001
PSの知る人ぞ知る怪作「シルバー事件」のリマスター版「シルバー事件HD リマスター」をクリアしたのでレビューを書いていきます。

KIMG0012

本作は、架空の都市「24区」に関わる陰謀を描いたアドベンチャーゲームです。

良い所

・雰囲気
本作が発売されたのは1999年。つまり世紀末。このゲームからは時代の転換期特有の人々の何処とない不安な感じが伝わってきます。まだまだ幼く当時をあまり覚えていない私からするとゲーム全体に漂うこの独特な雰囲気が凄く新鮮でした。

・UI
本作には「フィルムウィンドウ」という独特なシステムが採用されています。簡単に言うと画面内に複数のウィンドウを表示し、場面ごとにそれらの表示位置や大きさを変えるという物。見た目がスタイリッシュで凄くカッコいい。

screenshot04

・BGM
本作の作曲を担当したのは『ダンガンロンパ』シリーズなどで知られる高田雅史氏。どれもこれもカッコいい。私が好きなのは「ホワイトアウト」で流れるこの曲。



・ユカワエリカ
「プラシーボ」編のヒロイン。理解力があって賢いめちゃくちゃカッコいい女性。惜しむらくは人妻だということ。

不満点

・意味不明なストーリー
結局「ウエハラカムイ」って何なのさ。これがクリアしてから思ったこと。

・つまらない探索
本作には3Dマップを探索する要素があるのですがこれが非常につまらない。ただ、目的地に向かって歩くだけ。移動ももっさりしててすごいイラつく。

・セーブ
セーブできる場面が限られている。終わりたいときに終われないのはストレス。

まとめ
完全な雰囲気ゲー。ゲームとしてはつまらないし、読み物としても分かりにくい。ただ同時に本作の雰囲気は唯一無二。つまらない探索にイライラし、意味不明なストーリーにモヤモヤしながらもクリアまでプレイしてしまう不思議な魅力はあった。

評価:6/10