図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

美濃・ひんここ祭り

すっかりサボてしまったブログを再開したい。
前回は夏休み前の7月上旬だったと思うが、確か山梨県立文学館の劇場型ホールで行われた黒テント公演「山崎方代」を観てから、夏休みモードに入り込んでしまった。
毎年恒例の娘家族の帰国と、妻の病と…言い訳もたくさんあるが、なんと雪の季節となってしまった。
それにしても、11月の積雪は早すぎる。
北海道では10月29日の積雪が根雪となっているようだが、山梨では11月24日、小淵沢の駐車場で掘り出すようにして動かした車上の20僂寮磴睛癲稿には消えた。
ネムやクワ、カキ、カラマツもすべて葉を落としたが、クヌギやナラなど雑木林の樹々はオレンジ色に近い晩秋の景色を取り戻している。

方代のことも書きたいが、ここでは、11月23日に観た美濃市大矢田(おおやだ)神社の「ひんここ祭り」のことを書こう。

この素朴すぎる人形劇が500年も続いていることは驚くべきことだ。
ここ美濃地方やその周辺、南信濃から奥三河にかけては、日本文化の吹き溜まりのように特異な民族的行事・祭りがかなり残され守られている興味深い地域だ。
特に長良川沿いを走る長良川鉄道には面白い街がいくつもある。

まず、長良川は1300年の歴史を持つ鵜飼いとアユの文化を持っている。
同じく1300年と言われる美濃和紙があり、春にはこの紙を桜色に染めた花神輿が、うだつの上がった家々の並ぶ美濃の街を練り歩く。
この祭りでも「流し仁輪加」という珍しい即興劇が残されている。
秋には、美濃和紙あかりアート展という新しい試みで街を盛り上げている。

あかりアート2


この美濃市の古い街並みは日本有数の規模で一見の価値がある。
もちろん郡上八幡の夏は郡上踊り一色だ。
その上流、美濃白鳥でも夏は白鳥踊りで賑わう。
そして、最上流には白山信仰の本山・長滝白山神社がある。
ここまで来れば、白川郷にも近い。
忘れてならないのは、この流域は円空上人の本場だということ。
美濃生まれの円空が晩年を過ごした関の池尻には円空館があり、30体の円空物を観ることができるし、他にも円空物と出会う機会は多い。
この関市は鎌倉時代から続く刃物の街だ。
今でも刀匠が伝統を受け継いでいるし、フェザーなど現在でも刃物メーカーが集積しているのも興味深い。

ところで、「ひんここ祭り」だ。
11月23日の祝日、紅葉の名所でもある美濃市近郊の大矢田神社は、車が半日渋滞するほど賑わう。
ほとんどが紅葉狩りと神社参拝が目的だが、もともと春祭りで行われる「ひんここ」もこの日に演じられるようになった。
神楽殿で舞われる踊りではない。
楼門下の広場が見物席となり、2〜30m離れた山腹に幕が張られ、ここでいたって単純な人形劇が演じられる。
観客は地元の人たち100人くらい。
ほぼ等身大の異形な相貌をもった人形が現れると、人々はホー、ヒーという不思議な声をあげる。

ひんここ2

ストーリーは単純だ。
麦蒔きをしている農民たちを一人一人大蛇が飲み込んでしまうが、手に大麻を持った祢宜殿が返信して、須佐之男命になって大蛇を退治するというもの。
農民の顔も異形だが、その動きも頭が上下に動くだけの単純さ。
その持ち物が、鍬、火種、軍配、種、肥料、弁当などで、服装も同じ、祢宜殿が変身しても同じ服装で代り映えがしないも、何ともおかしい。
バックのお囃子の音も単純な繰り返しで素朴の極み。

五穀豊穣を祈るこの祭りが500年も続いているのは、いかにも美濃らしい奇跡的な光景だ。
この祭りは平成11年、国の無形民俗文化財に指定された。
また、この大矢田神社の本殿も拝殿も重要文化財に指定されているが、有名なのはこの神社を中心としたヤマモミジの樹林だ。
楫斐川の華厳寺、横蔵寺と並んで美濃もみじ三山として有名だ。
(国の天然記念物 楓谷ヤマモミジ樹林))

