図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

植物

花見の鉄道旅

まだ、朝晩はかなり冷え込む八ヶ岳〜甲斐駒の山麓も昼間は書架のような強い日差しが多くなってきた。
芽吹きの遅いネム、カシワ、カキ、オーク、ナツメなどは別にして、新芽は確実に動き出した。
カツラもハナノキもカエデもきれいな赤い新芽を開き、ホウノキも堅いつぼみを解いている。
一本だけ残ったカラマツもやわらかい緑色の芽吹きが始まった。

R0013976


かなり遅れ気味の今年の桜はどうか。
ソメイヨシノは暖かい雨が二・三度降ると一気に満開になってしまった。
シダレ桜は一般に開花が早めだから、もう葉桜になったかもと思ったが、ちょうど一週間前、10日(月)くらいに身延山に出かけてみた。
土・日は避けたが、まだ駐車場に向かう細い道の渋滞を考え、久しぶりに鉄道を使った。
身延線は単線だから、やたらと待ち合わせの停車が多いが、駅の桜もじっくりと楽しめたて、のんびり旅もいいもんだ。


甲府駅の身延線プラットホームからはお城の石垣や桜が目の前に見えることを、初めて知った。

R0014074

天守台も見えたし、駅前の信玄像のバックにはわずかに南アルプスの白根山さえはっきり確認できる。

R0014042

この風景を大事にしてもらいたい。
富士をお望みの外国観光客には駅ビル上に登ってもらいたい。
または、少し歩いて店主代に行けば、秩父山塊や南アルプスに囲まれた甲府盆地や真っ白な富士山の上半身が一望できる。
ここに立てば、天守の再建はいらないことがわかるだろう。

今、甲府盆地周辺、特に一ノ宮の裾はモモの花の色でも華やかに彩られている。
甲府の手前、春日居あたりの車窓からは、モモ畑と富士の姿が美しい

鉄道の花三度もいいもんだが、もう一つ、この旅には思わぬご褒美があった。
勝沼ブドウ郷駅の正面、夕日が沈む山々の中央に一段と高く神々しく見えるきれいなピラミダルな山は我が白州町の甲斐駒ケ岳だった。

R0014113

いつも南アルプスの端っこで、甲府付近では遠く目立たないはずのこの山が、この駅前では主役を張っているのにちょっと驚いた。

JPGa

白州から見える山容とは異なって、見事なピラミッド型を再確認できたのも収穫だった。


さて、身延の桜はどうだったか。
いつもなら4月の初めには終わっている本堂前の日本の名木枝垂れ桜は最後の輝きを保っていた。

R0014093R0014094

明日は天気が荒れるとのことだから、今年、最後の花見になるだろう。
本堂から少し離れた樹齢400年以上と言われる古桜の方はかなり樹勢が衰えてきているから、桜好きはここ数年のうちに観ておいたほうが良いと思われる。
車窓で見える小淵沢の神田桜も(まだ、開花していなかった?)、大枝が折れて近年衰えが目立ってきているように見えた。
近くの日本最古と言われる山高の神代桜(国の天然記念物)も、主幹はほとんど朽ち、そこから伸びた二世のような枝がやっと生き延びている状態だった。
100年くらいしか生きられないソメイヨシノと異なって、エドヒガンや山桜などはかなり寿命が長いほうだが、300年、400年を越えると、よほど環境をよく保ってやらないと生き延びることは難しい。
根を張っている部分より大きく囲んで、立ち入ってはならないのは最低限度のマナーだろう。
山桜や標高の高い富士見の枝垂れ桜、木曽谷の桜はまだこれからが本番だ。
まだ、不知の伊那谷の古桜も見逃せない。
山梨・長野には昔から村人に大事に守られてきた古桜がかなりある。
まだ知られていない古桜をめぐる楽しみはこれから続く

秋の七草  屮ズの葉」考

9月初めに妻が言うには
「windows10をインストールしたら、次の日パソコンが起動しなくなった。なんで!!ヘルプに聞きながらいろいろやってみたが、解決しなかった。修理に出さなくてはならないけれど、最後の四国旅行の写真だけはバックアップを取っていなかった。残念!」

と、言うわけでパソコンは2週間出かけていた。
戻ってからが、また、大変…そうなのか。
家電のようにプラグを差し込んでスイッチを押せば働くというものではない…らしい。
仕事をもっている妻はシルバーウイークまで待って、あれこれ様々な実際の線をつなぎ、インターネットで色々つなぎ、やっとめでたく前のように利用できるようになった…そうだ。
パソコンというやつはなかなかに気難しい道具のようだ。
そして、油断できないもののようだ。
しかし、便利この上ないもののようだ。


