アイドル虎の穴

アイドル・グラドル・女優・モデル・声優・レースクイーン・コスプレイヤーなどのニュース・情報・画像をアップしていきます。旬のアイドルから懐かしいアイドルまで様々な情報・画像をUP!勿論AKB48グループも完全網羅。

         

    カテゴリ:モデル > 本田翼

    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2016/09/28(水) 23:17:22.61
    年内10月8日(土)に公開が迫った、湊かなえ原作の映画「少女」。 
    主演・本田翼、山本美月という豪華キャスティングで話題になっている当映画だが、その中で、気になる少女を見つけた。それが彼女、飯村未侑。普段の自分とは大きくかけ離れた性格の人物を演じるにあたって、彼女が思ったこととは。また、素顔の彼女について、STREETJACKが掘り下げていく。 
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00003178-besttimes-ent
    2 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2016/09/28(水) 23:17:35.40 
    20160928-230036-067

    20160928-230048-801

    20160928-230050-726

    20160928-230053-416

    20160928-230057-855

    20160928-230104-214

    20160928-230110-263

    20160928-230116-072

    20160928-230118-858

    続きを読                      む

    1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/08(水) 05:10:42.10 ID:CAP_USER9.net
    モデルで女優の本田翼が、11日より全国で放送されるゲームの新CMに出演。 
    同CMで共演した出川哲朗とともに「撮影で一番大変だったことは何ですか?」と問われた本田は、「撮影は、役作りをしっかりとやってきたので、大丈夫です。監督とちょっと衝突もありましたが… 
    僕も譲れない部分はありますので…」とゲームへの愛をのぞかせた出川に続き、「私も監督と衝突して譲れない部分もありました (笑)。ディスカッションも沢山しましたね(笑)」と振り返った。 

    ◆本田翼×出川哲朗の共演は「すべてが見所」 
    新CMは、本田演じる「主人公」が、マントをなびかせ剣をぬく勇者らしき人を発見して興奮するも、勇者らしき格好をした出川だったことがわかり、見て見ぬふりをするが出川からツッコミを入れられる「解説篇」、剣を振り抜き必殺技を披露する出川ではなく、剣に対して「すごい!」と興奮する本田に、出川が怒る「必殺技篇」、本田の顔が宇宙を背景にして惑星のようにクルクル回りながら浮かんでいる「星の翼さん篇」の3種類。 
    見所を聞かれると、「僕たち2人が共演しているから、最初から最後まですべてが見所です!このCMが始まったら、とてもじゃないけど、チャンネルは変えられない(笑)」(出川)、「出川さんがCMの中で、“とある「技」”を使うので、そこが見所だと思います」(本田)と思い思いのポイントを語った。 

    ◆アドリブ連発でNGも 
    CM撮影当日、コスチュームに身を包み、明るい笑顔でスタジオ入りした本田。監督やスタッフと談笑しながら和やかな雰囲気で撮影は進行していき、安定した演技を披露した。 また、2人揃っての撮影では、出川が台本にないアドリブを連発。本田を笑わせてNGカットになってしまうなど、終始楽しい雰囲気に包まれていた。 

    ◆本田翼は「可愛い」&「ちょっとセクシー」 
    「主人公」の衣装は前作でも着用していることから、「だいぶ着なれてきて、私服みたいな感じです」とすっかりお気に入りの本田。出川から「『可愛い』&『ちょっとセクシー』ですね。キレイな脚なので、ちらちら見ちゃってましたね(笑)」と絶賛されていたが、無言のまま笑みを浮かべていた。(modelpress編集部) 

    w720c-e_2115799

    w720c-e_2115797

    w720c-e_2115802

    w720c-e_2115804

    w720c-e_2115798

    w720c-e_2115796

    w720c-e_2115795
    http://mdpr.jp/news/detail/1590161
    続きを読                      む

    このページのトップヘ