当日は、ほんの少し、紅葉の盛りを過ぎていた。
この紅葉の純林をバックに「ひんここ祭り」を観たいものだ。
(当日あわてて出発してカメラを忘れた。小生はケータイもスマホも持たないので写真はない。パンフレットから「ひんここ祭り」を引用したい。観光列車ながらのポスターも美しい。)

ポスタ2ー

「洲崎パラダイス・赤信号」を観た

〔映画〕というものは、しばらく観ていないと、なかなか観るきっかけがつかめず、敷居が高くなり、ずるずると観ないで済ませてしまうものだ。
スクリーンではないBSやDVDで古い映画を楽しむのは、別の次元のことである。
「あん」以来、しばらく観ていなかった映画を観に行くきっかけになったのは、川島雄三監督作品「洲崎パラダイス・赤信号」のチラシを観たからだ。

洲崎パラダイス・赤信号

ミニシアターや独立館が少なくなり、シネマ・コンプレックスばかりになってしまった横浜では、古い映画を観ることができる機会はそれほど多くはない。
シネマJ&Bの孤軍奮闘ぶりが目立つだけだが、他にも会員制のシネマクラブや神奈川近代文学の日本映画上映会など、わずかなチャンスがある。
「洲崎パラダイス・赤信号」も岩間シネクラブの思い出名画館(第124回)の珍しい日本映画上映となる。(6月16日・保土ヶ谷岩間市民プラザ4Fホール)


川島作品は唯一の時代劇「幕末太陽伝」(1957年)ばかりがもてはやされているが、晩年の若尾文子主演の三作品(「雁の寺」「しとやかな獣」「女は二度生まれる」)や文芸モノ「貸間あり」(「井伏鱒二原作)、「わが町」(織田作之助)、「風船」(大佛次郎)、「暖簾」(山崎豊子)、「あした来る人」(井上靖)など興味深い作品がある。

しかし、昭和20〜30年の現代モノの魅力は、当時のロケ地の風景・風俗が見られることも大きい。
失われた建物や街並み、風景を大画面で見られるだけでも貴重だが、そこを舞台に水準以上のドラマが展開すれば言うことはない。
以前、大森の成瀬巳喜男作品週間で、「鰯雲」(昭和33)を観たことがあるが、厚木駅近辺の田舎ぶりに驚いた。
また、相模原や津久井近郊の農村風景の美しさも目に染みた。
都市近郊のその後の醜く貧しい風景を見るたびに、昭和30年代までは大都市周辺にも美しい農村風景が残っていたことを確認できる。


「洲崎パラダイス・赤信号」では最初の勝鬨橋シーンから、洲崎パラダイスのネオン門のある遊郭入り口の震災復興橋と堀川など、江東地区の運河や橋が印象的に描かれている。
埋め立ての土砂を運ぶダンプカーが疾駆する場末の歓楽街、スクーターで日参する神田のラジオ店のオヤジ、橋の入り口にある小さな飲み屋はすぐ下の貸しボート屋を兼ねている。
この飲み屋は蒸発した亭主を待ち続ける女(轟夕起子)が守っている。
ここにたどり着いたのが腐れ縁の男女。
(川島作品に欠かせない俳優・三橋達也と宝塚スターから転身した新珠美千代)。
飲み屋のシーンこそセットの撮影だが、外のシーンはそのままロケ地となる洲崎の埃っぽい街並みや橋の親柱や照明が移り、夕暮れともなれば洲崎パラダイスのネオンが輝く。
売春防止法施行直前の場末の盛り場がよみがえる。
ソバ屋の娘役・芦川いずみも、ちょい役(出前役)の小沢一郎も楽しめる。

三日後は横浜キネマ倶楽部のドキュメンタリー映画「春よこい」(安孫子亘監督)。

春よこい


いつもは横浜西口近くの西区公会堂だが、今回は鶴見公会堂で上映された。
このシネマクラブは、自主上映される上質なドキュメンタリーやミニシアター系の名作を選んでいる。
以前、ヤン・ヨンヒ監督の「かぞくのくに」とその講演に行ったことがある。

