社会改革を進める手法などについて考えた本。
国民の生存権をないがしろにする政府は許せないけど、暴力的に転覆させる訳にもいかない。ならば、どうするか?
この社会はいろんなレイヤー(層)に覆われてる。例えば、近所の公園を覆うレイヤーは「公有地」「遊び場」「災害時の避難場所」「ホームレスの寝床」などなど。
同様に、日本全土を「独立国家」というレイヤーで覆い、生存権重視の政策を、理念に賛同する人びとの協力によって、既存社会とバッティングせずに実行していこう…みたいな。“革命”ではなく“拡張”で社会の改善を図るという、興味深い考え方。
荒唐無稽にも思えるし、画期的にも思えます♪

↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 書評・レビューへ