哲学者・森岡正博によるマンガ。哲学を分かりやすくマンガで紹介…なんてシロモノではなく、哲学の理論・思想そのものをマンガで描いている本。
時間論や存在論について文章で説明しようとすると、観念的・抽象的すぎるため、しばしば“詩的言語”によるイタい表現に頼ってしまいがち。そんな表現の限界を、マンガという技法を駆使して乗り越えようとする意欲作。
「生まれてきて本当によかった」との誕生肯定へ至る、生命と哲学の関係について興味が湧いてくる内容です♪

↓ 閲覧ありがとうございます。励みになりますので、クリックお願いします♪
にほんブログ村 書評・レビューへ