図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

映画

「洲崎パラダイス・赤信号」を観た

〔映画〕というものは、しばらく観ていないと、なかなか観るきっかけがつかめず、敷居が高くなり、ずるずると観ないで済ませてしまうものだ。
スクリーンではないBSやDVDで古い映画を楽しむのは、別の次元のことである。
「あん」以来、しばらく観ていなかった映画を観に行くきっかけになったのは、川島雄三監督作品「洲崎パラダイス・赤信号」のチラシを観たからだ。

洲崎パラダイス・赤信号

ミニシアターや独立館が少なくなり、シネマ・コンプレックスばかりになってしまった横浜では、古い映画を観ることができる機会はそれほど多くはない。
シネマJ&Bの孤軍奮闘ぶりが目立つだけだが、他にも会員制のシネマクラブや神奈川近代文学の日本映画上映会など、わずかなチャンスがある。
「洲崎パラダイス・赤信号」も岩間シネクラブの思い出名画館(第124回)の珍しい日本映画上映となる。(6月16日・保土ヶ谷岩間市民プラザ4Fホール)


川島作品は唯一の時代劇「幕末太陽伝」(1957年)ばかりがもてはやされているが、晩年の若尾文子主演の三作品(「雁の寺」「しとやかな獣」「女は二度生まれる」)や文芸モノ「貸間あり」(「井伏鱒二原作)、「わが町」(織田作之助)、「風船」(大佛次郎)、「暖簾」(山崎豊子)、「あした来る人」(井上靖)など興味深い作品がある。

しかし、昭和20〜30年の現代モノの魅力は、当時のロケ地の風景・風俗が見られることも大きい。
失われた建物や街並み、風景を大画面で見られるだけでも貴重だが、そこを舞台に水準以上のドラマが展開すれば言うことはない。
以前、大森の成瀬巳喜男作品週間で、「鰯雲」(昭和33)を観たことがあるが、厚木駅近辺の田舎ぶりに驚いた。
また、相模原や津久井近郊の農村風景の美しさも目に染みた。
都市近郊のその後の醜く貧しい風景を見るたびに、昭和30年代までは大都市周辺にも美しい農村風景が残っていたことを確認できる。


「洲崎パラダイス・赤信号」では最初の勝鬨橋シーンから、洲崎パラダイスのネオン門のある遊郭入り口の震災復興橋と堀川など、江東地区の運河や橋が印象的に描かれている。
埋め立ての土砂を運ぶダンプカーが疾駆する場末の歓楽街、スクーターで日参する神田のラジオ店のオヤジ、橋の入り口にある小さな飲み屋はすぐ下の貸しボート屋を兼ねている。
この飲み屋は蒸発した亭主を待ち続ける女(轟夕起子)が守っている。
ここにたどり着いたのが腐れ縁の男女。
(川島作品に欠かせない俳優・三橋達也と宝塚スターから転身した新珠美千代)。
飲み屋のシーンこそセットの撮影だが、外のシーンはそのままロケ地となる洲崎の埃っぽい街並みや橋の親柱や照明が移り、夕暮れともなれば洲崎パラダイスのネオンが輝く。
売春防止法施行直前の場末の盛り場がよみがえる。
ソバ屋の娘役・芦川いずみも、ちょい役(出前役)の小沢一郎も楽しめる。

三日後は横浜キネマ倶楽部のドキュメンタリー映画「春よこい」(安孫子亘監督)。

春よこい


いつもは横浜西口近くの西区公会堂だが、今回は鶴見公会堂で上映された。
このシネマクラブは、自主上映される上質なドキュメンタリーやミニシアター系の名作を選んでいる。
以前、ヤン・ヨンヒ監督の「かぞくのくに」とその講演に行ったことがある。

かぞくのくに


次回、8月には塚本晋也監督・主演の「野火」(大岡昇平原作)が第44回の上映会となる。
これも必見の作品。

野火

この横浜キネマ倶楽部は「横浜に映画ファンの思いが反映される映画館を作る」との目標で、2005年にできた団体、応援したい。

一度観始めるとなかなか止まらないのも「映画」の病。

「早池峰の賦」を観た。

岩波ホールの支配人・高野悦子さんが亡くなって8カ月が過ぎた。
5日(土)より、岩波ホールでは高野悦子追悼の上映会が始まっている。
氏が力を入れた女性監督の4作品が、25日まで連続上映される。


初日の羽田澄子監督「早池峰の賦」(1982年作)を観てきた。
この作品は3時間を越えるドキュメンタリーのもはや古典。
早池峰山登山口の村々に伝わる山伏神楽(国指定の重要無形文化財・2009年にはユネスコの無形文化遺産にも登録された)と、村の厳しい生活を追って、カメラは雪の中の神楽週について歩く。

