続・フリーター的かーどげぇむ

しがない嘱託職員によるTCG《Z/X(ゼクス)》についてが中心のブログ。
主に雑記、カード考察デッキ考察が主。 カビゴン似な元フリーターがお送りします。

生存報告 2016年、夏

生きてました。
どうも、ぼんすけです。
一年以上放りっぱなしにしていたこのブログも、何らかのけじめをつけようかなと考えて久しぶりに更新させていただきました。
とりあえず近況報告としては、3人ともまだまだZ/X一筋のカードゲーマーということと、一応動画更新の意思はあるということです。
更新が滞った理由は、諸事情により自分の動画作成の為の時間調整が難しくなった点、撮影日が合わない(自分は土日基本仕事で、veruは日曜のみ、ウズラは不定休)こと、これらによって動画作成に対するモチベーションが下がったことです。最後のは自分が気合いを入れれば済んでいた話なんですけど。
これらの問題が割と解消いたしまして、まだまだ3人のZ/Xに対するモチベーションが高かったため、今回の17弾発売を切っ掛けに再開させていただいた次第です。
この一年間、Z/Xに触れる機会がなかったわけでもなく、むしろ地元の公認大会に毎週出てました。そっちが楽しくて動画撮影って感じじゃなかったのもあるかもね

まぁ長ったらしい文章をここまで書きましたが、要するに これからも 動画更新 しますよ! ってことがわかって貰えればこれ幸いで。
更新間隔ですが、大体1月に1個上がったらいいかな、ぐらいで宜しくお願いします。
自分たちが投稿を始めた頃は、かなり対戦動画も少なく、「Z/X 対戦動画」でググるとウチの動画が一番上に来るぐらいの過疎っぷりでしたが、ざっと見た感じでも現時点で自分たちより遥かにプレイイングが上手かったり、編集にも凝っていて見やすかったり、それでいて更新間隔が短いどうがっていうのはかなり投稿されていました。
正直自分たちに対する需要がかなり薄まっているのは百も承知ですが、まぁまぁのおっさんの道楽で、ぼちぼち動画投稿していきますので、お時間があればご贔屓にしていただければな、と思います。



つらつらと私事ばかり並べて申訳ないです、とりあえず今回はこの辺で終わっておきます。
ブログの更新についてですが、今回のを区切りに打ち止めるかもしれません。Twitterなどでもご意見ご要望いただけますので、改まって更新するのも二度手間かなぁ、と思います。このあたりについて決まったらまたブログのほうで更新させていただきますね。


それではこの辺で、失礼いたします。



ぼんすけ


最後に17弾の開封動画乗せときます! ぼんすけに舞い降りた悲劇、そしてそれをあざ笑うかのように豪運を見せつけるウズラとveru! こうご期待!



※追伸、アクセス数毎日3とか4とかありました。見てくれていた人、ありがとうございます。

Z/X対戦動画Part.28 【青黒トリックベルゼアニムスVS赤緑明智光秀】



半年ぶりです、すいません。
どうも、ぼんすけです。
前回の記事から半年たってることに驚きを隠しきれません。
そして13弾発売直前に12弾のカードを初めて使うという。毎度のことながら申し訳ないです。
一応対戦自体は20本近く撮影してあるんですけど、どれも動きを見せることが出来ず普通にIGゲーをやって終わり、みたいな展開ばかりになってしまっているので、お蔵入りばっかりになってます。それでもどっかで紹介できたらいいな。

さて、今回のデッキですが片一方はまったく12弾に関係のないデッキになっています。
3月のヒロイックサーガに持っていったデッキなんですが、いつか動画にしたいと思いながら4か月たってました(ぇ
コンセプトはトリックショットを使いたい、です。いかんせんパワーが弱い上に、重くてさらには回収効果もランダムで使いづらい印象の強いトリックショットですが、イラストがすんげぇ好みなので何とか使ってやりたく、今回のデッキを作りました。二種類のゼクスレアを突っ込んだので、きちんと回るか心配だったのですが、発動率は8割から9割で地味に勝率も高い! いける!(ぇ
ちなみにアニムスは2枚しか積んでいないのでライフに埋まってるとほぼ詰みです(ぇ デッキにあれば、テルルや風海警部補でざぶざぶドローしていくので、案外と手札に来ます。なので手札にないときはイグニッション控えめで。
動画ではIGが当たって、ラッキーな側面もあるかな? って展開でしたが、普段でもメノーテやType.XIでIGさせないように気を付ければ、アニムスの発動圏内まで引きづり込めるので、中々やりおります。アニムスが2枚しか手に入らなかったので今回は2枚しか使っていませんが、4枚持っている方はベルゼブブの枠を削ってアニムスにすればさらに安定するかと。ただベルゼブブも10500の打点として中々貴重なので、その辺りは自分との相談で。


