図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

2009年03月

絶版文庫探します。

以前、入手しにくいと書いた安藤鶴夫の文庫はその後、河出文庫で続々と出始め、代表作のほとんどは入手できるようになりそうな勢い。
もっと特殊な正岡容の本までが刊行され、「河出サン、大丈夫かしら?」と心配になるほど。

文庫本は流行作家の作品や話題作を除くと、半年から1年間かかって売り切ったようなペースの本は、品切れのまま重版しないのが普通。
「おくりびと」の原作「納棺夫日記」のように、話題になるとすぐ注文が殺到したりして久しぶりに重版することもあるが、これは例外。
地味な作家や読者層が限られたものなどは、品切れ状態のまま書店の棚から消えていく。

これを補うのが当店の務めのひとつ。
物故作家の、たとえば中井英夫や深沢七郎など代表作一点を残して、他は全滅。
地味な作家の優れた作品など、たとえば久生十蘭や日影丈吉など久しぶりに復刊したと思って安心していると、いつの間にか入手できなくなっているというのは、よくあること。
復刊した文庫は、すぐに読まなくても、とりあえず買っておくことが重要。


講談社の文芸文庫もこれほど点数が多くなってくると、基本図書として使えるが、品切れも多くなっている。
「長く品切れにすることはない」と言っていたが、難しいこと。後発のちくま文庫でさえも、かなりの品切れが出ている。
もうなくなった教養文庫、サンリオ文庫、旺文社文庫、福武文庫などは当然として、集英社文庫でもラテン文学関係は品切れ絶版状態のものが多いのが実情。

また、文庫本の楽しみとして、表紙カバーに特色のある画家を使って、個性的なシリーズものがあり、単行本とは違った魅力がある。
(講談社国枝史郎伝奇文庫の横尾忠則の装丁など)

秘戯書争奪


姿なき怪人



他に角川文庫の山田風太郎忍法ものの佐伯俊男、横溝正史シリーズの杉本一文、唐十郎の戯曲には合田佐和子、都筑道夫作品には山藤章二といった楽しみも、今の文庫にはない魅力。

少女仮面


七十五羽の烏


こうした絶版文庫も当店ではそろえていますので、お探しの文庫がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
店にも置いてありますので、お手にとってご覧ください。
















桜の道からコブシの道をたどっていくと

今年の花見はかなり早くなりそうだ。
野毛山公園」や掃部山公園のソメイヨシノに先駆けて咲き始める、近くの街路樹の桜はほとんど満開に近い。

この桜は珍しく山桜系で葉と蕾が一緒に開きだす早生種や、濃い目の桃色の花をつける寒緋桜に似た園芸種などが混じっていて、毎年、人目を引いている。
すぐ大木になるソメイヨシノを植えなかったのは卓見であったが、道路事情からか、太い枝をいくつも切ってしまって、樹勢はこの1・2年、すっかり衰えてしまって無残なだ姿だ。
「桜切るバカ、梅切らぬバカ」の通り、ここ数年で枯れてしまうに違いない。
やはり、大きく枝を伸ばせる公園や川沿いでないと桜は難しいようだ。
同じ道のコブシの木もきれいに花をつけてはいるが、横に広がれないのがかわいそうに。

野毛坂の通りの並木は、これも珍しく、近ごろはやりのハナミズキではなく日本国産種のヤマボウシを植えてあり、梅雨時には白い清楚な花をつけて風情がある。
ところがこの樹も去年は秋に二度目の花をつけ、朱い実と花が同時についている状態になるなどして少しおかしい。
車の排気ガスにも弱く、枯れ枝が目立つようになった。
すでに2・3本は枯れている。

街中の並木の樹種の選定や管理には、よほどの心配りが必要と思われます。
特に剪定にも排気ガスにも強い木で、あまり横に枝を広げず、大木にもならない樹種を・・・と、考えると月並みな樹種に落ち着いてしまうのか?
あまり空間がとれない道路にはツバキ、サザンカ等の潅木が良いかもしれない。
やれ、信号の邪魔になる、電線に触れてしまう、家に陽が差し込まないなど、すぐ樹を切ろうとする人が多い昨今では・・・。

とりあえず、弘明寺から大岡川沿いには桜の道が続き、黄金町、日ノ出町、野毛の入り口、都橋まで来ているので、これを野毛本通りのコブシの花へとつないで野毛山公園の桜へ続けたい。
ハクモクレンの白い花を補充して。


では今回も、この辺で、当店にある桜の名著をいくつかご紹介します。

1.山田孝雄「櫻史」(1990年 講談社学術文庫)
昭和17年初版の名著。これなくして桜は語れない基本図書。文庫に入って入手しやすくなった。でも、これも品切れ状態らしい。