かぞくのくに


次回、8月には塚本晋也監督・主演の「野火」(大岡昇平原作)が第44回の上映会となる。
これも必見の作品。

野火

この横浜キネマ倶楽部は「横浜に映画ファンの思いが反映される映画館を作る」との目標で、2005年にできた団体、応援したい。

一度観始めるとなかなか止まらないのも「映画」の病。

クマ・サル・イノシシ・ヒトと木落とし坂

秋田では人間とクマがネマガリタケの取り合いで何人もの死者を出しているが、それでも人は山に入る。
このタケノコを食べなくては夏が来ないのか?
それとも日給2万円の魅力か。
たぶん両方だが、後者が勝っている人が、ベルを鳴らし花火をつけて竹やぶに入っていく。
普通なら音で逃げ出すツキノワグマも、この時期、ネマガリタケに夢中で簡単には逃げない。
中には、人間など恐れないクマもいる。
人間を威嚇してくるサルもいるのだから。

このところ我が家でも、サルの来訪(?)が多い。
先週からもう4回もサルの群れが来た。
毎年くるこのサル群は、八ヶ岳方面から川沿いに降りてくる同じグループだろう。
この時期は桑の実が狙いだ。
サルが去った後は、道路に桑の実や枝葉が大量に落ちているから、すぐわかる。
しかし、それ以前にやたらと騒がしくなるので「また来たな」と、寝ぼけ頭でふらふらしながらカメラを探すことになる。
(サルの群れは、ほとんど早朝、もしくは夕方のこともある)
我が家は片流れの屋根で眺望がきき、一方は高さがあり長いから、若いサルにとってはいい遊び場になるのだろう。
いつも屋根の上で大暴れして、起こされてしまう。
カメラを持って、そっと外へ出るのだが、すぐサルに知れて一目散に木を伝い、あるいは電線を綱渡りのように上手に山側の林に逃げてしまう。

このサル群は野生動物らしく、一定の距離を置いて近づくことはない。
人慣れして悪さをすることはない。
写真も赤い尻くらいしか撮れないのは残念だが…。
サル


隣の敷地は黒竹のタケノコが出るが、この方はイノシシが狙っているようだ。
「ようだ」と言うのは、まだ目撃していないからだが、昼間見ると根を掘った後が次々と見つかる。
イノシシは表面に出たタケノコには見向きもしないで、地中の柔らかい根をかじっているようだ。
イノシシは夜行動物だから、人と対面することはない。
まさかクマではないだろう。
釜無川を越えた尾白川沿いの森やキャンプ場には、南アルプス山中から降りてきたクマの目撃がある。
名水公園には、「クマに注意」の看板があったという。
こちらはネマガリタケはないから、それほど心配はないだろう。


「御柱」祭のクライマックスと言われる木落とし坂をまだ見ていないので、上社と下社の二つの木落とし坂を見に行ってきた。
また、新しい4つの御柱が建った上社前宮、上社本宮、下社春宮、下社秋宮にも寄ってこよう。
上社の木落とし公園は茅野の駅から歩いて行けるところにあるから、ついでに寒天蔵のいくつかも見てみたい。
前宮一の柱上社本宮一の柱


上社本宮二の柱


下社春宮一の柱下社秋宮一の柱


下社春宮


寒天蔵寒天蔵 (2)







中央線茅野駅の手前、列車から望める場所に上社の木落とし坂を整備して「木落とし公園」が作られている。
この坂は思ったより緩やかな坂で、その坂下は大きく芝生が広がり、事故が起きないように配慮されている。
安全重視の穏やかな坂になっている。

上社木落とし坂 (1)上社木落とし坂 (2)


こことは対照的に見るからに危険で危ないのが、下社の木落とし坂だ。

下社木落とし坂 (2)下社木落とし坂

春宮のずっと先、下諏訪駅からは歩くには遠すぎる山側に、山を切り拓いた急坂が作られている。
その角度45度、それもかなり長い距離を落とすが、その下にはほとんど平らなところがない。
すぐ、道路と川だ。
道路に突っ込みかねない危険な場所だ。
ここが映像でもよく見る、死者も出る下社の木落とし坂だ。
クワバラ、クワバラ。
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