風もないのに、ハリエンジュ(ニセアカシア)のクリーム色の花が落ち続けている。

ニセアカシア

庭も道路もこの花びらで埋まってしまった。
車の窓が開いていればどんどん中へも入ってしまう。
5月中旬から釜無川沿いの荒れ地は、この花の甘い香りに満たされる。
ミツバチの重要な蜜源となっているこの花の花期に、養蜂家の姿が見られないのは残念だ。
特に日本ミツバチの蜜が希少になってしまうのは残念だ。
アカシア蜜の蜜源がこんなにたくさん咲いているのに…もったいない。
自分でミツバチを飼うしかないか…ヨーロッパの田舎では普通にやっていることだから。

連休の3・4・5日は諏訪大社上社の御柱(里曳き)だったが、下社では14・15・16に里曳きが行われ、7年に一度の御柱祭は、上社の宝殿遷座祭だけを残して、ほとんど終わった。
上社で入れなかった「建御柱」の様子が気になって、下社春宮に行ってみた。

御柱パンフレットR0012934



14日(土)、里曳きの行列も建御柱の様子も、下社と上社では少しずつ異なる。
(御柱を曳く縄も地区ごとに手作りされ、異なっている)
特に御柱を立てる神社の地形や道の状況によって、巨木を運び入れる方法も異なってくる。
春宮は丘陵が終わりかかった坂の窪地にあるから、道は狭く、曲がりくねり、(ことさらに難関を作ったように見られる)とても巨木を通せる道はない。
神域の坂上に方向転換させてたどり着くと、ここから境内に落とすことになる。

落とし坂


いかに上手に狭い坂を確実に滑り落とすかが、担当各町内の技術だ。
千年以上続くと言われる御柱祭とは、伊勢の式年遷宮(20年)のように巨木を伐り運ぶ、そして立てるという技術を伝える方法を祭りに組み込んだ、稀有な祭りではないだろうか。
氏子の男たちは、祭りが終われば倒れ込むほどの全力を結集している。
(諏訪地方の田植えは、この祭りが終わらないと始まらない)
失敗すれば、氏子の群れに落ち込みかねない坂を、思ったよりゆっくり、地響きと砂煙を立てて落ちてくるのを見ると、やはり感動してしまう。
時間はもう何時間も、予定より遅れている。
今日中に8本の御柱を落とせるのだろうか。
春宮の四隅に4本の巨木を建てることになるのだが、もう4本の秋宮の御柱も境内に落とすことになっている。
そのうちの1本だけは今日中に建ててしまうのだ。
もう日暮れになってしまった。

暗くなり始めた中で、ようやく滑車と縄を使って柱が建ち始めた。
御柱を建てる穴


社殿横から規制線ぎりぎりに入ったここからは、社殿の屋根に隠れて見えにくい。
氏子にも規制がかけられているから、これが限度だ。
ここが落とし坂と建御柱の両方が見える唯一の場所だ。
もう照明が点き、すっかり暗くなった社殿の屋根上から、御幣(おんべ)を持った男たちが見え始めた。
暗くなり、どの写真もうまく撮れていないが…

R0012975


坂では5本目の御柱が落ち始めた。
もう臨時列車の時間が迫っている。
祭りの最終は深夜になってしまうだろう。
参道の下馬橋(春宮で一番古い建造物)が点された。

下馬橋


昼間の行列で面白かった長持ち行列や、春宮裏に建てる御柱の難しい曳行。

長持ち行列お面







恐ろしく狭い森の中を人力で通す。
すぐ下が川の流れがあるから、縄の処理が難しい。
R0012969R0012954

R0012959


そして、すぐ奥には有名になった万治の石仏もあるので、写真を入れたい。

万治の石仏


言い忘れたがこの祭りで印象的なのは「木遣り」の声だ。
これだけは女性の高い声で歌われ、曳行の合図となっている。
また、難関を越えようとするときには、氏子の力を結集する重要な役割を持っている。
この写真も加えたい。
木遣り