図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

県民栄誉賞か、県のイメージアップ大賞か

スポーツ選手の活躍は、出身・地元の人たちに喜びや元気を与える。
(御岳海は長野県民を熱狂させた)
特に圧倒的な王者を倒しての優勝は、ことのほか感動的だった。
茨城県牛久育ちの稀勢の里のことではない。
山梨では卓球の平野美宇の全日本卓球選手権優勝(最年少)が、地元山梨県民に力を与える出来事だった。
出身地、中央市(合併してつまらない名前になった)田富町分庁舎では早々と懸垂幕がかかり、横断幕もポスターも作り、祝った。
県では県イメージアップ大賞など新しい顕彰も考えているようだ。
オリンピックで補欠という裏方に回った悔しさをバネに、その後、ワールドカップ女子シングル最年少優勝で世界を驚かせた平野が、昨年と同じ対戦となった女王・石川に4−2で圧勝した。
4連覇を狙う女王を、終始圧倒して攻め続けた。
第5ゲームだけは優勝がちらついたのか、8−2から逆転され落としたが、その後は強い精神力で女王に何もさせなかった。
この日、準決勝戦で、いつも苦しめられているカットマンの橋本を問題としない勢いと集中力を、決勝でもそのまま発揮した平野の精神力は並ではない。
国際卓球連盟が、「その年最も躍進した選手」としてブレークスルースター賞を与えたのも当然だと思える。
平野は、絶対優勝すると宣言して、その通りにした有言実行の高校1年生(16歳)だ。
顔に似合わず、負けん気の強さは人一倍持っている。
同じく強気のライバルで親友の伊藤美誠も唖然とさせる強さだった。

ー東京新聞からー
平野


翌日の山梨日々新聞、1月23日(月)の第一面は当然、白鳳を破って横綱を確実にした稀勢の里ではない、平野美宇が皇后杯を掲げた写真が大きく載った。
山梨日々新聞をお目にかけたいが、白州らいぶらりーで見たのでここに載せられないのが残念だ。。
横浜に帰って東京新聞を見ると扱いが大きく違っていた。

ー東京新聞からー
稀勢の里


これで、最強の中国選手と互角に戦える若い戦力がもう一人増えた。
美誠は世界女王の丁寧を破ったし、中国スーパーリーグにも挑戦した美宇が実力をつけて一番手に躍り出た。
三連覇で敗れた石川佳純を加えて最強の布陣となる日本の卓球界からは、目が離せない。

この全日本選手権の最終日が行われた東京体育館は、初めて満員(6100人)の観客を集めた。
その中心には男子九連覇を達成した水谷隼と、抜群の強打で他を圧倒した平野美宇がいた。

ー東京新聞からー
水谷

干柿の王国・カキの実のなる風景は日本農村の原風景だ

堂上蜂屋柿をご存知でしょうか。
岐阜県美濃太田市の蜂屋地区で生まれた最高品質の干柿だ。

箱


堂上蜂屋柿2

最高級の8個木箱入りは1万円を超える。
堂上とは天皇や将軍への献上品という意味だ。
平安時代から千年も続く歴史をもつ大ブランドが、今でも守られ、認定制度として生きている。
この地で育った渋柿の品種「蜂屋柿」は、一枝に一個の摘果をされ、大玉の道場となっていく。
収穫された蜂屋柿は四角っぽくて機械ではきれいに剥けない。
手間をかけ手作業で皮を剝き、、昔通りに天日干し、手もみなど伝統作業を守って仕上げられる。
まさに飴色の宝石、そのねっとりとした甘さは何と表現したらよいだろうか。
ドライフルーツとして、これを越えるものは見つけることができない。
茶席の菓子としても、同じく岐阜県中津川の栗きんとんと並んで第一級であることは、お茶人たちにはつとに周知のことだ。

(美濃太田―中津川・この中間に位置する多治見の和菓子屋で、二つを合体したお茶菓子を見つけた。干柿の中に分からぬように栗きんとんが入っているのだ。1+1は2ならず!といったところか)
お正月の初釜では、茶席の主役となる。

栗入り干柿


毎年、蜂屋町の瑞林寺(地元では柿寺で通る)では、正月に蜂屋が気を使ったお茶会が行われる。
この蜂屋柿はヘタをとったら、バナナのように縦に裂くように向いていただくのが作法だ。

柿は世界中どこでもKAKIで通る日本原産のフルーツ。
特に甘柿の富有柿は今では世界中で栽培されているが、その発祥の地も岐阜県だ。
その瑞穂市と本巣市の境あたりに、富有柿の原木がある。

原木

同じく甘柿の代表的品種「治(次とも書く)郎柿」の母木も、少し南の静岡県、お茶の栽培の盛んな森町にあるのを知った。
民家に囲まれた小さな敷地に数本の意外と小さな原木数本が残されているが、二代目との表記があった。