2.佐野藤右衛門「桜花抄」(昭和45年 誠文堂新光社刊)
現代の桜守による桜一代記。桜の品種や栽培法まで及ぶ。

3.笹部新太郎「櫻男行状」(昭和33年 平凡社刊)

桜男行状IMG_0003

櫻に憑かれた男による名桜行脚と栽培記など、桜への愛の書。


4.「桜・巨樹名木巡礼」(昭和54年 六興出版刊)

桜IMG

全国各地に残る天然記念物の名桜40木を収めた写真集。
(写真 土門拳、島田謹介、藤井正夫ほか)


5.宇野千代「薄墨の桜」(集英社文庫)
薄墨の桜IMG_

樹齢千年を超えるといわれる名桜の再生と、それを取り巻く人間模様を描いた名篇。

眠ってばかりいるトラの看板猫、募集中

当店前の路地は野毛でも一、二を争う猫道だろう。
小生が知っているだけでも、この20メートルほどの小路に七、八匹いる。
ほかにも二、三匹の仔猫も見かけたし・・・。
冬は玄関扉を閉めているが、開けておくと入ってくる猫は、今のところ三、四匹。
うち一匹は誰もいないと思って偵察に入ってきて、悠々と帰っていくボスの黒猫(たまにおしっこをひっかけていくから油断ならない)だから、これを除くと、小生がいるのを知っていて入ってくるのは三匹。


1.おとなしいが、体を触らせない白猫。
頭をなでようとすると手を挙げていやがる。
猫足で近づくのでいつの間にか足元にいてギクリとさせる忍びの名人で、蹴飛ばしそうになる。
牛乳に目がない。

2.色が少し白っぽい三毛猫。
良く馴れて頭なで、OK。
足に体をすり寄せてくる。
最近は、毎日やってくる。

3.色が鮮明な三毛。
警戒していたが、最近入って来るようになった。
2と兄弟か?短い尻尾。

この三匹は会っても喧嘩はしないが、一匹ずつ時間差で現れる。
いずれもお客さんが入ってくると逃げ出すので、未だ看板猫にはなれそうもない。
当店では頭をなでられても平気で眠っている、駅長猫並みの看板居眠り猫募集中。
条件、本で爪を研がないこと、トイレの始末の良いこと、出来るだけ表に出ないでいつも眠っているような貫禄のある老猫であること。
太めの黒縞のトラ猫が良いが・・・無理か?

他に店前を通るのは、前記のボスと張り合っている大きな三毛猫。
この猫を見ると2と3の猫は一目散に逃げ出す。
よほど痛い目にあったことがあるのだろう。
やがてボス黒猫との熾烈な闘争が予感される。
もう少し先の居酒屋の黒猫も絡んでくるかも。
いつかものすごいスピードで店前を横切った黒い影を見たが、もう前哨戦は始まっているのか。
われ関せずと眺めているトラの老猫もいるが格別の長老猫か?
深夜の猫集会は開かれている気配もあるが、戦闘態勢に入ったクロと三毛に分け入って長老トラは収めることができるのだろうか?
もう少し、要観察と思われる。

この辺で猫のおすすめ本を。
1.内田百間の名作「ノラや」(「贋作我輩は猫である」も)現・中公文庫、またはちくま文庫。
*「ひゃっけん」は表記されないので「百間」としています。(本当は門構えに月)

ノラや



2.大佛次郎「猫のいる日々」六興出版刊。現・徳間文庫。
猫のいる日々



3.長田弘「ネコに未来はない」現・角川文庫。
猫に未来はない



これが小説・エッセイのベスト3.

猫の絵本も多いが、安泰さんの絵が素敵な大佛次郎作「スイッチョ猫」(フレーベル館)や漫画家やまだ紫の「性悪猫」(ちくま文庫)が秀作。

スイッチョねこ


性悪猫


いずれも当店では切らさず常備しています。

街の記憶〜散歩本

昨年末、旧・野澤屋が閉じ、伊勢佐木町通りも戦前〜戦後、昭和三十年代頃に元気だった店舗は、ほとんど瀕死状態。
わずかに有隣堂本店や不二家レストラン、創業九十年以上のへびやさん(黒田救命堂)くらいか。
通りの脇には太田縄のれんや荒井屋など牛鍋の老舗は健在だが・・・。

