集団ストーカー 盗聴  創価  嫌がらせ  ほのめかし  監視社会  密告社会  創価用語  符牒  符丁  暗号解読  日本独立   ジョン・ポール・ジョーンズ  John Paul Jones

集団ストーカー 監視社会 密告社会 盗聴 覗き 盗撮 ほのめかし 仄めかし 嫌がらせ 組織的な嫌がらせ 創価用語 符丁 符牒 暗号解読 拉致 行方不明 創価学会・工夕・白丁 による 監視社会。 夏目漱石 も 「坊ちゃん」 などで 被害を記載しています。 この 監視社会 ほのめかし は今に始まったことではなく、明治時代初期からあったことになります。  (大戦中には密告奨励もありました。) 言論弾圧の与党公明党政権時代に創価を批判したblogは次々と閉鎖させられました。 我々は民主主義を破壊し全体主義にしようとする様々な宗教法人にかくれた政治結社の正体を暴いていかなければなりません。 その政治結社は、ある時は左翼思想で人を取り込み、ある時は右翼思想で取り込んで民衆どうしを敵対させて掌の上でコントロールします。 頂点と頂点は裏でしっかりと利益で繋がっています。争わされているのは頂点が利権団体だったと気づかない民衆なのです。 ※ もし 集団ストーカー 監視社会 でここに訪れた人は、自分に嫌がらせする連中が誰か?自分の住む市役所を支配する市議会与党は誰か?調べてください。 加害者はあなたに直接暴力を振るった者、あなたに所有権があるモノを破壊した者、無断で不法侵入した者、個人情報保護に関する法律などに違反した、刑法で取り締まれる者だけです。(取り締まり対象外相手では時間が無駄になる。) ※ ここは幼少の頃から政治に慣れ親しんだ、 ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones   Bonhomme Richard flagship blog です。  私のアドレスを盗み勝手に盗み名乗る 妄想教祖 輿 水 氏 を信仰する 陰謀論者 は 黙って帰られよ。 ※ 陰謀論とは? 包丁で殺された時、殺人犯ではなく包丁製造業者を非難するような連中である。 結論は常に陰謀であり、 誰がそれをしたのか? を曖昧にし、全てを陰謀にして解決させる。 結局は何一つ解明できないのが大筋。理由は永続的な金儲けには永遠の巨大な不安を与えるのが効果的に詐欺的行為で稼げるため。   (あなたの家に不法侵入したのは ヨーロピアン・アフリカン・ユダヤ系ですか? )   実行犯が創価である以上、創価に金を貸したのが誰かなんて、あなたの境遇を改善できない裏話です。   こまめに証拠を集めて、警察に実行した犯罪者をつきだしていきましょう。   さすれば加害者の真実に近づきます。  

筆休め

虎とネコ3

絵本:「虎とネコ」

昔~昔。虎は獲物を上手く捕まえられませんでした。

そんな虎はネコさんに獲物の捕まえ方から何から何までも教わりました。

いつしか虎は「百獣の王」とまでいわれて恐れられるようになっていました。
虎は考えました。

「俺はあらゆる獲物を捕まえて食べてきたが、ネコだけはその味を知らない。」

そこで虎は恩あるネコさんに近づき、いきなり襲い掛かりました。

すると、ネコさんはひらりと身を翻して虎の攻撃をかわし、木に登りました。

そうです。虎は木に登れませんでした。
ネコさんは身を護る術だけは教えなかったのです。

(提供:聖教新聞・日テレ世界の絵本より。盗聴教団、創価にこれ以上教えるかよ。)

極東アジアで、猫は日本を意味すると考えます。

極東アジアで、自称 虎の國は 韓国です。

創価学会は八割の韓国人幹部が二割の顔見せだけの形骸化した代表の日本人幹部を恐怖支配している団体です。

彼ら日本猫も、恩を仇で返す韓国虎から逃げる手段は教えるなと言っている訳です。



『チョンは絶対に信じるな! 必ず裏切る。奴ら食糞猿人の歴史は恩を仇で返す歴史しかない!チョンを信用するな!』


※ 筆休め ※

cb6dd2aa.jpg

1a22a40f.jpg
続きを読む

争わない解決の模索5

ある姉妹が喧嘩をしていました。理由は一つのオレンジの奪い合いでした。
ところが、妹は果肉が食べたくてオレンジを欲していたのに、姉は皮を使ってマーマレードを作ろうとしていたのでした。

「もし、この姉妹が争う前に話しあっていたら争わなかったでしょう。」


これは昔のイギリスの有名な小話です。今でも英語圏の人たちには知られていると思います。




「カバチタレ」という漫画の第一巻にこんな話しがあります。

主人公は見習いとして栄田に付き従ってある会社の社長の相談を受けます。零細企業の社長は長く働いてくれている社員の不満が賃上げではないかと不安で仕方がありません。
主人公は自ら彼に話しを聴いてみることにしました。
すると不満を漏らしていた彼が長年社長に尽くしたのに新入りと同じ扱いなのが最大の不満だったのです。彼は賃上げ要求まではしていなかったのです。
そこで主人公の田村は彼に現場安全責任者という肩書きを社長自ら与えるように進言します。
社長がその通りすると、彼は再び会社に忠誠を尽くすようになりました。

