図書館のねずみ

南アルプスの伏流水を使った香り高い珈琲を啜りながら、じっくりお気に入りの本が選べる本好きのためのささやかなサロン、ブックギャラリー&カフェ風信。現在は店舗移転の為、日々奮闘しております。書店では扱っていないような古書、絶版文庫を集めています。

その他

県民栄誉賞か、県のイメージアップ大賞か

スポーツ選手の活躍は、出身・地元の人たちに喜びや元気を与える。
(御岳海は長野県民を熱狂させた)
特に圧倒的な王者を倒しての優勝は、ことのほか感動的だった。
茨城県牛久育ちの稀勢の里のことではない。
山梨では卓球の平野美宇の全日本卓球選手権優勝(最年少)が、地元山梨県民に力を与える出来事だった。
出身地、中央市(合併してつまらない名前になった)田富町分庁舎では早々と懸垂幕がかかり、横断幕もポスターも作り、祝った。
県では県イメージアップ大賞など新しい顕彰も考えているようだ。
オリンピックで補欠という裏方に回った悔しさをバネに、その後、ワールドカップ女子シングル最年少優勝で世界を驚かせた平野が、昨年と同じ対戦となった女王・石川に4−2で圧勝した。
4連覇を狙う女王を、終始圧倒して攻め続けた。
第5ゲームだけは優勝がちらついたのか、8−2から逆転され落としたが、その後は強い精神力で女王に何もさせなかった。
この日、準決勝戦で、いつも苦しめられているカットマンの橋本を問題としない勢いと集中力を、決勝でもそのまま発揮した平野の精神力は並ではない。
国際卓球連盟が、「その年最も躍進した選手」としてブレークスルースター賞を与えたのも当然だと思える。
平野は、絶対優勝すると宣言して、その通りにした有言実行の高校1年生(16歳)だ。
顔に似合わず、負けん気の強さは人一倍持っている。
同じく強気のライバルで親友の伊藤美誠も唖然とさせる強さだった。

ー東京新聞からー
平野


翌日の山梨日々新聞、1月23日(月)の第一面は当然、白鳳を破って横綱を確実にした稀勢の里ではない、平野美宇が皇后杯を掲げた写真が大きく載った。
山梨日々新聞をお目にかけたいが、白州らいぶらりーで見たのでここに載せられないのが残念だ。。
横浜に帰って東京新聞を見ると扱いが大きく違っていた。

ー東京新聞からー
稀勢の里


これで、最強の中国選手と互角に戦える若い戦力がもう一人増えた。
美誠は世界女王の丁寧を破ったし、中国スーパーリーグにも挑戦した美宇が実力をつけて一番手に躍り出た。
三連覇で敗れた石川佳純を加えて最強の布陣となる日本の卓球界からは、目が離せない。

この全日本選手権の最終日が行われた東京体育館は、初めて満員(6100人)の観客を集めた。
その中心には男子九連覇を達成した水谷隼と、抜群の強打で他を圧倒した平野美宇がいた。

ー東京新聞からー
水谷

逸ノ城も稀勢の里もぶっ飛ばした照ノ富士――日向薬師の秘仏御開帳

珍しく白鵬が自滅して(稽古不足か?)、新関脇・照の富士が逆転優勝となった大相撲だが、人気と実力が備わっているのが照の富士ただ一人だけなのがさみしい。
特に、大関陣が情けない。
大関からの転落をやっと逃れる程度の成績がずっと続いて、10勝以上を挙げる実力はないのが現状。
関脇・小結との差はない。
横綱審議委員は日本人力士に大甘で、三場所の成績さえ基準を越えればすぐ推挙するが、あとは知らんふり。
やっと大関になっても、もう最盛期は過ぎてしまっていたり…。
大関は実力最高位のはずだが、前頭上位にも簡単には勝てない程度の差しかない。
今場所、10勝以上を挙げた稀勢の里も例外ではない。
これでも大相撲人気が沸騰、三場所連日満員御礼が続き、懸賞金も史上最高という。
少し前の客席パラパラの状況がうそのようだ。
照の富士―逸ノ城の水入り勝負といった熱戦が連日のように見られれば、人気に内容も追いつくが…。
日本人力士に照の富士とまともに戦える人が出るだろうか。
ベイスターズの優勝のほうがよほど確率が高い。
95連敗をのがれた東大の連勝並みの難易度とは言わないが、明日のダービー10番人気位のスピリッツミノルが大逃げして、3着馬券内に残るほうがより現実味がありそうだ。
(先の、ビクトリーマイルでは最低人気ミナレットが3着に入り3連単2000万馬券となった)

