堂上蜂屋柿をご存知でしょうか。
岐阜県美濃太田市の蜂屋地区で生まれた最高品質の干柿だ。

箱


堂上蜂屋柿2

最高級の8個木箱入りは1万円を超える。
堂上とは天皇や将軍への献上品という意味だ。
平安時代から千年も続く歴史をもつ大ブランドが、今でも守られ、認定制度として生きている。
この地で育った渋柿の品種「蜂屋柿」は、一枝に一個の摘果をされ、大玉の道場となっていく。
収穫された蜂屋柿は四角っぽくて機械ではきれいに剥けない。
手間をかけ手作業で皮を剝き、、昔通りに天日干し、手もみなど伝統作業を守って仕上げられる。
まさに飴色の宝石、そのねっとりとした甘さは何と表現したらよいだろうか。
ドライフルーツとして、これを越えるものは見つけることができない。
茶席の菓子としても、同じく岐阜県中津川の栗きんとんと並んで第一級であることは、お茶人たちにはつとに周知のことだ。

(美濃太田―中津川・この中間に位置する多治見の和菓子屋で、二つを合体したお茶菓子を見つけた。干柿の中に分からぬように栗きんとんが入っているのだ。1+1は2ならず!といったところか)
お正月の初釜では、茶席の主役となる。

栗入り干柿


毎年、蜂屋町の瑞林寺(地元では柿寺で通る)では、正月に蜂屋が気を使ったお茶会が行われる。
この蜂屋柿はヘタをとったら、バナナのように縦に裂くように向いていただくのが作法だ。

柿は世界中どこでもKAKIで通る日本原産のフルーツ。
特に甘柿の富有柿は今では世界中で栽培されているが、その発祥の地も岐阜県だ。
その瑞穂市と本巣市の境あたりに、富有柿の原木がある。

原木

同じく甘柿の代表的品種「治(次とも書く)郎柿」の母木も、少し南の静岡県、お茶の栽培の盛んな森町にあるのを知った。
民家に囲まれた小さな敷地に数本の意外と小さな原木数本が残されているが、二代目との表記があった。

山梨の干柿は甲州百目(匁)柿、富山では(南栃)では三社柿が使われる。
いずれも大玉の渋柿で、その製法は蜂屋柿の美濃から伝わったものだだろう。
南信市田町の市田柿も含めて、この中部日本の地域は干柿のふるさとといえよう。
干柿が出回る12月から正月にかけては、歳暮や年賀の贈答品が活躍する時期だけに、地元産の干柿が注目を集める。
その王様・堂上蜂屋柿も1月を越してしまえば、もう入手困難だろう。

中津川の栗きんとんについても、いずれ書きたい。

栗きんとん