
   
   地上波テレビ局御用達 脚本家(主に在日韓国人が人脈だけで採用されている業界)    
   地上波テレビ番組でカンペで指示を与えるディレクター  など   
    

    
  

  
   こういうことは判明次第に随時追加記載していく。
 


 21世紀から 与党 公明党 政権 となって以降、 自衛隊 隊員 までもが 監視社会 構成員 になって、私の 個人情報 (隣人創価が聞き耳をたてて盗聴している内容)を知るようになった。

 この 監視社会 問題 Surveillance society を語る時、 被害者が 「警察 が 警察 が 」 と書き込むのがインターネットでの最近の流行だが、 むしろ 創価学会 が 警察 の お墨付き を得たと考える方が納得しやすい。 

 なぜなら 警察庁 主導ならば 1990年代 1980年代 1970年代 からだってできたはずである。 
なのに 監視社会 Surveillance society 導入 は 公明党 が与党になってからである。
 
また 集団ストーカー 被害を訴える人の増大も、 与党 公明党 政権 以降 である。 
 (もちろん インターネット普及 という重大な変換点の時期でもあったからだろう。)
 
 
 私が 警察庁 主導でないと言い切るのには 理由がある。
 刑事課 勤務の警官は私の個人情報を全く把握していなかったからである。
 
 また、 法務省 傘下になる 刑務官 も私の個人情報を把握していなかった。
 
 だから、私は エタ 穢多 と 非人 は全く違う。 と言い続けてきた。
 
 刑務官 や 刑事課 を 江戸時代 において語れば、 非人 しか採用されなかった 獄吏 や 岡っ引き になるためである。  
 

 
  


 ※
 私が関東人なので、関西圏に信者が多い 新興宗教 とは縁がないため被害がない。 し現場確認ができない。  


 また生活圏で目にすることもない。   
 (黒住教・金光教・天理教・大本・摂理・統一教会・ヤマギシなど)   

 それらを記載していないのは身近に存在しないからに過ぎない。(彼らを肯定している訳ではない。)   


 自分の居住区域・ 東京都 東久留米市 で1980年代前半に 立正佼成会 が 公明党 と 創価学会員 によって 東久留米市から追い出されたことから、接することもなくなっている。 立正佼成会 のことは私には解らない。  (交流が無いため)  


11月16日真言宗・ 多聞寺・多摩330ね71-11


添付写真は玄関前の塀を車で破壊して、 私への 言論弾圧 をかけて 恫喝した 創価学会員の車。

 ナンバー  多摩330 ね 71-11
 破壊されたのは 11月 16日 太陽が沈んで警察官が帰宅しだした夕刻過ぎ。

 場所  多聞寺   東京都 東久留米市 本町四丁目  
 
  


 ※
 皆さんも自ら脚を運んで自らの経験と知識を活かして尻尾を掴んで欲しい。




 ※
 組織全体で個人情報収集がされていなかった 社民党や民主党などは省いた。
 
 上記二つのような組織で隣人創価が盗聴してのみ入手出来る個人情報を知っていたのは、在日韓国朝鮮関係者、あるいは部落同和関係者のみであった。


 在日韓国朝鮮や同和部落関係と日本医療薬学会を通じて当選した自民党議員は盗聴・個人情報収集をしている。

 


 (続く)


 

(続き)
政党を名乗りながら組織的に盗聴・個人情報を集めていたのは、日本共産党・創価学会公明党・幸福の科学幸福実現党であった。

部落エタ繋がり・在日韓国ペクチョン繋がりと言った個人的な他人の個人情報収集ではなかったため、政党そのものが危険団体・セクト・ファシズムと考える。

http://blog.livedoor.jp/bonhomierichard/archives/51553626.html
監視社会 密告社会 がもたらす 日本の未来