図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

横浜

〔真っ黒く澄み渡る馬の目の中に釜無川が流れている〕 方代

4・5日ぶりで戻った山梨の家はカシワの大きな枯葉で埋もれていた。
カシワの葉は厚く大きいから腐葉土にはなりにくい。
庭に散ったカシワの落葉は紙屑のように目立って目障りだから、集めて落ち葉焚きしなければならない。
頑張っても2・3日はかかりそうだ。
それにしても、カシワの落葉が年々早まるのはどうしてか?
以前は春近くまで半分以上が残っていた枯葉が、今ではもう99パーセントが散ってしまった。
老木(まだ成木だが)の生理なのか、わからない。

鉄道が通る以前、甲府盆地は周囲のほとんどを山に囲まれているから、富士川に舟運や身延道を除くと、かなり険しい峠を越えなければ他国へは出られない。
そのひとつ、甲斐と駿河を結ぶ中道(なかみち)往還も右左口(うばぐち)宿あたりから険しい登り道となって、精進湖へと向かっていく。

この右左口で生まれたのが、歌人・山口方代(ほうだい)だ。
〔ふるさとの右左口郷(うばぐちむら)は骨壺のそこに揺られてわがかえる村〕
この歌碑が今は空き地となった生家跡に建てられている。

歌碑

このあたりの風景は方代の育った当時とあまり変わっていないだろう。
旧街道の面影が坂道の家々に残っている。

街並み

母を負ぶって上った観音堂の石段もそのままだ。
少し高見に登れば、笛吹川が流れる甲府盆地が一望できる。
〔笛吹の石の川原を越えていくひとすじの川吾が涙なり〕
母がなくなると方代は父と共に、横浜へ嫁いだ姉を頼り、横浜市西区浅間町へ移ることになる。
1938年、24歳の時だ。
〔石臼を最後に売りてふるさとの右左口村を逃れて来たる〕

すでに青年時代から歌を詠み、投稿していた方代だが、本格的に詠みだしたのは敗戦後、野毛の闇市を鈴木信太郎訳「フランソワ・ヴィヨン詩鈔」(全國書房刊)をふところにうろついていた時期からだろう。
〔青ぐらい野毛横浜の坂道の修羅を下る流転者方代〕
〔ガスをはなてる運河をのぼり野毛山の死人舞踏之図をふりあおぐ〕
〔野毛坂の坂のあかりにしたいくる名に負う港の乞食貴族よ〕
〔歌をよむ吾をたたえてはばからぬ幾千万の浜風太郎(プータロー)〕

美空ひばりが野毛にあった国際劇場でデビューした戦後、野毛の最もにぎわった黄金時代、方代はひばりの「悲しき口笛」を聴いただろうか。
山梨県立文学館で観た劇団黒テントの公演「山崎方代」は「物語演劇」という副題をつけているように、軽快に当時の流行歌を絡めながら、方代の生きざまを追っていた。

黒テントポスター鎌倉文学館ポスター



方代の処女出版は、姉が資金を出し自費出版した第一歌集「方代」、昭和30年のことだ。
当時、横浜の文学科界の人々は馬車道の「ホースネック」に集ったが、方代はその片隅に目立たぬように時々現れたようだ。
基本的に方代は出しゃばる人ではないが、変に映ることもしかねないところがあり危うい。
この第一歌集を献呈した会津八一からのハガキの言葉には舞い上がってしまった。
「滔々たるマンネリズム、フォーマリズムの横溢する今の世の中に、異色ある光芒を発揮せらるる如く感ぜられ…」とあったからだ。
すぐにでも御礼に行きかねない気配に、八一はすぐ二信を送る。
「当方へご来訪の如きは絶対に無用にて候。」
(この「絶対に」のところには赤字で付け加えている)
会津八一の慌てぶりがおかしくて、にやにやしてしまう。

晩年の鎌倉暮しにはもう触れない。
方代に癌が見つかって亡くなったのは1985年8月19日、「横浜国立病院」であった。
享年71歳・
〔六十になればなればとくり返し六十歳を越えてしまえり〕
〔欄外の人物として生きてきた夏は酢蛸を召し上がれ〕