明治〜昭和初期の洋画の殿堂オデオン座や芝居小屋のノボリがはためく浅草六区のような光景は夢のまた夢の幻景としても、シュウマイの博雅も消え、無国籍の大居酒屋根岸屋も焼け、映画館もなくなった通りでは、もはやイセブラの意味もなし。
街歩きの魅力の大きなファクターは記憶に残る光景にどれだけ出会えるかにかかっている。
長く続いている個人経営の店舗や特徴ある建築などは、街の宝石なのだから・・・。
映画に取り上げられて有名になった、イセザキ裏通りの横浜日劇の建物も残せなかったし。

一方、野毛も同様に閉館後、そのままの姿をずっと残していたカモメ座が、一夜にして消え駐車場になってしまった。
ブリジット・バルドーのお色気映画を2階席から観た記憶がある。
昭和三十年代の雰囲気いっぱいの映画館だったのに、無念。
横浜市が黄金町・日ノ出町の再開発や野毛復興を計るなら、ここを拠点として「野毛劇場」化ができなかったのか? 疑問。

とはいえ、野毛地区には「カメラ大貫」が健在なのが嬉しい。
向かいにはヨシモトやひばりデビューの国際劇場(現在はJRAビル)の並んでいた場所。
中古カメラの名品がレンズやカメラケースなどまで大事そろえていて、この道では有名な店。
ライカなどズラリと並んでいるのは壮観の一言。
創業75年になる老舗。
デジカメ全盛の時代に、かえってフイルムカメラの魅力が蘇る。
こんな店が街に何軒かあると、街歩きは楽しくなる。
近くのもっと古い古書店「天保堂苅部書店」に立ち寄って、ご主人から長谷川伸の想い出を聞いてから、この路地を入って「ブックカフェ風信」の美味しい珈琲でも飲むか・・・と、こうなる。
そして、暗くなったら当店から数十歩の有名な居酒屋「武蔵や」で一杯やって帰ろうか。
それとも、「にぎわい座」でヘタな落語を聞くのも一興だな。
もう少し歩いて、ジャズ喫茶「ダウンビート」に行く手もあるな、深夜までやっているし・・・。

でも、ギャラリーらしきものが全然ないのは面白くないな。
絵のギャラリーは吉田通りに任せて、工芸品のギャラリーの1軒くらいは野毛にあってもいいのになぁ・・・。
骨董店も野毛の街に似合うなぁ・・・と、妄想は続く。


この辺で例によって、街歩き名人による散歩関連の本を2,3点。
1.植草甚一 「ぼくの東京案内」晶文社

ぼくの東京案内IMG





2.池波正太郎 「散歩のとき何か食べたくなって」(新潮社文庫本・ヨコハマの話も出てくる)

散歩のとき何か食べたくなってIMG




3.池波正太郎 「江戸古地図散歩」(正・続) 平凡社カラー新書

江戸古地図散歩IMG




続江戸古地図散歩IMG


*雑誌「東京人」や「散歩の達人」バックナンバーもかなりあります。
 お店でご覧ください。

ウバユリとネイチャーフォト

ウメや早咲きのサクラの花がテーブル上を飾っていた先月。
3月に入ると盛りを終えたサクラとローズマリーだけになってしまった。
花屋の花は当店では似合いそうもないので、こうなると登場するのはドライフラワー。

ワレモコウやカヤの種類やオヤマボクチなどもあるが、カウンター上にウバユリの実が開き切った状態で自然にドライフラワーになったものを置きました。

ウバユリIMG




























書庫のある、山梨の白州町の雑木林からいただいた自然の贈り物。
薄い羽根状の種は飛び散って、空になったもの。
穂が開いた状態で冬の森ではよく目立つ。
この状態で夕陽が差し込んで輝いているネーチャーフォトを見たことがある。

ふゆめがっしょうだんMG


























冬芽や樹の美しい肌など冬の「森の展覧会」として、よく撮っていた冨成忠夫氏の写真が好きで、店にも写真集が置いてあります。
この人の写真、植物写真を撮らせたらピカ1。
亡くなられたのは無念の一言。
この人の晩年に自費出版した小写真集2冊は、ネイチャーフォトブックスの原点。


ネイチャーブックスは当店では最も力を入れている分野ですが、写真集も当然いくつかの名作を常備しています。
古くは、アンセル・アダムスの写真集から、近年の今森光彦さんの「里山」(新潮社刊)、日本の森や山の自然で重要な仕事をしている水越武さんの写真集。
山の写真と共に、蝶や野生の植物などの貴重な写真を残した田淵行男さんの本などは、欠かせません。


いくつか好きな写真集を、ご紹介しましょう。
1.今森光彦 「里山物語」 新潮社 1995年
2.田淵行男 「山の手帖」 朝日新聞 昭和62年

山の手帖IMG


























3.水越武 「森林限界」 山と渓谷社 1986年
森林限界IMG


ぜひ、お店でご覧下さい。
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