山梨の干柿は甲州百目(匁)柿、富山では(南栃)では三社柿が使われる。
いずれも大玉の渋柿で、その製法は蜂屋柿の美濃から伝わったものだだろう。
南信市田町の市田柿も含めて、この中部日本の地域は干柿のふるさとといえよう。
干柿が出回る12月から正月にかけては、歳暮や年賀の贈答品が活躍する時期だけに、地元産の干柿が注目を集める。
その王様・堂上蜂屋柿も1月を越してしまえば、もう入手困難だろう。

中津川の栗きんとんについても、いずれ書きたい。

栗きんとん

〔真っ黒く澄み渡る馬の目の中に釜無川が流れている〕 方代

4・5日ぶりで戻った山梨の家はカシワの大きな枯葉で埋もれていた。
カシワの葉は厚く大きいから腐葉土にはなりにくい。
庭に散ったカシワの落葉は紙屑のように目立って目障りだから、集めて落ち葉焚きしなければならない。
頑張っても2・3日はかかりそうだ。
それにしても、カシワの落葉が年々早まるのはどうしてか?
以前は春近くまで半分以上が残っていた枯葉が、今ではもう99パーセントが散ってしまった。
老木(まだ成木だが)の生理なのか、わからない。

鉄道が通る以前、甲府盆地は周囲のほとんどを山に囲まれているから、富士川に舟運や身延道を除くと、かなり険しい峠を越えなければ他国へは出られない。
そのひとつ、甲斐と駿河を結ぶ中道(なかみち)往還も右左口(うばぐち)宿あたりから険しい登り道となって、精進湖へと向かっていく。

この右左口で生まれたのが、歌人・山口方代(ほうだい)だ。
〔ふるさとの右左口郷(うばぐちむら)は骨壺のそこに揺られてわがかえる村〕
この歌碑が今は空き地となった生家跡に建てられている。

歌碑

このあたりの風景は方代の育った当時とあまり変わっていないだろう。
旧街道の面影が坂道の家々に残っている。

街並み

母を負ぶって上った観音堂の石段もそのままだ。
少し高見に登れば、笛吹川が流れる甲府盆地が一望できる。
〔笛吹の石の川原を越えていくひとすじの川吾が涙なり〕
母がなくなると方代は父と共に、横浜へ嫁いだ姉を頼り、横浜市西区浅間町へ移ることになる。
1938年、24歳の時だ。
〔石臼を最後に売りてふるさとの右左口村を逃れて来たる〕

すでに青年時代から歌を詠み、投稿していた方代だが、本格的に詠みだしたのは敗戦後、野毛の闇市を鈴木信太郎訳「フランソワ・ヴィヨン詩鈔」(全國書房刊)をふところにうろついていた時期からだろう。
〔青ぐらい野毛横浜の坂道の修羅を下る流転者方代〕
〔ガスをはなてる運河をのぼり野毛山の死人舞踏之図をふりあおぐ〕
〔野毛坂の坂のあかりにしたいくる名に負う港の乞食貴族よ〕
〔歌をよむ吾をたたえてはばからぬ幾千万の浜風太郎(プータロー)〕

美空ひばりが野毛にあった国際劇場でデビューした戦後、野毛の最もにぎわった黄金時代、方代はひばりの「悲しき口笛」を聴いただろうか。
山梨県立文学館で観た劇団黒テントの公演「山崎方代」は「物語演劇」という副題をつけているように、軽快に当時の流行歌を絡めながら、方代の生きざまを追っていた。

黒テントポスター鎌倉文学館ポスター



方代の処女出版は、姉が資金を出し自費出版した第一歌集「方代」、昭和30年のことだ。
当時、横浜の文学科界の人々は馬車道の「ホースネック」に集ったが、方代はその片隅に目立たぬように時々現れたようだ。
基本的に方代は出しゃばる人ではないが、変に映ることもしかねないところがあり危うい。
この第一歌集を献呈した会津八一からのハガキの言葉には舞い上がってしまった。
「滔々たるマンネリズム、フォーマリズムの横溢する今の世の中に、異色ある光芒を発揮せらるる如く感ぜられ…」とあったからだ。
すぐにでも御礼に行きかねない気配に、八一はすぐ二信を送る。
「当方へご来訪の如きは絶対に無用にて候。」
(この「絶対に」のところには赤字で付け加えている)
会津八一の慌てぶりがおかしくて、にやにやしてしまう。

晩年の鎌倉暮しにはもう触れない。
方代に癌が見つかって亡くなったのは1985年8月19日、「横浜国立病院」であった。
享年71歳・
〔六十になればなればとくり返し六十歳を越えてしまえり〕
〔欄外の人物として生きてきた夏は酢蛸を召し上がれ〕
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