さて話変わって、このところ、正統的な仏教彫刻史では、あまり重要視されていなかった地方仏や、円空・木喰仏などの展覧会が相次いで開かれていて興味深い。
東博の「東国の仏像たち」には、岩手県・天台寺の秘仏・鉈彫「聖観音像」が出た。
山梨健博の「円空・木喰展」にも、新発見の円空仏が公開された。
そして今回、神奈川県の信仰の山・大山の麓にある日向薬師・宝城坊の秘仏「薬師三尊像」が金沢文庫(神奈川県立博物館)で公開されている。(6月14日まで)

日向薬師展覧会パンフレット

今回の展示は、この古い薬師堂の解体大修理という事情があって、初めて実現できた貴重な公開だ。
北条雅子も頼朝も厚い信仰を寄せたこの古刹の薬師堂は、関東地方、いや東日本でも有数の仏像群を誇っている。

特に鉈彫の薬師三尊は魅力がある。

日向薬師展覧会パンフレット裏面

数年前にも鉈彫の横浜・弘明寺・十一面観音像を、ここ金沢文庫で背後や側面まで見ることができたから、東国に生まれた鉈彫仏の名品はすべて公開されたことになる。
日向薬師の脇侍、日光・月光菩薩のお顔の、ノミ目の美しい横顔と目の表現に魅かれる。
120儖未両像だが、専門仏師による京・大和の古仏にない魅力を秘めている。

しばらくは消費税を上げないで済む方法

横浜市旧市街の某所。
今では珍しくなった料亭が残っている古い落ち着いた住宅地に、新しい安手の建物が建った。
その壁面がこのあたりでは恐ろしく目立つスミレ色に塗ってある。
とおりを歩く人々があきれ気味に見ていくのがわかる。
すぐ近くの生垣や黒板塀に囲まれた純日本家屋を見ていた目には異様な風景に映るのだろう。
カラフルな新しい家が多い新興の住宅地では、これほど目立たなかっただろうが、ここではとんでもない行為に思える。
あの「まこちゃんハウス」はその後どうなっただろうか。
あのユニークな真っ赤な家は、木々の茂った森の中にこそふさわしかっただろうに、整然と区画された住宅地では反対運動が起こって当然だろう。
日照権をうるさく言うわりに、これほど景観におおらかになってしまった国も珍しい。
日本人も観光に来た外国人も、日本の美しさを知っている。
それなのに、なぜ・・・

街の郊外を車で走ると、恐ろしいほどの看板や色彩の洪水で頭がクラクラする。
少しでも目立ったほうが勝ちとばかりに、派手な色を使い文字を大きくする。
窓前面を広告に使っている店まである。
高級車のディーラー・ベンツやボルボや、スターバックスなどはさすがに店舗デザインに気を使っているが、飲食ドライブ・インなどは、ひどいものが多い。
街の景観などクソクラエといった輩には、対抗する強い規制が必要だ。
街を必要以上に汚しているものには、規制を作って倍返しをしてもらおう。

7月の酷暑・大雨災害・・・そして値上げの夏、消費税の8%も間近に迫っている。
しばらくの間だけでも消費税を抑える方法があるとすれば、看板広告などを規制する「道路景観環境税」の導入だろう。
アフガントラックの装飾も地味に見えるほどの中古車センターの派手さは、思わず笑ってしまうくらいだったし、店舗全体を黄と青で塗った不動産屋(このグループの本社が近くにあるが、普通のビルなにがセコイ。不動産価値を考えてのことか。)などは、十倍返しと言いたい。

中古車センター中古車センター2
不動産屋

派手な色彩で街を汚している店舗だけにかける税だ。
目立っても、廃業してつたで覆われている建物や、補修を繰り返しマンガに出てくるようなツギハギ建築になってしまったものは目を楽しませてくれるから、無税か。

ツギハギハウス


この税は税収が少なくなるほど、街が美しくなるのがうれしい。
県の条例だと税の不公平を云々する声が上がるから国の政策として、国道とそのバイパスから出発したいが、自民党でできるか?どうか。

