アイドル虎の穴

アイドル・グラドル・女優・モデル・声優・レースクイーン・コスプレイヤーなどのニュース・情報・画像をアップしていきます。旬のアイドルから懐かしいアイドルまで様々な情報・画像をUP!勿論AKB48グループも完全網羅。

         

    カテゴリ:グラビアアイドル > 内田理央

    1 :風吹けば名無し:2018/10/10(水) 00:47:41.23 ID:Rmf/HKFQd.net[1/22]
    素直にシコだ…w

    2 :風吹けば名無し:2018/10/10(水) 00:48:21.21 ID:J/x+eK2q0.net[1/3]
    なお盛ってる模様

    5 :風吹けば名無し:2018/10/10(水) 00:49:13.42 ID:FGLz7n3B0.net[1/5]
    ワイは有吉がやってた下衆なアイドル番組のイメージが未だに抜けんわ 
    イメージ的には下ネタ大喜利やってた頃のままや

    12 :風吹けば名無し:2018/10/10(水) 00:50:32.04 ID:nI454bsr0.net[1/2]
    dmGGYvn

    続きを読                      む

    1 :名無しさん:2018/09/10(月) 10:16:49
    モデルで女優の内田理央が12日発売の女性グラビア週刊誌『anan』2118号の「ハンサム胸(バスト)のつくり方」特集で表紙と巻頭グラビアを飾った。 

    年に一度の恒例企画となっている『anan』の美乳特集。 
    今回の美乳特集テーマは「ハンサムな胸」。 
    「バストに自信がなく、表紙モデルに選ばれるなんて」と謙遜していたという内田だが、表紙では、ダメージジーンズにジャケットを羽織っただけ、という姿で登場。 

    誌面グラビアでも、肩まで下げたバスローブや質感のあるスイムウェア、そしてシンプルなブラショーツに白シャツ…とモデルとしての魅力も存分に発揮した、まさに女性が憧れる、ファッショナブルな「かっこいい胸!」のポートレートに。 
    濡れた無造作ヘアや瑞々しい肌、意思のあるまなざしの表情にも注目だ。 

    内田理央、美乳の秘訣とは 

    内田は「生まれ持った体つきや体質を根本から変えることは難しいけれど、ふとした瞬間にきれいに見せる工夫ならたくさんできるはず。だから、その時にいちばん美しく見えるバランスを知ることが重要なのかもしれません。いつも意識しているのは、あざとくなくて、作りすぎていないヘルシーなバストです」と美乳の秘訣を明かした。 

    またインタビューでは、数々のグラビアの撮影で培ってきた、内田ならではのベストコンディションにするための“バストケア”や、憧れの女性像についても語っている。 
    女性としての色気と共に、凛とした美しさを感じさせる内田を見ることができる。 

    http://mdpr.jp/news/detail/1791644 

    『anan』2118号 
    7MKLrknYTrHn95HV_NfS2qx44stb7RaCaDQM9HoEo-w

    tA7pA99ZmNPGSYlQ_aV_lAbikm6RTX5dRY3QYP143Yg

    内田理央
     
    NFWu3fizG3Yg-7rZLle69aH1i7VzOeSxJswcqWzNlY8


    続きを読                      む

    1 :番組の途中です :2018/02/15(木) 17:40:08
    「人と関わらないで生きようと…」芸能界入りを後押しした親友の存在 

    これまでのイメージとは180度違うまやや役だが「共感はできるので役作りで大変だったとかはないです。 声の出し方や動き以外は自分のなかでもそんなにギャップを感じていない。私も“オシャレ人間”と自分は違う、 劣等感みたいなのを持っている、私も劣等感の塊なんです。だからどちらかと言えば“尼~ず”(劇中のオタク女子軍団)寄り なんだなって思っています。むしろ“小悪魔”っぽい役を演るほうが気合がいりますね(笑)」と素顔は“オタク女子”に近い。 

    「サブカルチャーみたいなのがすきで、ハマり症です。興味があったら調べて落ちつく…みたいな一生かけて追いかけているわけじゃなくてブームがあります。今は潜水艦で、前はツキノワグマとかヒグマとか熊の生態を何年かかけて調べてました(笑)」。このほかにも触手にハマってコミックマーケットを訪れたり、軍服に興味を持ったりとちょっと変わった一面も持つ。 

    今でこそモデル・女優として脚光を浴びる彼女だが「元々すごく人と関わるのが苦手でなるべく人と関わらないで生きようと思ってた」と。この仕事を始めたきっかけはスカウトだったが「芸能界にも興味なくて…でも今までの人生で頑張ったことがなかったので、苦手なことをチャレンジした経験が欲しかった。それまで苦手なことはやらなきゃいいと逃げる派だったんです。 
    スカウトされたのは18歳くらいだったので『やる時がきた』。たまには頑張ろうと思いました」。 

    そんな内田を後押ししたのはほかならぬ親友の存在。「高校生のときに友達ができなくてお弁当を食べる人もいなくて…。その時はアニメがすきだったんですか、アニソンとか一緒に歌う友達もいなくていつも直帰してた」。しかし、そんな青春時代に転機が訪れた。「高校2年で隣のクラスに友達ができて、今では親友なんですが、その子と仲良くなって隣のクラスにお弁当を食べにいってカラオケにいって。 
    今でもその子が支えてくれてます」と感謝する。 

    「その子がいなかったら学校もやめていたかもしれない。この世界での背中を押してくれた人でもあります。この世界はすごく大変だしプライベートもなくなっちゃうかもしれないと私が悩んでいて、そんな時に『チャレンジした方がいい、嫌だったらやめればいい』と言われて挑戦することになりました。彼女はいつも背中を押してくれる存在です」。 

    27877556_154615458574522_9140737488849993728_n


    続きを読                      む

    このページのトップヘ