2016年04月22日

久々告知!

久しぶりのlivedoor blogっす。
FBも言いけど たまにはこっちも…。

昨夜のNOLAは男祭りで上がってたね!後半何かと記憶がアレだったけど最高に楽しかったのは憶えてますw

そして来週24日(日) space土chantの優斗がNY時代の悪友?中村哲也というヤバそうなギターリストの人とSession Liveです!その名も
『ASTRONOMICA』
☆WakuWaku銀河調和ツアー☆

image


image


これはヤバイでしょ。また大地と宇宙と繋がっちゃうよ。 フライヤーでは21:00open22:00startとなってますが多分20時Openの21時Startだと思います。前売り当日共に2000円/1drink付きとなっております!皆んなでメディテーションしましょねwお待ちしております。



そして翌日25日(月)はDJ.bigyamaとpercus.U+MEの『真夜中のジャズクラブ』です!
テーマを考え良い音をselectしNEGRAのU+MEちゃんとのsessionは毎度気持ち良い夜にしてくれます。ROD時代を含め12.3年間毎月回してくれてるbigyama氏。間違いない小樽のDJの1人です!お気軽にフラリとどーぞ!



そして来月5月6日(金) 椎名純平LIVEです。ソウルフルな甘く危険なスイートヴォイス。まさに彼にピッタリなフレーズですね。

image


image



今回で早くも3回目の純平LIVEですが、彼の唄声とフェンダーローズの音でまたしても女性客の目をハートマークに変えてしまう事でしょう。その他ギター、ベース、ドラム、コーラスと前回同様ハメられるsetとなっております。楽しみです!
前売り3000円/別途1drink購入
当日 3500円/別途1drink購入
Open20:00 Start21:00 となっております。
電話予約かこのページからでも前売り扱いしますので連絡くださいね。

やっぱ音楽とサーフィンとスノーボードがあれば栄養行き届くわぁ〜。


あ、どれも小樽のbar BONZで行われるイベントです。引っ越したので住所は小樽市花園1-11-18北欧館ビル2fです。遊びに来て下さいねー!

bonzbonz at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 芸術 BONZ 

2014年07月08日

とうとう決めました!




もう、、ほんとね、
こんなにもヤラレてるの久々だけど〜〜〜!!

会う人会う人に痩せた?
なんか病気?とか悪い事してるんじゃないの〜?
アスカ?。。とダイエットとか薬に全く興味ない俺にとっては
散々な8ヶ月でした。。


ま、それはさておきopen日決めました!!
今月7/23(水) NewBONZあけます!

そして会ってない人や住所の分からない人の為に
ここで告知します!


ちゃんと読んで下さいね〜〜ww


7/13(日)  BONZ最後の夜  Last Walts DJ.Party
7/23 new open!!
7/28(月) 椎名純平Live 小樽初上陸!


すべてが日々起こらない非日常

明日仕事だから。。よく聞く言葉、、
仕事は毎日してる事だし非日常はチョット無理しなかったら
味わえないよ。。家でウダウダしてたって身体は休めれても
所詮、マンネリズムww
毎日ちゃんと寝なくたって死にゃしねぇって〜ww

1日24時間はみんな平等に与えられた時間
充実した時間を人生を歩みたければ寝るヒマ惜しんで楽しめって〜w


金無くても遊びにこいや〜〜



移転開店の案内フライヤー
椎名純平Live


bonzbonz at 05:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 芸術 BONZ 

2014年07月02日

2014.SIDESLIDE Live@BONZ

まぁ1月のネタなんだけどさ。。
今頃なんだけどさ。。

KAZZとKeisonが正式にSideSlideというユニットで
BONZでLiveやってくれた!

やっぱいつも通り格好良くってさ!
いつも通り脱いじゃってさ!

そんな夜を大好きな雑誌『BLUE』に書かれちゃってさww
一緒に来てたマサが筆者だったとは!爆

脱がしたのも壁叩いてたのも、もう一人の俺です。。
いや、俺の身体を借りたテキーラの仕業だな。。


12345





















































678910111213

bonzbonz at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 芸術 BONZ 

2014年06月20日

リフォームのナツミ 小樽BONZ 新店舗製作Vol.1




Blog書く暇なかったっす。。
大工さんに解体、床、壁やってもらって
俺の作業開始が11/21からで1/22のsideslideのliveまでの
約2ヶ月床に絵を描くトコからスタートしカウンターバック棚やカウンター製作
壁を左官しながらも島と波を描いたり腰下作ったり。。一人の戦いがはじまった。。
しかも、ただ切って貼ってじゃないトーチで焼いて木目出してからオイルステン塗ったり
とかサンダーで角を丸く削ってから貼るとか。。もうオタクっす。。
2、3回シゲ晴れやユウに床にオイルステン塗ってもらったり手伝ってもらったれど
ず〜〜〜〜っと1人作業。。キツかった〜〜〜〜!!!
まずはlive前日までの進捗状況写真をザザっとUPします。
あとは次回UPします!


123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343537

bonzbonz at 05:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) なんちゃって大工遊び | 音楽 芸術 BONZ

2014年03月14日

冬の穴滝!



先月後半、小樽が誇る秘境。
冬の穴滝を見たくて久々にmt'kawaを誘い行って来ました!

前日の暖気でイイ感じに雪も締まっててツボ足で行けました!

12345















































































































川の水は凍ってるし氷の中を滝の水が通ってるし
スゲェ〜神秘的!!

夏には行けない滝の上にも行けたし

頑張って来た甲斐がありました〜


そしてここで、いつもの男飯!

6




























食後、何気に松倉岩行けるかな〜?って話したら
向かう事になりました!

