図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

サクラ色のルーシー・リー、深いマリンブルーがほんの少し

車窓の風景が、春霞がかかって見通しがきかない。
近くにあるはずの富士山でさえ見えない。
里山の樹々は新芽の春色となってミルク色の中にかすんでいる。
常緑のシイやカシ類も新芽の柔らかいオリーブ色が盛り上がって古い葉と交代しようとしている。
黄と淡い緑の間に、サクラ色や白が混じって微妙に滲んでいるのが見える。
ソメイヨシノや山桜の色だ。
もう陽は高くなっているのに、向こうの海も白く光っているだけで空と見分けにくい。
シラスやサクラエビ漁の船が見えるので、海だとわかる。
列車は東海道・由比駅に近づいている。
由比漁港が小さな漁船に埋まっている。
今日は青春18きっぷの最後の1枚を使って静岡まで行く予定だが、途中下車しても十分時間がある。
解禁したばかりの駿河湾のサクラエビで腹ごしらえしてからでも遅くはないだろう。
ついでの由比宿にあるという由比正雪の成果と言われる紺屋も見たいし…サクラエビのかき揚げ丼の誘惑に抗しきれず足はもうプラットホームに降りてしまった。
そういえば、今日見るはずのルーシー・リーのピンク色の器も、桜の花色で染めたような美しいボール(小鉢)というよりは、この時点ではサクラエビ色のどんぶりがちらついて離れない。
陽気のいい土曜、しかも昼時ということで漁港の店は大行列、すぐここはあきらめてサクラエビ通り(漁港近くの旧街道をいう)を少し離れた店で春の味を賞味。
正雪の紺屋へ。

正雪生家

近くの昭和初期の銀行建築やカメの甲羅干しを見て静岡へ向かう。

清水銀行清水銀行 (2)

カメの甲羅干し



今度の「没後20年・ルーシー・リー展」は茨城県立陶芸美術館、千葉市美術館、姫路市立美術館、郡山市立美術館と巡回し、静岡市美術館が最後となる。

ルーシー・リー展覧会パンフレット

今日9日がその初日、いつも最終間際になってバタバタと行く羽目になるのに、珍しいことだ。
(これも、青春18きっぷが10日までというだけからだが…)

地方都市を巡回するこの種の重要な展覧会の情報は、よほどまめに気にしていないと届かない。
静岡では初日のこともあり、ポスターやパンフレットが目立って、情報誌にも紹介されるのだが、首都圏までは伝わらない。
もちろん専門雑誌や地方新聞(主催の新聞社の)には紹介されるのだが、一般向けの全国紙がもう少し細かい情報を伝えてほしい。

例えば、先月終わった愛知県陶磁美術館の「煎茶」展も売茶翁・高遊外の使った茶器や茶銚・急須の名品が展示された貴重な展覧会であったが、中日新聞でも読んでいないと気がつかない。
もったいないことだ。

煎茶展覧会パンフレット



今回のルーシー・リー回顧展は、初期のウイーン時代の作品やイギリスに逃れた戦時のボタン制作までも含め、晩年のパーツを組み合わせて作る大き目の花器やブロンズ釉を使った大き目の鉢まで日本初公開の作品が多い。
しかしやはり魅力的なのは、50年代のハンス・コパ―と組んだ時代から、70年代・充実期の線文鉢だろう。
天然の貝殻を見るような搔き落としの線が入った紙のように薄い小鉢は、恐ろしく繊細で魅力的だ。

また、緑釉にブロンズ釉をたっぷりかけた鉢など、遠州好みの茶器に使えそうな作品もあるが、コーヒーや紅茶好きの人たちにはコパーとの共作になる茶釉線文のコーヒーセットやティーセットが素敵だ。
このカップでコーヒーを飲みたいと思わせる魅力を秘めている。
サクラ色やグリーンにチョコレートを垂らしたようなブロンズ釉がかった鉢の一部を拡大したポストカードがあるが、フランボアーズをはさんだチョコレートケーキに見えてくる。

コーヒーカップポストカード



展覧会の後は、15代将軍だった徳川慶喜の邸跡に残る庭園(浮月樓という料亭になっている)を覗くだけだ。
京の庭師・小川治兵衛の作庭になる池や慶喜お手植えの台湾竹を眺めて、すぐ満足。

浮月樓

静岡らしく旧須田氏の煎茶でも味わって帰るとしよう。
家康が愛した本山茶にするか。

本山茶

それにしても、駅ビルの隣に楠の巨木や池がある都会はほかにあるだろうか。

たかが150円というが…されど(絵葉書は100円としたいの巻)

凍えるような雨でも春が進んでいくキッカケになる。
先週にはあまり色彩が感じられなかった庭も、雨後には生命が蘇る。
ウメやマンサクの花くらいの庭に、珍しくラピスラズリの青い球が目に飛び込んできたが、これはジャノヒゲ(リュウノヒゲともいう)の実だった。