花月園競輪場・最後の日

季節の穏やかな変化・移行が当たり前だった日本の四季は、今やピンチとなっている。
同じ日本列島でも、同じ日に夏日と冬日が同居する日があるこの頃だ。
別に沖縄と北海道では珍しくもないが、同じ東日本でも、太平洋側の海沿いでは12月に夏日という以上機構があった。
当然、寒い地方では冬日だ。
あるいは同地点でも陽が出ない早朝や夜中は冬日だったかもしれない。
寒風と晴天、乾燥した澄み切った空気という日本の冬が今年はなかなかやってこない。
山梨ではこの季節の風物となっている干し柿が軒下にすだれ状に並んでいる光景が、塩山などではよく見られるが、今年はカビの発生で半分近くが廃棄されてしまったという。
冬らしい晴天が2,3日も続かない。
雨が多い。
それもかなりの雨量となる。
こんな冬は聞いたことがない。
室内の湿度計はなかなか50%を切れない。
珍しく50%を切ったと思ったら、すぐ雨が降る。
冬の名物、澄み切った青空にくっきり雪を頂いた山が見える眺望も数えるほどだ。

わが庭も少しおかしい。
例年だったら正月明けの雪の日でもかなりの枯葉を残しているカシワの木がもうほとんど葉を落としてしまった。
白茶色の大きな落ち葉で地面が覆われている。
カエデやナラ、カツラの落ち葉と異なってごみを散らしたようで目立つし、腐りにくいから燃やさなくてはならない。
楽しい落ち葉焚きとはいかない。
雨の日はできないし、いつもならカサカサに乾いている落ち葉が、今年は下のほうが練れていて乾ききらないうちにまた雨となる。
大量の落ち葉焚きは、はかがゆかない。
これではきれいな干し柿ができないのも当然だ。
こんな状態で真冬のシベリヤ寒気団が張り出してくるようになったら、また大雪となって、山に囲まれた山梨は陸の孤島となりやしないか…と、心配になってしまう。


前段がまた、長すぎた。
先日見てきた花月園競輪場の見納め、最後の公開日のことを少し書いておきたい。
東洋一の遊園地、初のテーマパーク「花月園」については以前書いたと思うので触れない。
谷崎潤一郎なども通ったダンスホール(日本初)や少女歌劇団もあった花月園だが、戦後の昭和25年からは競輪場となっていた。

花月園マーク


その役目も終わっていた先日、競輪場の跡地利用が決まり、いよいよ取り壊しが始まる前に最後の公開をするというので出かけてみた。

最後の競輪日にも行って、初めて車券も買ったメインスタンドやコースはそのままだったが、コース内のグリーンはススキの原に変わっていて悲しい雰囲気が漂っている。

メインスタンド

往年の選手たちの記念のレースを終えて、歩けるという。

レース
走路を歩く

当時日本一と言われた走路を歩きながら、この立派なスタンドもコースも壊すことはないのでは?としきりに思う。


選手や関係者も同じ思いの人が多いのではないだろうか。
もう、国際競技ともなったKEIRINスポーツの聖地として残せなかったのだろうか。
周りの花月園の丘を使ってマウンテンバイクのコースを作り、自転車競技の新しい施設を加えて、競輪場を残せなかったのか。
東京オリンピックの自転車競技の一部を静岡で行う予定だというが、花月園ではできないのだろうか。
駅から近く、都心からも便利なこの歴史ある土地を県は防災の拠点とするらしいが、競輪場を壊してどんな建物を作るのか、作らないのか、イメージがわかない。
詳しい設計を出してほしい。

