集団ストーカー 盗聴  創価  嫌がらせ  ほのめかし  監視社会  密告社会  創価用語  符牒  符丁  暗号解読  日本独立   ジョン・ポール・ジョーンズ  John Paul Jones

集団ストーカー 監視社会 密告社会 盗聴 覗き 盗撮 ほのめかし 仄めかし 嫌がらせ 組織的な嫌がらせ 創価用語 符丁 符牒 暗号解読 拉致 行方不明 創価学会・工夕・白丁 による 監視社会。 夏目漱石 も 「坊ちゃん」 などで 被害を記載しています。 この 監視社会 ほのめかし は今に始まったことではなく、明治時代初期からあったことになります。  (大戦中には密告奨励もありました。) 言論弾圧の与党公明党政権時代に創価を批判したblogは次々と閉鎖させられました。 我々は民主主義を破壊し全体主義にしようとする様々な宗教法人にかくれた政治結社の正体を暴いていかなければなりません。 その政治結社は、ある時は左翼思想で人を取り込み、ある時は右翼思想で取り込んで民衆どうしを敵対させて掌の上でコントロールします。 頂点と頂点は裏でしっかりと利益で繋がっています。争わされているのは頂点が利権団体だったと気づかない民衆なのです。 ※ もし 集団ストーカー 監視社会 でここに訪れた人は、自分に嫌がらせする連中が誰か?自分の住む市役所を支配する市議会与党は誰か?調べてください。 加害者はあなたに直接暴力を振るった者、あなたに所有権があるモノを破壊した者、無断で不法侵入した者、個人情報保護に関する法律などに違反した、刑法で取り締まれる者だけです。(取り締まり対象外相手では時間が無駄になる。) ※ ここは幼少の頃から政治に慣れ親しんだ、 ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones   Bonhomme Richard flagship blog です。  私のアドレスを盗み勝手に盗み名乗る 妄想教祖 輿 水 氏 を信仰する 陰謀論者 は 黙って帰られよ。 ※ 陰謀論とは? 包丁で殺された時、殺人犯ではなく包丁製造業者を非難するような連中である。 結論は常に陰謀であり、 誰がそれをしたのか? を曖昧にし、全てを陰謀にして解決させる。 結局は何一つ解明できないのが大筋。理由は永続的な金儲けには永遠の巨大な不安を与えるのが効果的に詐欺的行為で稼げるため。   (あなたの家に不法侵入したのは ヨーロピアン・アフリカン・ユダヤ系ですか? )   実行犯が創価である以上、創価に金を貸したのが誰かなんて、あなたの境遇を改善できない裏話です。   こまめに証拠を集めて、警察に実行した犯罪者をつきだしていきましょう。   さすれば加害者の真実に近づきます。  

集団ストーカー被害者

集団ストーカー被害者 組織的嫌がらせ被害者 が被害を訴えるために不要な言葉3

集団ストーカー被害者
組織的嫌がらせ被害者
が被害届を提出するのに不要な言葉。

集団ストーカー
電磁波攻撃
思考盗聴
その他 自称被害者を名乗って有名になっている工作員たちが組織を挙げて流行らせている 造語 全てが要らない。

簡単に言えば、 集団ストーカー 対策法 なんて法律は存在しない。
また、弁護士に相談した人がいる。
「私、集ストに思考盗聴されて電磁波攻撃受けているんです。」被害者
「あの、集ストって何でしょうか?思考盗聴って何でしょうか?電磁波攻撃って何でしょうか?」弁護士
(省略)
「まず電磁波攻撃が事実ならば法律事務所ではなく、病院に行って診断書をもらって下さい。診断書に記載された全治○○日が加害者が犯した傷害罪と判断されます。それから法律事務所にお越しください。」 弁護士

と言われます。


孤立させられる筈の組織的嫌がらせ被害者なのに、インターネットで有名な人の一部には勝手に作った法律家が認めていない造語を流行らせるのが得意な自称被害者こと工作員がいます。
見分け方はこの場合簡単です。
法律家が認めていない造語を流行らせているブログ主が自称被害者で工作員です。相手にしないことです。

我々本当の被害者に必要なことは政治やイデオロギーではありません。
超党派の議員さんたちに被害を訴えていくことです。
たくさんの法律家さんたちに被害を訴えることです。
それを妨げる連中は創価の手先の工作員と考えて構いません。
法律で使えない造語だらけに洗脳されて自分の被害を法律家や政治家に訴えられないように仕向けるサイトは二度と読まないことです。
(続く)



続きを読む

集団ストーカー被害者 たちの使う 用語解説2

集団ストーカー被害者たちの使う用語解説。

アンカリング
対象者ターゲットに意図的に印象付けさせる行為。
「お前をいつも付け回して監視してるぞ。」
と言う行為。
集団ストーカー 組織的嫌がらせ 集団 監視社会 密告社会 構成員 はわざと部屋に入った形跡(長い白髪など)を残し、監視が集団であることを見せつけるために車の色やナンバープレート番号を同じにしてターゲットの記憶に焼きつける。
これを アンカリング と言う。
(他は続き→)

隠れ創価 集団ストーカー被害者 と 自称被害者4

隠れ創価 集団ストーカー被害者 と 自称被害者

創価学会 と言う国際危険団体指定されているテロリストたちは創価学会以外の組織団体に隠れ創価を配置して、集団監視をさせている。

言うまでもなく、創価学会による組織的ストーカー被害者たちにも監視の目はある。
そのために必要なことが、自称被害者にブログを書かせることである。
その自称集団ストーカー被害者に共通した特徴がある。
被害者同士の活動に積極的であり、本当の被害者の発言を低下させる工作をする。
その自称被害者は警察に被害届けを提出していない。
被害届けを提出することの重要性は、被害届けを提出した人がその被害届けがウソだった場合は公文書に関する法律違反で刑事罰を受けるからである。
すなわち、被害届けを警察に提出した人が偽被害者であることはない。

また、被害届けを警察に提出したことがない人がどれほどの有名人だったとしても彼が自称被害者である限り、創価学会員の手先と呼ばれても仕方ない。


参考になる資料はまた後ほど記載します。


続きを読む
プロフィール

bonhomierichard

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