一方あまりに可哀想な展開になった明智光秀ですが、あのカードの守備力はえげつないものがあります。
2万バーンで、ある程度大きいゼクスを含んでも2枚近く一気に除去出来、更に自身のパワーも11000あるので苦しい盤面を一気にひっくり返すことが出来るのは大きいです。信長様の鉄砲を手打ちしてトラッシュに3枚揃え、更に光秀のバーンで攻撃をしのぐ、アタシの話、聞けですの!で除外されたカードをトラッシュに戻して再び光秀のバーンでしのぐ、というパターンに入ると中々堅くなり、突破は難しくなります。
更に光秀の効果がリソースを消費しないのも大きな利点です。光秀自体が8コストと非常に重いのですが、自身の効果でリソース消費なしで自信を守ることが出来るため、場への滞在率は高いですね。更に相手へのプレッシャーが非常に重いので、このカードを倒すために大型ゼクスを2回出してくれればよし、小型のゼクスで手札を大きく消費してくれてもよし、除去されるのを嫌って光秀に触ってこなければなおよし、ですね。
弱点はデッキが非常に重い構築になること、アクターレとピュアフロン相手には完全に無力になることですね。特に両カードとも、攻めに使われるとほとんど防御が出来なくなり、一気にゲームエンドへと近づく恐れがあります。
プレイヤーに光秀を立ててから、もたもたせずにどんどん攻めることが大切になりそうですね。


次回投稿は7月中には行いたいと思います。今回はホントですよ(ぇ
ただ、13弾発売後になりますが、使用するカード郡は12弾のものになると思います。申し訳ありません。



それでは今日はこの辺で、失礼いたします。


ぼんすけ。

Z/Xデッキレシピ【青緑t黒ダンサー永次主アサギ】<コメ返し有り>

10弾の考察1回やっただけで11弾の発売を迎えてしまった……。
どうも、ぼんすけです。
10弾、そして日本一2のカードに碌に触れることなく11弾発売となりました。やばいです、正直(ぇ
動画を撮る時間がまるでないのでどうしたものかと思案中です。
とりあえず何もしないのは面白くないな、と思い。最近ちょいちょい大会で使ってるデッキを紹介させていただきます。
毎度のことながら、ダンサーです(ぇ

DSC_0091

<青緑t黒ダンサー永次主アサギ>
-7コスト-
遠の回作の人公アサギ》 4枚
つまりデッキタイトルはそういうことです(ぇ
ダンサーと死ぬほど相性がいいです。こいつ自身ダンサーで出ながら、百騎兵や2コスメタリカなんかの軽くて有用なカードを手札に戻しつつ、5コストの強力なカードを呼び起こせます。ダンサーで出したアサギを、別のアサギで回収しても強いです。
対象になる5コストのカードとしてはヘリカルや跋難陀の様な使いやすい起動持ちや、自由悪逆の様な登場時効果もちのカード。色が合いませんでしたので今回は採用していませんが、5コスアレキサンダーや5コスティラノなんかも好相性です。

《碧天の鉄爪 禊萩》 2枚
ダンサーで出す対象その2。
デッキ内容上、リソースが増えて対戦が長引くため後半になればなるほど強くなります。序盤、紅葉狩りの置き場に困るので、躊躇なくリソースへ埋めることが可能。百騎兵呼んでも2コスメタリカ読んでも強いです。自由悪逆との相性も○

-6コスト-
《わがまま女王マスティハ》 2枚
ダンサーで出す対象その3。
リソースが増えても思うようなカードを手札に引き込めないと意味がないので、そのアシスト。ダンサーから出て、自身の効果でダンサーを回収すれば相手にプレッシャーを与えながら戦うことも出来ます。何より9000と打点が良し。

《舞踏骸骨スケルタルダンサー》 4枚
出来ればこれ系統のデッキは今回限りにしたいなぁ。
毎度おなじみ、強力なリソースリンク。ダンサーで出したカードでプレイヤーを殴りながら、アサギの効果で手札に引き込んで自軍エリアを固めるのがこのデッキのコンセプト。ダンサーで出すカードに割と融通が利くのがこのデッキの利点です。タイプとしてはダンサーインフェクトの亜種みたいな感じですね。

-5コスト-
《八大龍王 跋難陀》 4枚
お馴染みとなったリソブカード。最速で使うのは難しいですが、使えれば非常に強力な上にコスト要らず。このデッキにおいてはダンサーで出てきた後ブースト、更にはアサギで回収のち即出してブースト、過労死カードです。禊萩もいるので割と頻繁にブーストしても大丈夫ですが、残りデッキ枚数とは相談で。

《螺旋竜ヘリカルフォート》 3枚
お手軽手札補充カード。序盤はリソースリンクをそろえるためにお仕事、後半は攻撃の手を絶やさないためにお仕事。リソースは無尽蔵に貯まるので、発動の機会は割と多めです。