夏の車窓はクズの葉ばかり見ることになる。
線路の崖や土手はクズで覆われ、ツルは垣根や電柱まで登り始める。

R0011587

バイパスの法面はすべてクズの海と化する。
ツルは車が走らなければ路面まで占領しかねない。
無人駅では、空き地や斜面から伸びたツルがプラットフォームまで覆いそうな勢いだ。
真夏のクズの成長は驚異的だ。
アメリカでは日本のクズを荒地の緑化、グランドカバーに有用だとして導入したが、今ではそのあまりの勢いに手を焼いている。
反対に日本では、外来の植物・荒地ウリが河川敷や休耕田を占領している光景をよく見かけるようになった。
両者が合わさったら最強となる。
電柱を支えるワイヤーを競うように上り始め、ツル植物止めを簡単に乗り越えてしまう。
そこにヤブカラシやカナムグラでも加われば大変なことになる。

林業家にとっては、クズは一番厄介な敵となる。
日当たりのよい山地の斜面に植えられたスギ・ヒノキの苗木はたちまちクズが全面を覆い、日光を遮ってしまう。
早くクズを取り除かないと手遅れとなる。
林業の盛んな吉野が昔から葛粉の生産地となっているのは、意味のあることだ。
ここにはクズの根を掘る山人がいる。
「吉野葛」が高価なのも、その手間を考えればもっともなことだ。

吉野葛

「若狭葛」高級食材となってしまった。
「伊勢葛」「吉野葛」には近くに京都という、日本料理や和菓子の本場と周辺の林業がある。
「筑前葛」も城下町と近くに林業家がいるからではないか。

クズはマメ科のツル性植物で、荒地に強く根には良質のデンプンを大量に蓄える。
晩秋から冬にかけて根を掘り出すが、予想以上に太い。
芋のように養分をため込んでいる。
厄介なことに、ツルは節ごとに地面に振れれば根を出す。
ツルを引っ張っても仲々最終の本根までは行きつかない。

葛粉は予想以上に古くから利用されていたのではないだろうか。
葛布のようにツルの繊細を布とすることや葛根湯のように薬用として使い始めれば、当然その根のデンプン質も利用されるはずだ。
葛粉の精製技術が中国から伝わる鎌倉末〜室町以前、古代から日本では独自に利用されていたのでは?
秋の七草に万葉の時代からクズの花が選ばれている説明がつかない。
万葉人、憶良の完成には、秋の花といえばハギの花だ。
そしてその周辺にはススキ、キキョウ、オミナエシ、フジバカマ、ナデシコなどが咲く秋草の図の風景。
絵の高いススキに絡むクズの花をあえて描くとすれば、高原に咲く弱弱しい小さな歯のクズ花だろう。
秋草の原を覆い尽くす」葛の花が七草に入る余地はない。
ワレモコウもヒガンバナもリンドウもホトトギスもない。
美しいノギクの種類も入れないで憶良がクズの花を選ぶとすれば、有用植物として慣れ親しんだクズの花、意外な赤紫の色彩しかないのではないか…。


9月も半ばが近づけば、マメ科特有の形をした赤紫のクズの花が大きな葉陰に見られるようになる。

クズの花


クズの葉

万葉の歌のように葉裏がなびく秋風の光景を美しいとも思えない。
葉裏が美しいのは、タケニグサの大きな葉の白さのほうがよほど美しくなびいている。
クズの花がそれほど美しく感じないのも、万葉人とは違って、現代ではクズの雑草化が一段と進んでいるからではないかと思われる。

枝垂れ桜に埋もれる村

蕾のたくさんついた白花の枝垂れ梅を植えたのが3月、花が咲き終え一か月以上たっても冬樹のように新芽が出てこない。
普通、梅は花が散り始めればすぐ新芽の緑が見えてくるはずだ、おかしい。
もしかして最後の花を一気に咲かせ枯れてしまったのではないか。
あまりに遅いので、枝先を少し切ってみたが、枯れてはいないようだ。
その梅の新芽が先週やっと出てきた。
まだ、2、3か所芽吹いただけだが、これで一安心。


当地ではソメイヨシノの桜は散り終えたが、山桜はきれいに咲いている。
今週の開花は1週間くらい早く進んでいるようだ。
先週の日曜日(19日)、今年最後の花見でもしようかと思い立って、お隣富士見町(長野県)の枝垂れ桜を見に行ってきた。

有名な桜には人が集まる。
富士見の古い枝垂れ桜は、村の人々が守ってきた全国的には無名の桜たちだ。
思う存分に、ゆっくり静かな花見ができる。
標高900〜1000mのこの地ではまだソメイヨシノやコブシでさえも咲いているし、枝垂れ桜も山桜も連休近くまで楽しめるというものだ。

