003
Googleが開発者向けイベントGDC 2019において、新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表しました。




「Stadia」概要
・デバイスを問わず、本格的なゲーミングPC以上のクオリティのゲームを、低遅延ですぐに遊べるストリーミングゲームサービス。

・YouTube やウェブのゲーミングコミュニティと簡単に統合

・STADIAプラットフォームの本体はクラウド(データセンター)にあるため、遊ぶための専用ハードやゲーム機は不要。そのかわり、もっとも快適に遊ぶためにはGoogle製のコントローラ『STADIAコントローラ』がある。

・Unity やVulkanなど、PCやマルチプラットフォームで広く使われるツールにそのまま対応。

・STADIAではすべてがデータセンター側にあるためマルチプレーヤー間の遅延がほぼゼロ。プレーヤー側には入出力しかないため、チートも難しくなる。

・4K HDR 60fps、サラウンドサウンドに対応。将来的には8K 120fpにも拡張。

・STADIAのサービス開始は2019年。まずは米国、カナダ、英国、欧州の一部から。夏にまた改めて情報公開。

ソース元:
https://japanese.engadget.com/2019/03/19/google-stadia-youtube/