集団ストーカー 盗聴  創価  嫌がらせ  ほのめかし  監視社会  密告社会  創価用語  符牒  符丁  暗号解読  日本独立   ジョン・ポール・ジョーンズ  John Paul Jones

集団ストーカー 監視社会 密告社会 盗聴 覗き 盗撮 ほのめかし 仄めかし 嫌がらせ 組織的な嫌がらせ 創価用語 符丁 符牒 暗号解読 拉致 行方不明 創価学会・工夕・白丁 による 監視社会。 夏目漱石 も 「坊ちゃん」 などで 被害を記載しています。 この 監視社会 ほのめかし は今に始まったことではなく、明治時代初期からあったことになります。  (大戦中には密告奨励もありました。) 言論弾圧の与党公明党政権時代に創価を批判したblogは次々と閉鎖させられました。 我々は民主主義を破壊し全体主義にしようとする様々な宗教法人にかくれた政治結社の正体を暴いていかなければなりません。 その政治結社は、ある時は左翼思想で人を取り込み、ある時は右翼思想で取り込んで民衆どうしを敵対させて掌の上でコントロールします。 頂点と頂点は裏でしっかりと利益で繋がっています。争わされているのは頂点が利権団体だったと気づかない民衆なのです。 ※ もし 集団ストーカー 監視社会 でここに訪れた人は、自分に嫌がらせする連中が誰か?自分の住む市役所を支配する市議会与党は誰か?調べてください。 加害者はあなたに直接暴力を振るった者、あなたに所有権があるモノを破壊した者、無断で不法侵入した者、個人情報保護に関する法律などに違反した、刑法で取り締まれる者だけです。(取り締まり対象外相手では時間が無駄になる。) ※ ここは幼少の頃から政治に慣れ親しんだ、 ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones   Bonhomme Richard flagship blog です。  私のアドレスを盗み勝手に盗み名乗る 妄想教祖 輿 水 氏 を信仰する 陰謀論者 は 黙って帰られよ。 ※ 陰謀論とは? 包丁で殺された時、殺人犯ではなく包丁製造業者を非難するような連中である。 結論は常に陰謀であり、 誰がそれをしたのか? を曖昧にし、全てを陰謀にして解決させる。 結局は何一つ解明できないのが大筋。理由は永続的な金儲けには永遠の巨大な不安を与えるのが効果的に詐欺的行為で稼げるため。   (あなたの家に不法侵入したのは ヨーロピアン・アフリカン・ユダヤ系ですか? )   実行犯が創価である以上、創価に金を貸したのが誰かなんて、あなたの境遇を改善できない裏話です。   こまめに証拠を集めて、警察に実行した犯罪者をつきだしていきましょう。   さすれば加害者の真実に近づきます。  

皮革産業と屠殺産業

集団ストーカー 組織的嫌がらせ エタ が口封じしたいこと。3

皮革産業と屠殺産業 続き1

集団ストーカー 組織的嫌がらせ エタ カワタ が口封じしたいこと。

奈良時代からカワタ(エタ)が特権階級であり、盗聴、密告、集団監視社会の構成員だった歴史の事実をこのブログに記載して以来、私に対して「嫌がらせ」「ほのめかし」が増えた。
しかも、その組織的嫌がらせが創価学会員たちによる集団ストーカーというよりも、
キリスト教(朝鮮人教祖が創ったカルト宗教)や日本人イスラム教徒からの嫌がらせである。

彼らに共通点があるとすれば カワタ (エタ)であることだけである。

またしても、カワタ (エタ)が奈良時代から続く集団監視社会、密告社会の構成員であることが証明された。



皮革産業と屠殺産業1

皮革産業

昔から日本(大和山城)に存在していた皮革産業は屠殺を行い川原で皮をなめした。

「カワタ」

別名「エタ」

とよばれていた。

彼らの仕事は屠殺と皮なめしであるが、彼らの副業は日本列島をくまなく監視して日本列島の陰の支配者(天皇)に長吏を通して密告して生きることであった。

関東のような東国には戦国時代に「カワタ」が存在せず(大和や山城のような天皇を頂点とする都が無かったため)、鎧の生産に困窮して大和、山城などから「カワタ」を呼び寄せた。

「カワタ」による集団監視社会つまり密告社会が現在日本にある集団ストーカーである。

集団監視社会で入手した個人情報は「カワタ」(エタ)の長である「長吏」に報告した。


現在日本の「カワタ」をまとめる「長吏」の最大組織が「創価学会」の池田大作、池田香峯子夫妻である。

皮革産業、屠殺産業と癒着している部落解放同盟(水平社)と創価学会による「組織的嫌がらせ」と「集団ストーカー」被害者が増える一方である。

与党公明党時代に毎年日本で三万人以上も自殺を迫られてきた。

いったい誰が本当に差別迫害されて来たのだろうか?
「差別だ!」
と街宣車で騒いでいた部落解放同盟の連中から餓死者を輩出しなかった。
続きを読む
プロフィール

bonhomierichard

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