大正3年開園した花月園は、子供の遊園地としてばかりではない。
ホテルも茶店も花木園や大池も、野外劇場も有名画家による絵馬堂もあり、大人も十分楽しめる場所となっていた。
また、スポーツ・グランドや相撲場まで作ったこともある。
桜の名所として吉野から移植した桜が全山を覆い、藤棚(今も競輪場の売店の前にこれがある)もいくつもあった。
バラやツツジの小路やトンネル、ショウブ園、秋の紅葉など、風情ある花の名所としても知られていた。
この花月園の歴史に倣うなら、少なくとも全山美しい花木で覆われた自然公園にするのは一番かもしれない。

横浜海岸教会と開港広場の風景

元旦から6日間旅に出て、帰ってきたまたすぐ小さな旅をし、冷たい雨が嫌だと閉じこもり、そのうちサッカー・アジアカップや相撲が始まり見ざるを得ない…そんなこんなでもう半月経ってしまった。
今年もそうやって、あっという間に過ぎていくのだろうか…。

いつか少しふれたことがあるが、昔の港町ヨコハマの風景をもっとも残しているところはどこか?というと、間違いなく開港広場のある一角だ。
ここには50年前と変わらぬ建物があり、大きく開放的な空が美しい。
英一番館の跡地にできたシルクセンターのビルを除けば、戦前、大震災後に復興した昭和初期の風景がほとんどそのまま感じられる貴重な街並みともいえる。
この地は、ヨコハマ開港前の日米和親条約の締結地という歴史的な場所でもあった。
ハイネが描いた水彩画をもとにした石版画には、水神社の大木が描かれているが、これが英領事館(現・開港資料館)内のタマクス(玉楠=タブノキ)の先代という。

ヨコハマ上陸


玉楠

(当時の木は関東大震災で焼けてしまった)
この絵によれば、日本大通りの海側入口付近に応接所が作られ、その先からペリーが上陸したことになる。
安政元年、1854年のことだ。


今、開港広場に立ってみると、隣は旧・英国領事館(昭和60年築)とクマクスの木が見える。
通りの向こうには、低層・スクラッチタイル張りの震災復興ビルに入ったレストラン「スカンディア」が見える。
開港広場 (2)


右手はシルクセンターの大きな建物、これは戦後ヨコハマの復興シンボルとして、昭和34年に完成したものだ。
当時としては、横浜で一番高い建築(一部9階建て)で、設計者は鎌倉近代美術館を設計した坂倉準三。


そして背後には、横浜海岸教会が未だ背後の高層ビルに埋もれるように、しかし、印象的な姿で建っている。
しばらく外壁修理のためか、覆いが掛かって見えなかったが、やはりこの広場にはこの教会が欠かせない。
改めてこの教会の重要性を思ってしまう。

海岸教会 (2)海岸教会


この地は、国際航路の出入りする大桟橋の入口にあたる。
ヨコハマ港から上陸する乗客たちは、真正面の一番奥にこの教会の美しい側面を見ることになる。
開港広場 (3)


日曜礼拝の鐘が鳴れば、教会に吸い込まれる外国人クリスチャンもいるに違いない。
このチャーチベルは、1875年、教会堂建設時にメアリー・プラインが寄贈した貴重なもので、戦時中の金属供出にも守り続けられた鐘だ。
そして、メアリー・プライアンこそ、横浜協立学園の創立者の一人であり、日本人最初のプロテスタント教会(後の横浜海岸教会)である日本基督公会設立の源となった祈祷会(パーラー・プレイヤー・ミーティング)を山手で開いた人だ。
海岸教会の創始者J・H・バラは、米国改革派教会の宣教師として来浜、この地に石造りの小さな教会堂(自ら「聖なる犬小屋」と呼んだレンガ造りの小堂)を作った。
レンガ造りの犬小屋

そして、ここで洗礼を受けた篠崎桂之助など9名と、すでに洗礼を受けた2名を加え、日本人11名で先の基督公会が作られた。
この1872年3月10日が横浜海岸教会創立の日となっている。
1872年(明治5年)といえば、まだ日本人にはキリスト教の禁止令が生きていた時だ。
(キリシタン禁制が廃止されたのは翌、6年)
篠崎ら11人の、日本人の強い信仰心が窺える。