この山村には、葉タバコの収穫が済めば現金収入の当てがない。
時には、村から一番近い大都会・盛岡に出て、地元産物の宣伝のため早池峰神楽を披露する。
この貴重なドキュメンタリーだが、地味で恐ろしく長い作品を、高野は「少しだけ削ってね」と言っただけで、すぐ上映を決めた。
(当初よりほんの10分くらいだけ短くなったようだ)
しかも、ロング・ロードショーである。
若き日にフランスに留学して映画を学び、作品まで作った高野だから、その苦労がだれよりもよくわかる。
特に一般公開できずにいる秀作には果敢に挑戦した。
岩波ホールのロードショー公開作品リストを見ればそれが良くわかる。

岩波ホールチラシ


そんな作品の一つ、カナダのシンシア・スコット監督の「森の中の淑女たち」(1990年)も12日から上映される。
この見逃した作品を観ることができる喜びは大きい。

なお、当日は「早池峰の賦」「薄墨の桜」の羽田監督があいさつされ、「初めて早池峰神楽を見てから12年後にやっと製作にかかることが出来た…」と語ったが、そのお元気なこと、八十も後半に入っている方とはとても思えない。
「嗚呼 満州蒙古開拓団」「遥かなるふるさと―旅順・大連」に続く新作の出現が期待できそう。

次回は、盛岡の街について書きたい。
同じく山都で城下町の松本についても触れることになるだろう。

復興はどうなっているのだろうか?

マダニの件はやっと続報を見た。
死者は確定できぬのか書いていないが、7〜8人か?
マダニのもつウイルス感染病SETS(重症熱性血小板減少症候群)には、まだ特効薬はないようだ。
噛まれないよう、野生動物が出入りするけもの道の周辺には近づかない。
家のペットには、駆除剤対策をしておくこと。
外出した犬・猫に取りついたダニは、たっぷり血を吸って何十倍にも膨らんで通り道に落ちていrる。
・・・中国の新型鳥インフルエンザも食用ハトばかりでなく、野生のハトからも検出された。
渡り鳥を介在して、日本に入る日も近いか?

ところで、先の石巻〜気仙沼〜陸前高田の旅で知りたかったのは、復興の兆しを少しでも見つけたかったことと、木材生産地として知られる南三陸の志津川地区の植林とその被害。
三陸海岸近くの植林の様子はちょっと想像できなかったが、やっと見ることができた。
入り組んだ海岸近くの丘はほとんどすべて、杉の植林が成されていた。
山側の平地、小川の脇などにも大きな杉の森が出来ていた。
津波は小高い丘のスギ林の下方まで来ていて、根元だけを残して引きちぎるように海に持って行ったようだ。
引き波の威力が相当に大きいのを感じる光景が、いたるところで見られた。

津波跡

神社や寺の参道の巨杉も海水をかぶり、枯れた巨木も多い。
これらの材は有効に使われて欲しい。
流木となって廃材置き場に会った杉材の丸太を使って建てたのが、陸前高田の仮設住宅の集会場となる「みんなの家」だ。
小生が最後にたどり着いた陸前高田は陽が落ちて真っ暗だった。
高台の仮設の看板だけが見えた。

役所役所入口










もうひとつ、防潮堤のことが気になる。
海岸線には8.5M、9Mといったポールが立っているが、これはコンクリートで造るのだろうか?
宮城県知事は、平均8メートル位の防潮堤ですべてを囲むつもりのようだが、それでよいのだろうか?
気になっていた公設の集合住宅は1、2を除いてまだほとんど実現できていなかった。


ここで、「蟻の兵隊」の池谷薫監督の新作ドキュメント「先祖になる」を紹介したい。
先祖になる
陸前高田の77歳の震災後を描いている秀作。
「家が流されたらまた建てればいい…大昔から人はそうやってこの土地を生きてきた。」


ついでに、連休中の安くて楽しい穴場スポットを紹介したい。
川崎大師隣の大師公園にある「瀋秀園(しんしゅうえん)」。

ボタン池
ボタンの花と名石鑑賞、本格的な中国式庭園が楽しめる。

昭和映画のミューズと江戸っ子作家・松太郎

先の12月28日、高嶺秀子が86歳で亡くなった。
日本映画の黄金時代(昭和20〜30年代)にもっとも輝いていた女優。
木下恵介作品「カルメン故郷に帰る」「カルメン純情す」「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」や成瀬巳喜男作品「浮雲」「乱れる」「女が階段を上がるとき」・・・、野村芳太郎作品「張込み」などのモノクロ画面の美しいシーンが思い浮かぶ。
(「カルメン故郷に帰る」だけは昭和26年にしては珍しくカラーだった。)

この人、木下恵介の門下のシナリオライター松山善三と結婚して、その初監督作品「名もなく貧しく美しく」にも主演したが、昭和54年木下作品「衝動殺人、息子よ」を最後に映画界からキッパリ引退してしまった。
その後エッセイストとしての高峰はベストセラー「私の渡世日記」をはじめ数々の出版をし、現在でも文春文庫でほとんどの本を読むことができる。
小生、梅原龍三郎などが出てくるエッセイなどあまり興味がないので、お薦めの文庫本としては、川口松太郎からの聞き書きをまとめた人情話「松太郎」を取り上げたい。