R0010032R0010103








富士見高原の田畑がなだらかに下っていく、その奥には白州とは少し表情の変わった甲斐駒が眺められる。
R0010020


この山の雪形はまだ確認されていないから、田植えなどの農作業は昔からコブシや古桜の咲き具合ではじめられたのだろう。
R0010062


富士見の古木となった枝垂れ桜は寺社の境内に植えられたものを除けば、すべて墓地に残されたものだ。
田畑の一番眺めの良い一等地に小高い丘を作り、この地区の墓地とした。
R0010012


その中央には寿命が長く美しい花をつける枝垂れ桜を植えたのは、江戸時代の農民たちだろう。
中には、桜とともに農作業の目印となるコブシも抱き合わせたように巨木となった墓地もある。

R0010019


特に枝垂れ桜の多い高森地区は、村中が枝垂れ桜の桜色に染まる。
みな、この村の観音堂に立つ立派な宝篋印塔と並んだ樹齢三百年を超える枝垂れ桜の子供たちだろう。
R0010091


この村の2番目に古い大きな枝垂れ桜、この根元にも古い墓石がいくつかある。
R0010047

隣の敷地には「井伏」という名札があった。
作家・井伏鱒二の別荘が富士見のこの辺りにあることは知っていたが、この枝垂れ桜の古木を眺める村はずれにあったとは、いかにも井伏さんらしい土地を選んだものだ。
富士見高原の別荘地ではなく、草屋根の多く残る古い集落の村はずれに夏用の小さな家を作っていた。
桜の季節に枝垂れ桜に埋もれるようなこの地を見て、桜好きの井伏さんは一目で決めたのだろう。
第二の故郷となった山梨もすぐお隣だ。

春は足早に過ぎていく

白州に長くいた。
その間に何回も旅をした。
ちょっと横浜に帰ってきたとき、パソコンが不調とかで(妻が)買い替えた。
そうこうしていて一か月ぶりの、更新だ。


日本の季節まで、欧米化してしまったようだ。
気持ち良い秋が恐ろしく短くなったように、春もまた、一瞬のうちに通り過ぎていく。
冬の翌日に夏が来る。
三寒四温を繰り返し、春の大風を何度か経て来るはずであった日本の春は、ほとんど消えてしまって、すぐ初夏に入ってしまう。
北国の春のように、ウメもコブシもサクラもモモも一斉に咲いて、一瞬の春は通り過ぎ夏へなだれ込んでいく。
これでは春の山菜の楽しみもなくなりかねない。
今までは2月末ころから始まるフキノトウ、そしてツクシから連休杉のワラビまで3か月近くあった、山菜の季節もうっかりするとなくなりかねない。
と、いう訳で、白州ではもう遅くなりかけたフキノトウやツクシの残りを採り、一つまみのカンゾウ、ミツバやナンテンハギ(アズキ菜)を味わった。
サラダにはほろ苦いタンポポの柔らかい若葉、酒のつまみにも少し苦みのあるアケビの弦の太い先端がほしい。
タンポポカンゾウ






タラの芽やウドも今年は早い、もう採り時だ。
忙しい芽生え時が過ぎようとしている。
ヨモギやナズナ、ゲンノショウコのロゼットもきれいに出そろった。

ゲンノショウコ

もう、2〜30年も前に野生植物の芽生え図鑑を出したいと思ったことがあった。
本葉とほとんど変わらない芽生えなら問題ないが、ちょっと変わった芽生えや特徴ある芽生えの場合は簡単な小図鑑があると便利だ。
(つい最近、ハンドブックが出版された)
大きく拡がってしまうヤエムグラやカナムグラは芽生えのうちに摘んでしまえば楽だ。

ヤエムグラ

アレチウリやヤブカラシも芽生えのうちに摘んでおかないと大変なことになる。
ヒメオドリコソウも芽生えてすぐに摘まないと面倒になる。
カキドウシと芽の形が少し似ているが、カキドウシには葉裏の紫色が少し見えるから区別できる。
畑作りの人たちにとっては同じ厄介な雑草だが、小生はヒメのほうだけを積んでいく。

ヒメオドリコソウとカキドウシ

時々、ニリンソウと間違えて死亡事故となるトリカブトの芽も出始めた。
これもニリンソウの花芽がなくても新芽だけで見分けなくてはならない。

草の名も運、不運がある。ハクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ジゴクノカマノフタ、イヌノフグリ、ドクダミ、ヘビイチゴ…など可哀想な名をつけられたものだ。
どれも小さな可愛い花をつける小生の好きな草花たちだ。
反対にヒメムカシヨモギ、ヒメオドリコソウなど名の印象が良すぎて、気に入らない。
ヒメはただ単に少し小さめという意味だが、印象が違う。
セイタカアレチヨモギやオドリコソウモドキにしたい位だ。