《自由悪逆のメタリカ》 3枚
基本的な仕事は跋難陀と同じです。禊萩の為に百騎兵や2コスメタリカ、または自分自身をリソースへ送るのが役目。同じくアサギから出ます。要らないと感じたことはありませんが、同じ役目のカードが多いので枚数を少し減らしてみてもいいかもしれません。

《魅惑の七支刀 月下香》 1枚
画像ではラビラになっていますが、結局月下香に換えました。
爆発的にリソースが増えるため、13000~14000ぐらいパワーが出ることは珍しくありませんでした。素出しでも十分強いですし、アサギで相手プレイヤー横に登場させられればプレッシャーになります。この枠に関しては調整中です。

-4コスト-
《思希者アマディウス》 4枚
リソリンの片割れ。アルターフォースを2種類使っているため、アマディウスの仕事も結構重要です。手札を2枚入れ替えることが出来るのは強い。

-3コスト-
《紅葉狩り》 2枚
緑に突如現れた強力ドローソース。3コストと若干重めですが、緑デッキではあまり関係ありません。
主に使い終わったダンサーを回収するのが仕事です。2枚握れば相当なプレッシャーになり、また紅葉狩りの効果でダンサーが発動することもごくまれにあります。5コスト菖蒲と迷いましたが、相手の攻め終わりに合わせてうてば、カウンターのダンサーが非常に効果的になるのでとりあえずはこちらを採用。

-IG-
《修行中の跋難陀》 4枚
跋難陀を使うので(ぇ

《伝説の魔神 百騎兵》 8枚
採用枚数は少なめですが十分働きます。このデッキの影の主役です。

《沼の魔女メタリカ》 4枚
6000打点まで出る馬鹿みたいに強いヴォイドブリンガー。メタリカ百騎兵に限らず割とどんなデッキでも強いと思います。

《パジャマのアサギ》 4枚
7コスアサギのフォースに。バニラライフリカバリーですが、効果付きライリカを無理に使い必要はないかなと思い、あえてこちらを採用。百騎兵のせいで枠がなかった

-スタート-
《臨戦態勢のアサギ》
アサギのフォース候補で。速攻相手に誤魔化すためにも有用です。


というわけでこんな感じのデッキを組んでみました。とりあえず試験的に思いつくままの5コストカードを突っ込んでみましたが、ほかにもやりようはいくらでもありそうなデッキタイプです。
とってもつよい7こすあさぎが なぜかとてもやすいので みんなもぜひ くんでみよう!(ぇ



それではコメ返信をば。毎度遅くなってすいません。
>>ナリさん
毎度ありがとうございます。今回も遅くなりましt(ry
サイクロンは使ってみるとかなり便利ですよw 自分のゼクスも戻せますしw
青のバウンス、デッキバウンス系はこういう地味でも結構強いカードが多い気がします、こういうのを探し出して活躍させるのは面白いですねw

>>ぺんたるさん
コメントありがとうございます、遅くなって申し訳ない!
フリーズは確かに強いんですけど、どうしても種族縛りのカードは使われない傾向にありますよね;^^破格の能力なんですけどねぇ。
いろんなカードゲームをやりましたが、やはりどのゲームもコスト踏み倒しは強いといいますか、それありきになってしまうのがちょっとだけ残念です。特にダンサーは2コストで7コストのゼクスを登場させる、5コストも踏み倒ししていますからねぇ。

ボックス開封は12弾で再開する、かも?(ぇ カードラインナップによりますが、今はデッキ構築を思いついたカードだけをシングルで買っている状態なので、時間に余裕があればぜひそちらの撮影も行いたいと思います。





それでは今日はこの辺で、失礼いたします。


ぼんすけ。
最新コメント
関西在住のカードゲーマー(カビゴン体系)。
主にZ/Xを中心に遊んでます。
対戦動画・カード考察・デッキ紹介など、幅広くやっていきます。

キャラスリなんかを多用しますので、そういうのを受け付けない方には申し訳ございません。

対戦動画
youtubeのチャンネルはこちら

↓参加プレイヤー↓
<ぼんすけ>
カビゴン。うるさいことの方が多い。
好不調の波が異常に激しい。
イラストが可愛ければ何でも良い。

<ウズラ>
メガネ枠。
ゼクスを内輪に広めた。プレイイングが偶に投げやり。
Z/Xストーリーマニア。中二病。

<VERU>
眠そう。
プレイング(ぼんすけ談)とデッキ構築(ウズラ談)は3人の中で一番うまい。
要するにカードゲームが上手い。ただ絶望的に不運。
Twitter
ランキング参加中です


宜しければ是非お願いいたします!

  • ライブドアブログ