アイドル虎の穴

アイドル・グラドル・女優・モデル・声優・レースクイーン・コスプレイヤーなどのニュース・情報・画像をアップしていきます。旬のアイドルから懐かしいアイドルまで様々な情報・画像をUP!勿論AKB48グループも完全網羅。

         

    カテゴリ:グラビアアイドル > 西永彩奈

    1 :名無しさん:2018/07/12(木) 23:18:49
    創刊26周年を迎えた制服美少女誌「Cream 2018年8月号」(発行元:メディアックス、定価:1800円)の発売を記念した「夏のクリームフェスタ in 書泉ブックタワー」が7月8日に開催され、西永彩奈さんが登場した。 
    旧スクだ……(戦慄)。制服や体操着でよく現れる西永さんだが、旧スクはめちゃくちゃ稀。童貞を串刺しにするかのような装いだと思う。イベントには誌面に掲載されている逢坂 愛さん、桜井まあかさん、高田あいおさんらも出演し、ラストが西永さんの握手会。 
    表紙カバーは、イベント特製の西永さんバージョンだ。 

    26周年記念号に、どんなふうに掲載されていますか? 

    【西永彩奈】久しぶりにスク水にこだわったグラビアです。紺や緑のものからお姫様みたいなフリフリのものまで着ています。付録DVDでも、私が最初に「始まりま?す!」 と言ってます。 

    引き続きこの路線で行きますか? 

    【西永彩奈】最近、制服とかを着ると「若いね」と言われますが、髪の毛を下ろすとお姉さんに見えてきたようで……。結んだらまだ10代でイケるかも!?もうちょっとロリを頑張りたいと思います。 
    http://ascii.jp/elem/000/001/709/1709070/ 

    ayana_02_c_800x1200

    続きを読                      む

    1 :名無しさん:2017/07/10(月) 20:44:49.
    創刊25周年の制服美少女誌「Cream. 2017年8月号」(発行元:メディアックス、定価:1620円)の表紙に起用された西永彩奈さんの握手会が7月9日、秋葉原の書泉ブックタワーで開催された。 

    記念号の表紙は、西永さんとハードロック系ユニット「DISDOL」でも活動する一色杏子さんの2人を起用。握手会は一色さんが第1部で、西永さんが第2部。登場した西永さんはガチの体操服姿。もともと童顔で、制服やスクール水着などが似合う「合法ロリ」の真髄ではないだろうか。 

    ――まず、25周年号の表紙になった感想から聞かせてください。 

    【西永彩奈】18歳から載せていただいて、いま19号連続です。記念号の表紙になれてうれしい 
    です。実は高校2年生のときに一度載ったのですが、そのときはMAXで太っていたので、1年 
    くらいオファーがなかったんですよ(笑)。 

    ――おすすめの写真は? 

    【西永彩奈】21歳にしてはイタくない、ブルマ姿じゃないでしょうか。しゃべらずに黙っていれば、ま 
    だイケると言われます! 


    http://ascii.jp/elem/000/001/512/1512915/ 
    ayana_02_c_800x1200

    ayana_03_c_800x1200

    ayana_04_c_1200x800

    続きを読                      む

    1 : 閃光妖術@\(^o^)/ [CN]:2017/01/21(土) 19:02:48.92 
    1月21日、Aカップグラドル 西永彩奈さんの26枚目のDVD『あの夏の日』(エアーコントロール)発売記念イベントが秋葉原のソフマップモバイル館で行われた。 
    今回の作品は8月に千葉で撮影が行われ、夏の日をイメージした浴衣ショットやセクシー水着ショットが満載! もちろん制服ショットも披露している。 ジャケットで着用してる水着について「西ちゃん用なんです。オーダーメイドでスタイリストさんが作って頂いて、さり気ない下乳感があります。」と“下乳”が有る事を強調。 28歳となり「28歳はロリを存続させつつも、DVDとかでオトナの色気も出して行けたらいいなと思っています。制服もやります。でも、OLとかも出来るようになりたいなと思います。最近可愛くなった 
    ねと言われるので、気を抜かないように女子力を向上させて行こうと思います。」と目標を語っていた。 

    http://entameclip.com/topics/51042 
    oqt246pl

    oqt246jp-01

    oqt246jp-05

    oqt246jp-06
    続きを読                      む

    このページのトップヘ