豆台風、日本に上陸

4月半ばに、フランスから豆台風がやってきた。
大人だけの生活は、いっぺんに様変わり。
毎日、母親と6カ月のチビ台風、もうすぐ3歳の豆台風に翻弄され、何も考えられなくなってしまった。
起きている間はサービスにあい務め、敵が寝てからはこちらもくたびれ果てて眠ってしまい、最近調べ物も読書もほとんどできていない。

alban


山歩き


寝姿

この可愛い台風たちは、1か月以上、日本に滞在する予定だ。
…と、言うわけで、今週はお休みです。
来週も怪しい。

原発事故もそうだが、日本の安全装置が壊れ始めた歴史的な事故

近代競馬150年と根岸競馬場について書いたのだが、日曜朝に起きた、中央高速笹子トンネル事故があんまり重大な出来事なので、これに触れないわけにはいかない。
この新しい笹子トンネルは完成(1977年)以来、35年間でおそらく数百回使っているトンネルだ。
特に今夏からは、毎週のように、多い時は週に2度、中央高速の相模湖インターから勝沼インターまで利用している。
先週も事故前日の夕方、トンネルを通って帰ってきた。

大月から笹子の山並みはもうすっかりなじんだ風景となっている。
別の機会に書くが、初狩から笹子トンネルに向けてオリオン座を目指して登るような感覚は真冬の楽しみになっている。

この笹子トンネルの天井板が崩落して、車3台が巻き込まれ、9人の死者を出した事故は恐ろしい。
東京への上り線だから、昼過ぎになればなお大惨事になっていただろうし、平日ならば大型トラックが繋がって高速で飛ばしているから、トンネル内の追突・爆発・火災で目も当てられない事態になっていただろう。
タイル1枚が落ちても事故につながる高速道路のトンネル内で、長さ130メートル分のコンクリート製の天井板が一気に落ちるなど、異常という言葉では言い表せないくらい異常だ。
1,2m幅の天井板を、わざわざ溶接して繋ぎ合わせていることが一層被害を大きくしたようだ。
1ヶ所のボルトが外れても、他で支えるようにと繋いだのだろうが、バランスが崩れ次々と崩壊しては意味がない。
ボルトと接着剤の関係も気にかかる。
排気と吸気を分けて半分ずつの天井板を中央でまとめ、中央の吊り金具で支えている構造らしいが、たとえ吊り金具のアンカーボルトが全部落ちたとしても、道路には落とさないフェイルセイフの方式は別にむずかしい工事ではないと思うが、それはしていない。

35年前、昭和52年ころにはそうした安全思想はまだなかったとトンネル専門家は言ったが、それはないだろう。
1日に数万台の車を通す最重要トンネルの一つでこんな危ない吊り天井方式が採用されていたことにショックを受ける。
しかも安全点検は目視のみ、中日本高速道路は笹子だけは打音検査なしで済ませていたという。
ボルトまで5メートル以上あるのでできなかったという。
ア然!
(2000年の点検だけは足場を作って打音検査をしたらしい)
とにかく、中日本高速道路には、吊り天井が危ないという認識は少しもない。
別会社の保守管理会社に任せきりだ。
それにしても、換気のために分ける目的の天井板に1枚1tを超える重いコンクリートの板が吊りさげられている構造はおかしい。
吊り天井は、3.11の時にもあちこちで落ちている。
そういう時に不安は感じなかったのか。

この国の安全装置はガタガタに壊れかかっている。
昭和40〜50年代に造られた多くのトンネル・橋梁・高速道路などの老朽化対策は、やっと始まったばかりだと言う。
中央高速道路が、当分まともに使えなくなったことの影響は甚大だ。
経済的損失も計り知れない。

また、笹子〜大月の街は夜中までトラックが連なって、深刻な被害を受けることになる。
そこでまた、事故の犠牲者など出ないことを祈るばかりだ。

国土交通省は全国のトンネルの構造や保全状況など、ランクづけて公開すべきだ。
特にトンネル内に重たい構造物があるようなトンネルは通りたくない。


もう、紙面が尽きた。
予告写真を1枚。
根岸競馬場スタンドと花瓶
*明治21年当時の根岸競馬場スタンドと、MIKADO VASES明治天皇から下賜される銅製花瓶
プロフィール
ウェブサイト
お店のウェブサイト
http://home.netyou.jp/33/fushin/
クリックして応援!
どちらのボタンもクリックしていただけると応援になります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
記事検索
携帯電話からもご覧になれます
QRコード
  • ライブドアブログ