背乗り 両班 による
日本人根絶やし計画


名称は不明だが、存在している。


戦前・戦中だと思っていたが、奴ら背乗り両班と取り巻きの慌てふためく反応から、今も行われているようだ。


"もったい"つけて結論を先延ばししない私の文章は"金儲け"に繋げる輩からすると下手くそな文章らしいが、日本人をこれ以上背乗り両班に殺させないために結論から先に記載する。


※ 結論 ※


左翼 市民運動 などは 背乗り 両班 に管理されてきた。

在日と日本人の反日活動は、日本会議 創設者 である 笹川良一 会長 こと 文堯 先生 たち背乗り両班の掌の上でやらされているのだ。


" 左翼活動 = 猟犬 "

である。

日本人 を 保守派 愛国者 を自称する 背乗り両班たちの網に逃げ込ませるために 左翼 は存在する。

左翼 から逃れた日本人は助けて貰ったと思うだろう。
しかし、実際は家畜ナンバーをつけられたのである。


※戦中の日本人根絶やし計画は (続き) に記載する。



大韓民国 と 中華人民共和国 が 反日教育 をして 体制維持 をしている。

とりわけ、 背乗り 両班 の 故郷 である 韓国 からやって来る 左翼 市民団体 は 背乗り 両班 の 計画的な掌の上の 左翼活動 では無かった為に 焦りが出始めていた。


ましてや、ある韓国人が 日本財団 日本会議 創設者 である 笹川良一 会長を

「文堯先生じゃないですか!?」

と言ったのは悪気のない 敬称 だった。

何しろ、 両班 は 立派な人 という宣伝をしながら 日本人になりすます 背乗り をしてきたからだ。


しかしながら、私は彼ら 日本会議 が使う 符丁 暗号 である" 蜂 八 蜂蜜 日本蜜蜂 " などに 違和感 を覚えていたから近づかなかった。


なぜなら、
日本人は既に江戸時代、各城下町の和菓子屋が 砂糖 を使えており、 蜂蜜 なんていう 朝鮮土人 の 食い物 が暗号だったことに違和感を持った。

それに、

「日本蜜蜂 のようになって~ 」
という 日本会議 が使う 「訓」 は 日本 に存在しない!

江戸時代 室町時代 鎌倉時代 平安時代 奈良時代 飛鳥時代

いくら遡っても無いものは無い!

(続く)