九井諒子の掌編マンガ集。全33編すべて数ページ程度。ショートショート小説集みたいな趣があるけど、マンガならではの凝りようが楽しい。
SFあり民話風あり裁判ありホラ話あり不条理ありギャグありラブコメあり一発ネタあり…という多種多彩な内容に合わせ、個々に絵柄が変えてある。幕切れのオチも、ドンデン返しや脱力系、メタフィクション、2段構え、あえて落とさない…などなど、だから読後感もさまざまで飽きません。
文章では成立させられない話もあったりして、マンガという表現の幅広さと、それをフルに駆使する作者の力量に、ただ感心するばかり♪

↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 書評・レビューへ