ジャノヒゲ


野鳥が次回用に食べ残したのだろう。
こんな冬の庭も雨が2日も続けば、いきなり春らしくなる。
春一番を告げるクロッカスが咲き出した。

クロッカス

つぼみの固かったツバキの品種も次々と咲いてくる。
原種のヒメサザンカ、桃色の有楽、赤い色が少し混じる秋山、白玉椿や侘助も。

有楽秋山

白玉椿侘助


ヒヨドリが冬の間にやわらかい新芽をかじったのだろう先端の葉はまともな形をしていない。
サンシュユの黄金色の花も咲きかけている。

サンシュウ

ウグイスの初音も聞けば、目立たぬウグイスカグラの小さな星型の小花も、いつの間にか咲いている。

ウグイスカグラ


屋根からの落雪で、再びほとんど棒状になってしまったガマズミにもわずかに残った小枝に新芽が見えてきた。
この寒い山麓も確実に春に入っている。

春先には大きな展覧会も目白押しだ。
日本ではとても無理と思われていたボティチェリ点が開かれている。(都立美術館 4月3日まで)

ボッティチェリ展

いつか鎌倉で観たモランディの本格的な展覧会も開かれている。(東京ステーションギャラリー 4月10日まで)

モランディ展


いずれも日伊国交150周年記念の目玉となる特別展だ。
それに昨年見逃してしまったヘレン・シャルフベック展も最後の展覧会が終わろうとしている。(神奈川県立近代美術館葉山館 3月27日まで)

シャルフベック展


このところ都会の展覧会絵ハガキが、押しなべて150円が相場のようになってしまったのはどうしたことか。
バブル時代でも100円を越えなかった絵葉書が、いつの間にか150円が当然とされているのが気に入らない。
一度に大量に売れることのない私販の観光用の絵ハガキが、新作ポストカードのバラ売りを1枚150円としているのは止むを得ない面もあるしご自由にだが、公立の美術館までこの値段に合わせているとしたらとんでもないことだ。
美術館の事業部が少しでも売り上げを伸ばそうとするならば、おかしな商品開発をするより、まずは絵ハガキを100円に戻すべきだろう。
例えば、ボッティチェリ展では厳選して2枚しか買わなかった絵ハガキ(計300円)が100円ならば5枚(計500円)は買っただろう。
この200円の差は大きい。
妻は、以前はコレクション用と使うため用と2枚ずつ買っていたが、最近はぐっと買う枚数を減らしたそうだ。
美術館では普及課があるように美術の普及を重要なテーマとしているくらいだから、少しでも多く、安く売るのが当然と思うが、横並びに150円として種類も部数も少なくさせているのがわからない。
高価になりかなり専門家向きになった図録を買わなければ、知人の便りにも使え記念品としては一番売れるはずの絵ハガキが冷遇されているように感じるのは焼成だけではないだろう。
原価20円もしない絵葉書が150円という売値をつけられ、売れない商品とされてはかなわない。
高価な図録を買わせるためとしたら、これもおかしなことだ。
地方ではまだ100円もある展覧会用の絵ハガキ(葉山のシャルフベック展では120円)は、都会でも100円にして種類も売り上げも伸ばしてほしいものだ。

二月の「十日市」に行ってきた

2月11日に、甲府盆地に春を告げるといわれる南アルプス市十日市場の「十日市」(2月11日に開催される)を見てきたので、忘れぬうちにちょっと書いておきたい。

十日市

昔は、「ないものは猫のタマゴと馬のツノ」といわれて賑わった十日市も、ホームセンターやスーパーがどこにでもある現在では、市で売れるモノも限られる。
縁起物のダルマやクマデ飾り、餅つきの臼や杵、柳材のマナ板、メンパや蒸し器などの木製品、これでモノはほとんどすべて。

臼と杵の店正月飾りの店

チト、サミシイ。
他には植木、海産物の露店が少し、あとはほとんどが子供相手の縁日露店(広島焼き、ヤキソバ、ベッコウあめ…)が並ぶばかり。
珍しい郷土玩具や、手作りの郷土食品でもないかなと期待していたが、大ハズレ。
ただ一つ、カヤの実を砕いて入れてある「かやあめ」が珍しかったので、買ってきた。

かやあめの店かやあめ


やはり、十日市といえば旧暦正月十日の市なのだから新暦正月をとった現在では1月の10日のほうが良いのではないか。
正月にふさわしい縁起物や新しい年にふさわしい玩具や道具、食品なども売りやすいのでは?と思いますが、縁日の露店を出すテキヤさんにとっては2月にも売りたいのでしょうか。

1月10日に開かれる会津の十日市は、正月飾りや縁起物の「起き上がり小法師」の店がたくさん出て、いかにも正月らしい華やかな賑わいがあって楽しい。
正月気分の抜けてしまった2月では、着物姿も見られない。
旧正月を祝うところでないと2月開催の意味がないと思いながら、「猿まわし」だけは楽しんだ。
猿のジャンプ力はたいしたもので、助走はほとんどなしで、身長の2倍以上を軽々と跳んだ。

猿まわし


それと、ここ南アルプス市加賀美地区(旧若草町)は、江戸時代から瓦の生産地として有名だったらしい。
甲府城の瓦もここが受け持ったようだ。
幕末明治〜昭和まで「特に最盛期の昭和25年頃には、三十軒以上の製造工場がここに集中していた」と、ここにできた「若草瓦会館」のパンフレットにあった。

若草瓦会館

近年その技術を使って、「鬼面瓦」というものを開発している。
棟を飾る鬼瓦ではない
家内安全・無病息災・商売繁盛のお守りとして飾るものだ。

鬼瓦

どこでもあるダルマよりも、ここの十日市で売る縁起物としてふさわしいのではないだろうか。
手のひらサイズから巨大なものまで売り出してほしい。

かや(榧)あめと、旧若草町が瓦の生産地(特に鬼面瓦)と知ったことで十日市に行った意味があった。
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