最初の石造りの大会堂は、大震災で倒壊したが、1933年(昭和8年)、横浜の建築家・クリスチャンであり宮内庁技師であった雪野元吉の設計で再建されたのが、現在の建物だ。
震災後のプロテスタント教会らしいきりりとした佇まいは、小さいとはいえ港ヨコハマのランドマークにふさわしい風景を作っている。
日本写真の創始者と言われる下岡蓮杖も、日下部金兵衛も信者だったというこの海岸教会が、明治の初めからこの地にずっと建ち続けている重さは計り知れない。

貝殻浜

心配していた「ホッコータルマエ」が、完全復活してターフに戻ってきた。
今年の3月ドバイで「ワールドカップ」ドンジリの16着に敗れた後、体調を崩して休んでいた「ホッコータルマエ」については、以前触れたことがある。
この鹿毛のダート王者は、すでに12月7日のG1「チャンピオンS」で勝ってはいたが、年末最後のG1「東京大賞典」でのぶっちぎりの勝利が完全復活となるだろう。
その姿をこの目で確かめたいと大井競馬場を覗いてきた。
12月29日、雨が上がったゴール前、2か月前の復帰戦で、新王者「コパノリッキー」に0.8秒の差をつけられ4着に敗れたこの馬が、今度はリッキーに4馬身の差をつけてゴールを駆け抜けるのを目撃した。
昨年に続いて2連覇の圧勝。
G1・7勝!
その黒い馬体も自信にあふれているようだ。


閑話休題、横浜は運河の街であったが、大きな川がないのがいささか寂しい。
市中を流れるのは大岡川と帷子(かたびら)川という小さな川くらいしかない。
少し大きな川と言えば鶴見川だが、昔の市電の路線図では市の一番東の終点となる生麦〜鶴見が河口で、海に流れ込んでいる。
鶴見、生麦は港町ヨコハマにとっては完全に郊外だろう。
旧東海道を生麦事件碑を過ぎて上がっていくと、国道駅の手前に魚介を扱う店が並んで朝市が立つ。
海沿いの生麦の魚市は昔から貝類が多く集まり、朝早くから店頭で貝をむく人たちの光景を見ることができたが…今はあまり見かけなくなった。
その貝殻は浜に積み重ねられ、いつしか貝殻浜と呼ばれる白い浜が出来上がった。
今、運河が整備された後も、貝殻浜だけはそのまま残され、昔の面影を伝えている。
川向うは新しくできた人気校・横浜市立サイエンスフロント高校だ。
貝殻浜 (2)貝殻浜








魚釣り用の船が何艘も舫ってある。
舫い船
その静かな澱みに冬の水鳥たちが浮かんでいる。
マガモ・クロガモ・キンクロハジロ・スズガモ…。
舫った網には、セグロカモメが並んでいる。
パンの切れ端でも投げれば、大変なことになる。
たちまちカモメの大群に付きまとわれるだろう。


この浜の近くでヤマブドウが穫れると言ったら、信じてもらえるだろうか。
この浜にも一株あるが、近くのフェンズに絡む2.3株はアスファルトとコンクリートの壁のわずかな隙間から下の土に根を張っている。

山ブドウ

9月末だっただろうか、このフェンスに絡む株には、天然のヤマブドウのまだ青い実がいくつも実っていて、1か月〜2か月後の収穫が楽しみだった。
こんなに実をつけてのは、今年が初めてだっただろう。
栽培したヤマブドウのように充実して大きな葉を広げていた。
ところが、1か月後、ここには何もなかった。
ツルのかけらもなく、フェンスにかかる枝、ツル、葉は完全に消滅して、フェンス奥の根元だけが残っていた。
雑草取りにしてはきれいにし過ぎと思っていたら、その後白いペンキが塗られていた。
何年かに一度のペンキの塗り替えが行われたのだ。
あと、1か月、いや40日後、朝晩が冷え込む時期になっていたなら、ボトル1本分くらいのヤマブドウが穫れたのに…。
多分、このヤマブドウは総持寺の花月園の森からヒヨドリが運んできたものだろう。
人の手が入らない崖や墓地には、まだヤマブドウが生き残っているところがある。
しかしそういうところも、崖崩れなどがあるとキレイにコンクリートで固められる運命にある。

