ヤバい本をたくさん刊行されている出版社「共和国」がまたしても面白い本を出してくれました。

『ソヴィエト・ファンタスチカの歴史』です。

ホンシェルジュに書評を掲載しました。

ソ連にも歴史にも興味がない、みたいな人にも自信をもってオススメできます。もちろん、ソ連や世界史に興味のある人なら何倍も楽しめると思いますが、強烈な「偽史」小説です。訳者あとがきと編者あとがきが絶妙な「毒抜き」になっているので、そっちも併せて読みましょう。っていうか、「編者あとがき」を書いている人物は、作者と同一人物で、ある種の謎解きをやっているのです。



===================

【ナガタのプロフィールはこちら】