2005年04月18日

ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人


ST警視庁科学特捜班―毒物殺人
今野 敏

前作を読んですぐに手にとりました。
魅力なのは、STの面々と百合根と菊川。
STってひょうひょうとしてるんです。
顔に出さずにしっかり本質を把握してるったかんじなんです。
お互いもつかず離れずといったかんじだし。
あぁ魅力的。
それにしても事件の中心、八神秋子アナ…
私はちょっと苦手な方でした。
自意識過剰なうえに恋人に湯水のように貢がせる(?)なんてね。
さて次の事件はどんなのかしら。気になります。

詳しい感想はコチラから。

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
今回の闘う女達は 「ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル」今野敏 講談社ノベルズ  2005年1月10日発行。 「人気ソリスト柚木優子の所有する、一億円のバイオリン、ストラディバリウスが盗まれた!リハーサル会場への移動中に起きた、不可解なすり替え事件。さらに
ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル 今野敏【闘う女達への応援歌!日記】at 2005年06月17日 14:52
今回の闘う女達は 「ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル」今野敏 講談社ノベルズ  2005年1月10日発行。 「人気ソリスト柚木優子の所有する、一億円のバイオリン、ストラディバリウスが盗まれた!リハーサル会場への移動中に起きた、不可解なすり替え事件。さらに
ST警視庁科学特捜班 緑の調査ファイル 今野敏【闘う女達への応援歌!日記】at 2005年06月17日 14:52
この記事へのコメント
こんにちは、初コメント、北里です。
STシリーズ、エキスパート軍団の活躍がいいですよね。
しかし、色別に主役をやっていたなんて、今回はじめて気づきました。
不覚です。初トラックバックもやっているので、よろしく〜です。
Posted by 北里 at 2005年06月17日 14:51
北里さん はじめまして こんばんは。
STシリーズは面白いですよね。
結末もほっとできるものだし、安心して読めますよね。
私は色別に主役になってるので次は?と楽しみに読んでました。
この次は誰が主役なんでしょうね。
TBもありがとうございました。
Posted by bon at 2005年06月18日 23:35