秋田では人間とクマがネマガリタケの取り合いで何人もの死者を出しているが、それでも人は山に入る。
このタケノコを食べなくては夏が来ないのか?
それとも日給2万円の魅力か。
たぶん両方だが、後者が勝っている人が、ベルを鳴らし花火をつけて竹やぶに入っていく。
普通なら音で逃げ出すツキノワグマも、この時期、ネマガリタケに夢中で簡単には逃げない。
中には、人間など恐れないクマもいる。
人間を威嚇してくるサルもいるのだから。

このところ我が家でも、サルの来訪(?)が多い。
先週からもう4回もサルの群れが来た。
毎年くるこのサル群は、八ヶ岳方面から川沿いに降りてくる同じグループだろう。
この時期は桑の実が狙いだ。
サルが去った後は、道路に桑の実や枝葉が大量に落ちているから、すぐわかる。
しかし、それ以前にやたらと騒がしくなるので「また来たな」と、寝ぼけ頭でふらふらしながらカメラを探すことになる。
(サルの群れは、ほとんど早朝、もしくは夕方のこともある)
我が家は片流れの屋根で眺望がきき、一方は高さがあり長いから、若いサルにとってはいい遊び場になるのだろう。
いつも屋根の上で大暴れして、起こされてしまう。
カメラを持って、そっと外へ出るのだが、すぐサルに知れて一目散に木を伝い、あるいは電線を綱渡りのように上手に山側の林に逃げてしまう。

このサル群は野生動物らしく、一定の距離を置いて近づくことはない。
人慣れして悪さをすることはない。
写真も赤い尻くらいしか撮れないのは残念だが…。
サル


隣の敷地は黒竹のタケノコが出るが、この方はイノシシが狙っているようだ。
「ようだ」と言うのは、まだ目撃していないからだが、昼間見ると根を掘った後が次々と見つかる。
イノシシは表面に出たタケノコには見向きもしないで、地中の柔らかい根をかじっているようだ。
イノシシは夜行動物だから、人と対面することはない。
まさかクマではないだろう。
釜無川を越えた尾白川沿いの森やキャンプ場には、南アルプス山中から降りてきたクマの目撃がある。
名水公園には、「クマに注意」の看板があったという。
こちらはネマガリタケはないから、それほど心配はないだろう。


「御柱」祭のクライマックスと言われる木落とし坂をまだ見ていないので、上社と下社の二つの木落とし坂を見に行ってきた。
また、新しい4つの御柱が建った上社前宮、上社本宮、下社春宮、下社秋宮にも寄ってこよう。
上社の木落とし公園は茅野の駅から歩いて行けるところにあるから、ついでに寒天蔵のいくつかも見てみたい。
前宮一の柱上社本宮一の柱


上社本宮二の柱


下社春宮一の柱下社秋宮一の柱


下社春宮


寒天蔵寒天蔵 (2)







中央線茅野駅の手前、列車から望める場所に上社の木落とし坂を整備して「木落とし公園」が作られている。
この坂は思ったより緩やかな坂で、その坂下は大きく芝生が広がり、事故が起きないように配慮されている。
安全重視の穏やかな坂になっている。

上社木落とし坂 (1)上社木落とし坂 (2)


こことは対照的に見るからに危険で危ないのが、下社の木落とし坂だ。

下社木落とし坂 (2)下社木落とし坂

春宮のずっと先、下諏訪駅からは歩くには遠すぎる山側に、山を切り拓いた急坂が作られている。
その角度45度、それもかなり長い距離を落とすが、その下にはほとんど平らなところがない。
すぐ、道路と川だ。
道路に突っ込みかねない危険な場所だ。
ここが映像でもよく見る、死者も出る下社の木落とし坂だ。
クワバラ、クワバラ。