貝殻浜

心配していた「ホッコータルマエ」が、完全復活してターフに戻ってきた。
今年の3月ドバイで「ワールドカップ」ドンジリの16着に敗れた後、体調を崩して休んでいた「ホッコータルマエ」については、以前触れたことがある。
この鹿毛のダート王者は、すでに12月7日のG1「チャンピオンS」で勝ってはいたが、年末最後のG1「東京大賞典」でのぶっちぎりの勝利が完全復活となるだろう。
その姿をこの目で確かめたいと大井競馬場を覗いてきた。
12月29日、雨が上がったゴール前、2か月前の復帰戦で、新王者「コパノリッキー」に0.8秒の差をつけられ4着に敗れたこの馬が、今度はリッキーに4馬身の差をつけてゴールを駆け抜けるのを目撃した。
昨年に続いて2連覇の圧勝。
G1・7勝!
その黒い馬体も自信にあふれているようだ。


閑話休題、横浜は運河の街であったが、大きな川がないのがいささか寂しい。
市中を流れるのは大岡川と帷子(かたびら)川という小さな川くらいしかない。
少し大きな川と言えば鶴見川だが、昔の市電の路線図では市の一番東の終点となる生麦〜鶴見が河口で、海に流れ込んでいる。
鶴見、生麦は港町ヨコハマにとっては完全に郊外だろう。
旧東海道を生麦事件碑を過ぎて上がっていくと、国道駅の手前に魚介を扱う店が並んで朝市が立つ。
海沿いの生麦の魚市は昔から貝類が多く集まり、朝早くから店頭で貝をむく人たちの光景を見ることができたが…今はあまり見かけなくなった。
その貝殻は浜に積み重ねられ、いつしか貝殻浜と呼ばれる白い浜が出来上がった。
今、運河が整備された後も、貝殻浜だけはそのまま残され、昔の面影を伝えている。
川向うは新しくできた人気校・横浜市立サイエンスフロント高校だ。
貝殻浜 (2)貝殻浜








魚釣り用の船が何艘も舫ってある。
舫い船
その静かな澱みに冬の水鳥たちが浮かんでいる。
マガモ・クロガモ・キンクロハジロ・スズガモ…。
舫った網には、セグロカモメが並んでいる。
パンの切れ端でも投げれば、大変なことになる。
たちまちカモメの大群に付きまとわれるだろう。


この浜の近くでヤマブドウが穫れると言ったら、信じてもらえるだろうか。
この浜にも一株あるが、近くのフェンズに絡む2.3株はアスファルトとコンクリートの壁のわずかな隙間から下の土に根を張っている。

山ブドウ

9月末だっただろうか、このフェンスに絡む株には、天然のヤマブドウのまだ青い実がいくつも実っていて、1か月〜2か月後の収穫が楽しみだった。
こんなに実をつけてのは、今年が初めてだっただろう。
栽培したヤマブドウのように充実して大きな葉を広げていた。
ところが、1か月後、ここには何もなかった。
ツルのかけらもなく、フェンスにかかる枝、ツル、葉は完全に消滅して、フェンス奥の根元だけが残っていた。
雑草取りにしてはきれいにし過ぎと思っていたら、その後白いペンキが塗られていた。
何年かに一度のペンキの塗り替えが行われたのだ。
あと、1か月、いや40日後、朝晩が冷え込む時期になっていたなら、ボトル1本分くらいのヤマブドウが穫れたのに…。
多分、このヤマブドウは総持寺の花月園の森からヒヨドリが運んできたものだろう。
人の手が入らない崖や墓地には、まだヤマブドウが生き残っているところがある。
しかしそういうところも、崖崩れなどがあるとキレイにコンクリートで固められる運命にある。

山麓にも実の付くほど充実した株はなかなか見ることはできない。
深い森や高地のヤマブドウはクマのものだ。
富士山麓や奥日光などではヤマブドウが樹を覆っているのをよく見るが、これもサルやクマ、野鳥のものだろう。
優秀な株から一年枝を取り、挿し木か接ぎ木で育てた方が早道かも知れない。
陽のよく当たる土面かベランダがあればよし。

もう今年もあとわずか、新しい年を祈念してヨコハマから眺めた「夕陽の富士」(少々ピントが甘いが)をお目にかけたい。
富士山

プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