トップページ » ワイン
ワイン

2018年ブルゴーニュ収獲始まりました

ジャンフィリップ マルシャンは以前のジュヴレシャンベルタンの醸造所と新たに父クロード・マルシャンの(死去された)カーヴのモレサンドニでも醸造を始めています。
早いところで コートドールの南のマランジェで9月11日ですでに収獲 コールドマセラシオンをしています。(写真) モレサンドニのカーヴではムルソーの果汁を圧搾中です。(9月17日 写真)

スクリーンショット 2019-09-22 14.51.57

スクリーンショット 2019-09-22 14.52.52


bonilibonili  at 15:10 この記事をクリップ! 

2017ブルゴーニュ収獲始まりました

ブルゴーニュの収獲2017が始まりました。
シャサーニュモンラッシェ村のドメーヌ バデ・ミミュールから収獲の写真が届きました。


bader mimeur2017vantage1




bonilibonili  at 14:07 この記事をクリップ! 

Poire Williams 5


コニャックペイローが造るリキュールは原酒に若いグランシャンパーニュ規格のアルコールを使用。 ここですでに味わいが違っています。 さらに20%のポワールを混ぜたもの。

アンドレアス・ラッソンとマルクス・デル・モネゴのブラインドにより高評価。

新しいラベルで今後登場いたします。









cce5f61f.jpg



bonilibonili  at 10:01 この記事をクリップ! 

シャトーファルファが Telerama誌9月号に紹介されました。

『テレラマ』誌はテレビ・映画・音楽など芸術を紹介するフランスの有名誌です。
今回の取材は 「どの良いワインがあなたはお好き?」というタイトルで
ボルドーの5つのシャトーが紹介されています。
○Falfas
○Chateau La Grolet
○Chateau Le Puy
○Chateau Clos Puy Arnaud
○Chateau Palmer

シャトーファルファは1986年位の年号から今日までずっと輸入しています。
2005年にはご夫婦に来て頂き会社で特別セミナーもしました。

亡き夫のあとヴェロニックは有名シャトーを引き継いでいます。 彼女のお父さんは
かの有名なフランス ビオディナミの教祖であるフランソワ・ブーシェ氏の娘です。
彼は今のニコラ・ジョリーを始めルフレーヴ、ほかフランス ビオディナミの先駆者を育てました。
詳しい記事は 下記よりダウンロードください。
http://www.bonili.com/index.html


ch falfas veronique







bonilibonili  at 11:56 この記事をクリップ! 

サヴォアのセイセル地区のスパークリング日本初登場 ロイヤルセイセル

フランス サヴォア地方セイセル地区のスパークリングが間もなく日本に初登場です。
お手頃なスパークンングの価格ですがかなりのレベル。
今回のロット2008年はサヴォアのコンクールで2012年に一位金賞を受賞(Trophee Or )

ロイヤル セイセル 2008 / カーヴ・ド・ランベール

セイセルの原産地はローヌ河のほとり標高200から400mに位置します。
1930年にカーヴは誕生しました。 ジェラール・ランベールは1988年に
引き継ぎ、カーヴに大きな投資を行い近代的に生まれ変わりました。

ロイヤルセイセルはそのフラッグシップのスパークリングワインです。
品種は モレット と アルテス(ルーセットとも呼ばれる)をアッサンブラージュ
瓶内発酵が済んでも通常3年から4年(多くは1年ぐらいのところ)は瓶熟成されます。












bonilibonili  at 15:04 この記事をクリップ!