「なんだ単純な奴だな」 栄田

「僕もこういう会社で働いていたから彼の気持ちが解るんですよ。」 田村

「田村さんあんたのお陰で大事な社員を二人とも失わずに済んだ。ありがとう。」 社長


最初に社長に相談を受けた栄田はどうやって体裁よく解雇するかだけを社長に献策していたのです。行政書士という彼の法律知識だけを利用して。



この作品でも、オレンジの奪い合いと同じく、相手の真意を確かめることの必要性と争わない解決の模索が描かれています。


(続く)

Pepsi-Cola & Coca-cola4

私が子供の頃に、親に初めてお小遣をねだった理由は小学校の同級生と遊んだ後で入る駄菓子屋さんでみんなが飲んでいた ペプシコーラ を飲むための\60~\70の購入代金だったと思う。当時は瓶商品だった。
その頃は、1977年前後であり、伊藤忠商事が三菱グループが推すCoca-colaに負けじと頑張っていた時代でもあった。

当時はサントリー・Pepsi-Colaではない。


なんでこんな話しからはじめたかと言うと。
Pepsi-Cola も Coca-cola も本社はアメリカ合衆国の会社なのだが、バックボーンが違うと言われているからである。
そしてこれは良く当たるから覚えて損はない。


私が1990年代にアラビア半島に行った時、アブダビ(UAE)のみアメリカンEnglishが通じた。
しかし、他のアラビア半島の国々では、白黒フィルム映画で聴いたブリテンEnglishしか通じなかった。

そんな地域の住民たちが愛飲していたのが Pepsi-Cola であった。

その後、同じ地域を21世紀に訪ねたが、現地住民たちが飲んでいたのは Coca-cola に変わっていた。
21世紀の彼らにはアメリカンEnglishが通じるようになっていた。



軍事的には同盟関係の米英だが、宗主国として地域支配出来ているのか?
簡単に判別する方法。↓↓

Pepsi-Cola なら イギリス。

Coca-cola なら アメリカ合衆国。

という図式である。

日本では 伊藤忠商事 が推進したPepsi-Colaが一度地域撤退し今ではサントリーが販売している。

また、Coca-colaを推進した三菱グループは創価学会と組んで低賃金な労働力を供給してもらっていた。



Pepsi-Cola のバックボーンにいるのが ロスチャイルド というイギリス在住の金貸し。

Coca-cola のバックボーンが ロックフェラー というアメリカ合衆国在住の金貸し。

野田 佳彦 総理大臣  3

野田 佳彦 総理大臣            
のだ よしひこ
  総理大臣への提言。



”迷っても商品を個人消費者が購入出来るためには、来年の給与が今より増える国でなければならない。”




”安心して国家や会社・社会に忠誠を誓わせたいなら、国民全てを正社員にして健康保健と退職金を払えなければならない。”





なんでこんなことを書いたかと言うと。



TPP 参加について、野田よしひこ首相が。

256a87b1.jpg


去年の首相就任以来、ご自信を 「どじょう」 と名乗られたり。 

添付写真は去年の春に購入した ドジョウ裂き包丁 (その後寝たきりでドジョウは食べれず。) 

(続く)

続きを読む

筆休め・本編と関係ありません。亡き祖父の話し。3

(筆休め・本編と関係ありません。)

今は亡き祖父は大東亜戦争(太平洋戦争)の時、東京上野近辺で将校さんたちの軍服を作っていた。
東京が爆撃を受ける話しを政府から聴き、故郷の信濃・長野県に疎開した。

私が幼少の頃に母方の祖父に聞いた。
「おじいちゃんは戦争行かなかったの?」
周りの大人たちが配慮して、言った。
「この世代の同窓生はみんな戦争に行ってないよ。ちょうど年齢が徴兵よりも高齢だったから。」
というのも、祖父は子供の時に遊びで高いところから落ちて、右腕を脱臼してしまい、当時の医師が元通りに治せなかったために腕を真っすぐ出来なかったからだ。
しかし、「塞翁が馬」って奴で、これがわざわいなのか?意図的に完治させなかった?なんて今ではわからない。

ただ、曾祖父様は大日本帝國海軍の軍艦調達費用を積極的に寄附したために財産がすっからかんになってしまっていた。

だから、もし亡き祖父の腕が壊れて無ければ海軍軍人になれる道もあったはずなのに。

亡き祖父は東京で育ったので蕎麦にうるさかった。生まれ故郷の信州の蕎麦は今では美味いかもしれないが、1980年代まで付けツユがなっていなかった。今売られているめんつゆは1990年代以降に改善された美味いツユであり、1980年代当時の信州の蕎麦の付けツユは子供の私から言っても金のとれるプロのツユでは無かった。1980年代前半、当時の長野県の蕎麦の名店であってすら、東京の立ち食い蕎麦屋にすら敵わなかったと私は思う。

「信州は蕎麦は美味いんだが、ツユがなってねぇんだよな。」(亡き祖父)

この話しはまたいつか話すことにする。

(続く)

続きを読む
プロフィール

bonhomierichard

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