インドから日本に伝わった東洋哲学の画期的な入門書。
仏教の真髄とか、“悟り”を伝える難しさとか、「喝!」の理由とか、ド派手な仏像の狙いなどなど、難しいことを分かりやすく噛み砕いて説明。例示による表現力が極めて高いので、「そんな風に言っちゃったらミもフタも無いよ~」と思えるほどw

↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 書評・レビューへ