松太郎


この本、江戸っ子作家川口松太郎(愛妻はご存知でしょうが、三益愛子)の飾らないキップ(気風)のよい人柄が、べらんめえ口調と共に印象に残る。
明治32年、浅草の今戸の貧しい職人の家に生まれた松太郎。
その頃の今戸は西洋館の1軒もない江戸の街並みそのままだった。
今戸橋も当然、木造。
明治の下町の風景、情景を細やかに描け、芸人や職人の生活・風俗・人情を造作なく描ける作家は松太郎を最後にいなくなった。

川口松太郎作品は、第1回芥川賞受賞作となった「鶴八鶴次郎」(昭和9年作)、新内語りの悲恋を描く「風流深川唄」(昭和10年作)が有名だが、もう一つの代表作「明治一代女」(昭和10年作)も含めて、今では手軽に入手できない。
この3作が入った中公文庫版「鶴八鶴次郎」の復刊希望。
その折には、もう一冊、晩年の吉川英治文学賞を受けた「しぐれ茶屋おりく」(昭和44年)も一緒に復刊してもらいたい。
いずれも中公文庫。(昭和54・55年刊)
鶴八鶴次郎


しぐれ茶屋おりく


松太郎が「rオール読物」に作品を発表する前の修行時代、大震災の東京を離れ、一時期大阪の出版社プラトン社の「苦楽」という雑誌の編集をしていたことがある。
それ以前、14歳のときは、夜店の古本屋をやったり、13歳にして小学校の先生の書生となり居候生活も経験したり、相当の苦労人だ。
しかし、そんな体験から「人情馬鹿」や「信吉」もののシリーズが生まれ、話し上手・聞き上手のべらんめえ松太郎が生まれたようだ。
晩年の松太郎は、レストランでの食事の折などには「もう今後、俺は人に義理を作るのはいやだから、俺の金があるうちは全部、俺が勘定を払うよ」を実践していたようだ。

最後の作品が昭和60年の新聞連載「一休さんの道」(この本は講談社文庫にも入ったが、現在は絶版)。
この作品を3月に書き上げ6月9日に亡くなったという、江戸っ子作家の律儀。
「俺の葬式はいらねえよ。やりたくねえんだ。」
川口の江戸っ子美学を貫いた人生。

ところで、高峰秀子の少女時代の作品「馬」(山本嘉次郎監督・昭和16年)を見たい。
亡くなる2・3ヶ月前に、神保町シアターの「映画の女神・高峰秀子特集」で上映されたようだが、京橋のシネマテークあたりで、再上映を熱望。
「秀子の車掌さん」(成瀬巳喜男監督・昭和16年)も一緒に。

古本屋映画と古本屋本

近頃目立つ新刊書に古本に関するエッセイや古本や自身が書いた本がある。
待ちから古本屋がどんどん消えていくのに、この種の出版は盛んだ。
マンガにも古本屋を舞台にしたシリーズが人気を呼んでいる。
(金魚屋古書店 小学館刊行中) 
無論これは、マンガ専門店の話だから、成り立つわけで、これが普通の小説等を中心としたお店であれば、ウンチク話を聞かされても面白くもなんともない。
先がかすんで見えないほどの書棚をバックヤードに持つ街の小さなマンガ専門の古本屋、名作マンガのウンチク話も交えて、仲々楽しめるシリーズだ。

ところで、映画で古本屋を舞台にしたものはこれまで聞いたことがない。
ちよだ文学賞受賞作品の映画化「森崎書店の日々」(日向朝子第1回監督作品)は、その珍しい例だ。

森崎書店の日々ポスター


今だに古書店が増えている最大の古書街・神保町。
そこの小さな古書店の二階に仮住まいすることになった失意の女性が、街とそこに出入りする人たちに癒されて成長していく話。
少し、神保町の宣伝臭が気になるがそれは良しとして、同じ古本屋の端くれとしては、ここに登場する志賀直哉をこよなく愛するという森崎書店の常連に、チト、違和感を覚える。
60代と思われる古書ファンに志賀直哉とは?
あまり馴染みのないマイナー作家でもわざとらしいし、荷風や鏡花本も高価すぎてこの店には似合わない。
造本に凝った谷崎潤一郎や、装丁に一家言ある室生犀星あたりが良かったなぁと思うことしきり。

古書店の女性店主も最近はかなり増えてきて、今まで見逃されていた本にも陽の目が当たってきた。
ここに取り上げた「海月書林の古本案内」(市川慎子著)も、カラー図版で「暮らしの手帖」「花森安治の装丁本」「女嫁講座シリーズ」「あまカラ」「洋酒天国」「婦人画報の目次」「しおりや検印紙」・・・と楽しい古書案内となっている。

海月書林の古書案内


もう一冊、「モダン古書案内」もその一環。

モダン古書案内


この本にも市川慎子さんも登場するが、もっと広く「ひまわりと中原淳一」「北園克衛の仕事」「横尾忠則、和田誠、植草甚一、金子國義、堀内誠一・・・」と、こちらはモノクローム図版が多いが、昭和の懐かしい本や雑誌が並んでいる。
この2冊が今週のおすすめ本。
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