穴滝から奥へ奥へ向かうと、もう途中からスノーシューハイク。
約1時間30分、鉄塔を越え歩くも見つかりません!
トレースもなくシューでラッセル。。結構キツかった。。


途方に暮れ

7




























そして一度鉄塔まで戻るとkawaがこっちだったかもと。。
違う道からまた向かいます。

ドクロから1時間チョイ、やっと松倉岩に到着〜!

8





















早速、裏から回り込み岩に登りました!
そこからは小樽の町が遠くに。

9



























その後、時間も16時近かったので大至急下山です!

途中の夕陽を浴びた景色もやばかった〜〜

10





















足もガッチリやられてて久々ハード!
なんとか無事車まで着いたけど暗闇下山だったぁ〜〜

11



























やんや、久々に滑らない冬山だったなぁ〜
けど、中々のトレーニングになったし楽しかった〜

松倉岩はもう行かなくても良いかなw

メシ時間&休憩を抜いても7時間の山行!
足トレにはまずまずでした!



bonzbonz at 06:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山遊び 

2014年03月02日

旭岳session 2014





やいや、疲れ過ぎなのか財布を開けたら海苔が札の様に入ってて
それでオニギリや手巻きを巻くという夢を見ました。

そんな夢を見たのが旭岳session!

とにかく利尻に行った時のような感動が有りました!


初日、初旭岳に感動し山写真は撮れなかったけど
雪質、山の形状、空気感、そして面子!もう最高でした!

1



























いつも通り無眠だったんだけど気持ち良過ぎ〜〜〜〜

夕方くらいまで滑り倒し宿泊場所の湧駒荘(ゆこまんそう)へ

ここは皇族の人達や元首相の小泉さんなんかも泊まってる
由緒正しい、かといって敷居は高くない凄く良い旅館でした!

2





















旅館に着くなり即浴衣に着替え温泉へ。
やや温めだったけど天然温泉!
ユックリ浸かれるイイ温泉でした!

その後、晩飯time!
料理が超ヤバイ!!

34





















































アワビとか塩釜で焼いてあったり刺身なんて泡醤油っていう
フワフワした醤油を刺身に乗せて食べるんだよ〜
もうね食べた事無いものばかりで超感動〜!

そして食後、宿での目的!
今回で4回目の出場となるスノーボード女子アルペン
竹内智香選手のオリンピックの応援観戦!

じつは智香ちゃんはここ湧駒荘の娘だったのです。

567

































































もうねジャンベやらホラ貝やらラッパまで持ってきて
館内のテレビの前で大応援会!!
智香ちゃんが滑る度に大歓声!

もう超ハンパ無いくらい大盛り上がりで酒も入りまくって
最終的には裸になるしテンションやべぇ〜〜!
TVでこんな盛り上がる事ってそうそうないけど
メチャクチャ楽しい夜でした!

8

















そして競技も終り一人お風呂に向かいます。

910















































だ〜れも入ってなくてユッタリ〜〜
イイ湯と満腹感と満足感と無眠でお風呂で2時間近く
眠ってしまいましたww

その後、部屋に戻る誰もいなく隣の部屋から声が。
行ってみると宴は続いてて旅館からの差し入れの
蟹を食いながら皆ベロベロw

11



























俺も参加して食ったり飲んだりしたんだけど
途中でやっぱり睡魔が。。

自分の部屋に戻るとみんな色々来て
結局こっちの部屋でも宴会が。。汁

でもやっぱ途中で即神仏に!爆
布団かけてくれたりみんな優しい〜〜〜w

そして翌朝

12



























普段では食べない朝飯をたっぷり頂きました!

そして山準備をしロビーに向かうとTV局の人達がいて
前日のオリンピックのインタビューを受けました!

その日の夕方早速俺のインタビュー映像が使われてた様で
友達からメールきたり。。俺一切見れてないけど。。


ま、それはさておきインタビュー後早速山に向かいます!

13




















やべぇ〜!!ピーカン!!
前日拝めなかった山頂が見えます!

これはチャンスなのでゴンドラ降りたトコから山頂へ向かう事に!

14





















が、しか〜し登ってる最中に段々雲が。。
何処まで行けるか分からないけど、まずは山頂目指しハイクします。

1516















































8合目くらい来たところで下からシゲ晴れの合図でみんなを待ちます。

17 18





















































雲行きも怪しいし雪もクラストしててあまり良いコンディションでは
なかったのでチョット間待機。

結果、皆の所まで下り、そこから見える釜へドロップする事に。

1920





















































かなりスティープだしガリガリだし地形見えづらいし慎重に
ボトム近くまでトラバースしシゲ晴れが地形や視界の状況を
判断するまでとりあえず待ちます。

2122














































その後、シゲ晴れが滑り降りたので順々にドロップします。

クラストとややパウが混ざった斜面だったけど面が大きく
超気持ち良いぃぃぃ!!

下まで降りると登ってる最中に見えてた小さな噴火口
それでもデッカイか。。

23



























そこからスキー場のコースまで戻り
色んな斜面を滑りまくります!
下に降りると天気は良いなぁ〜

24252627


































































































そして少しでもパウダーを探し腰ラッセルもしばしばw

282930









































































でもホント超気持ちイイ〜〜〜〜
最後の1本なんてコースに戻るのに30分以上腰ラッセルだったけど
最高に気持ち良い1本だったわ〜〜

そして無事辿り着いたトコで記念写真!

31





















いやぁ〜マジ最高な2日間!
面子も気持ち良い連中だしホント最高でした!

帰りは宰さんとラーメン食って送ってもらい
チャチャっと着替えて速効BONZへ。。

身体はクタクタだけど心は超Happy!!
初めての旭岳だったけど利尻ばりに脳みそ溶けましたわ。

さ、今年もまた登って滑りまくりたいど〜〜!


bonzbonz at 06:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 山遊び