山麓にも実の付くほど充実した株はなかなか見ることはできない。
深い森や高地のヤマブドウはクマのものだ。
富士山麓や奥日光などではヤマブドウが樹を覆っているのをよく見るが、これもサルやクマ、野鳥のものだろう。
優秀な株から一年枝を取り、挿し木か接ぎ木で育てた方が早道かも知れない。
陽のよく当たる土面かベランダがあればよし。

もう今年もあとわずか、新しい年を祈念してヨコハマから眺めた「夕陽の富士」(少々ピントが甘いが)をお目にかけたい。
富士山

緑陰の多いまちづくり?

昨年より一段と勢力を増した豆台風は、パリに去った。

ふたり川遊び

こちらは、数日リハビリをし、やっと大人の生活を取り戻している。
ブログも随分とサボってしまった。

お盆の明けるのを待っていたかのようにツクツク法師が鳴きだした。
このまま今年の夏も終盤に入っていくのかどうかは、予断を許さない。
日本列島は関東だけが晴れて酷暑が続いているが、四国や西日本を中心に、北陸・中部から東北・北海道まで雨続きの異常な気候になっている。
関東地方の酷暑はもう毎度のことだが、10月まで夏日が続いて秋が消滅しかけた年もあった。
真夏の東京や横浜が、もう人間が普通に暮らせる限度を超えつつあることは明らかだが、それを少しでも軽減する取り組みが見られないのはどうしたことか。
こんな8月の東京で、オリンピックが開催できるのだろうか。
日光杉並木のようなマラソンコースが東京にもあるとは思えないが、夜間にでもやるつもりなのか。
夏の暑さはすべて冷房に任せた都市づくりはもう破綻寸前だが、新しい方向になかなか進まないのはどうしたことか。
街の並木は夏前に強い剪定をされ、ほとんど夏の緑陰は期待できない。
駅前はきれいに整備され、木陰を作っていた桜の古木もベンチも消えてしまった。枝を広げた樹木が多いと思われた山下公園でさえ、緑陰のベンチは見つけられなかった。
これでは高齢者はもとより、ベビーカーや子供連れの女性たちが休む場所がない。
老人・女性・子供たちにやさしい街づくりはどこに行ったのだろうか。
観光客の多い表向きの場所は除いて、街中が小石を固めたアスファルトの簡易舗装で覆われて、夜中まで熱を放出して冷めない。
歩道や空き地・駐車場までこの簡易舗装で済ませて平然としている人たちに、街の景観や人にやさしい街づくりを言う資格はない。


横浜市はみなとみらいのデザインに力を入れているが、その表玄関の桜木町駅とその周辺はどう考えているのだろうか。
日本最初の駅とはとても思えない仮設駅。
ベンチも待合所もない。
駅舎がないJRの駅?
そして駅前の、優しさのかけらもないカンカン照りの広場。
鉄道発祥の地を示す碑さえ、埃をかぶって人通りのない隅に追いやられている情けなさ。
初代駅舎を復元した新橋駅とは、えらい違い様に愕然とする。
横浜市は「みどりアップ計画」と称して緑地を残したり市街地の緑化を図ったりする取り組みを始めていて、「みどり税」も実施している。
街中のミドリ、屋上や壁面などの緑化も支援しているのだから、逆方向に走っている。
せめて、かつて駅前にあった噴水でも復元して、緑に包まれた空間に待ち合わせの場所でも作ったらどうなの?と言いたくなる。
この老齢化時代に木陰のベンチさえ許さない駅前整備は、むしろ時代遅れのデザインになっていると…。

長くなりすぎた。
もう城について触れる紙数も無くなった。
次回は、明日再開できるはずの福山城の石垣から始めたい。
現存している松江城の天守や石垣のことも。
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