小学校での算数の授業で得られるものについて、教科書作りに携わっている先生が、平易に解説。
論理的思考の土台が育つだけでなく、さまざまなモノゴトに疑問を抱く好奇心や、疑問を自分の手で解こうとする探究心、これまでと異なる方向から問題にアプローチする柔軟性なども養われるそうな。そのためには、子供たちの心に火をつけるような、発見・解明の感動をもたらす授業が必要であると。
そんな先生に出会いたかったな。出会った自覚が無かったのかな。
算数嫌いに終わってしまった、自分の小学生時代が悔やまれましたw

↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 書評・レビューへ