2010年04月13日

お知らせ

ブログを移動します。
ライブドアブログではこれ以上記事の更新は行いませんので、新ブログの方にお願いします。コメント及びTBは出来る限り手動移植(自動はできないらしいです)します。どこまでできるかはわかりませんが・・・。

なお、リンクしてくださっている方はアドレスが変わりますので、お手数ですが切り替えをお願いいたします。

新ブログ
ブログ名は同じです。

bookend226 at 23:59コメント(0)トラックバック(0)日記  

2010年04月07日

きーむーたーくーぅぅぅぅっ(号泣)

赤星の引退もショックやったけど・・・。
『みんなの甲子園』見ながら「あんたのおるところはスタジオやないやろ!甲子園のセンターの守備位置や!」って切なく思えるだけましなのかもしれない。何年か後、コーチとして再び縦縞をまとってくれる希望を持てるから。

でも・・・何でやねん。
これからってばかりの人やのに。
3球団も渡り歩いて苦労してきた人やし、スター選手以外の選手たちの大きな支えになれただろうに。たくさん選手育てれただろうに。
決して奢らずまじめな人柄は多くの人に慕われてるのにね。
何でいい人ほど若くしてあの世に行っちゃうんかなあ。

体が小さくとも、
首位打者や本塁打王とは無縁でも、
打っても守っても使い勝手のいい選手ってそうそういるもんじゃない。(無論それは本人の努力の賜物)
プロに限っては家主はこういう地味でも存在感のある選手が一番好きなようです。ちなみに最初に惚れた選手は篠塚さんだったりする。

帰宅後つけたテレビに黒縁の額に収まったユニ姿の写真が出た瞬間、
「ああ、駄目だったんだ・・・」
そっから後はただただ涙が出てくる。
一旦止まってもニュースに出てくるたび、ネット記事見るにつけ泣けてくる。もちろんこれ書きながらもチリ紙手放せず・・・。

月並みですが、惜しい人を無くしました。
たくさんの好プレーを見せていただいてありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。続きを読む

bookend226 at 22:49コメント(0)トラックバック(0)プロ野球  

2010年04月06日

トト甲子園2010・春 結果発表

遅くなりましたが集計終了〜。

お天気同様、トトも大荒れでした。
何せ決勝2校及び優勝校を当てた方は0という散々たる有様で(^^;
やっぱり智和歌や大阪桐蔭が消えたのが痛かったですかね〜。
でも一番の要因は興南のぶっちぎりっぷりが予想の範疇を楽々と超えてしまったことでしょうね(^^;


【優勝:彩人さん(37p)】
予想コメに「超適当」と書いてた人がトップとは・・・ちょ〜むかつくぅ〜
何とボーナスポイントが6p。それが無くても2位以下を10p近く引き離して圧勝という。
おめでとうございます

【2位:椎名多紀@家主(22p)】
単純に好みだけで選択した方が当たるのかしらん・・・・・。
今更ながら島袋くんで推しとくんだったなあ〜(別サイトのコメで思いっきり推してたくせに・・・)。
何年予想してても高校野球は難しいです。

【3位タイ:STFさん、アキスポさん(20p)】
STFさん、よもや広陵があれほどあっさり負けるとは思わなかったですよねぇ・・・・・。
あ、適当に予想して上位に食い込んだ人がもう一人(笑)。

【5位:コウさん(18p)】
お互い春の広陵と、大阪桐蔭に賭けて撃沈してしまいましたね(苦笑)。
葛西くんの投球と日大三の投打に翻弄されてしまいました。

【6位:かけふ31さん(17p)】
最近、兵庫勢がどうも勝てませんね・・・。全国屈指の激戦区の一つではあるんですが、やはり他県との実力差が縮まってきたからでしょうか?
当方の京都もイマイチですけど(今夏は福知山成美出られませんし)。と言うよりも最近近畿勢全体が停滞気味なような感じが・・・。

【7位:とおるちゃんさん(14p)】
結局私は現地でジョックロックも天理のワッショイも聞けませんでした(涙)。
向陽は試合後にちょっと騒動がありましたが、勝ちっぷりは見事なものでした。的中おめでとうございます。

【8位:ふみさん(11p)】
今回はさすがに難しいですよ。
データ参照しても当たらないんですもん。


みなさんご参加ありがとうございましたm(__)m
また夏によろしくお願いいたします

bookend226 at 22:15コメント(3)トラックバック(0)高校野球♪  

2010年04月03日

センバツ2010・春 十一日目

朝は結構降ってたのに午後から晴れたよ。
この数カ月妙に当たる天気予報。

【第一試合 興南10−0大垣日大】
よもやの大差。よもやの完封。
これまでの試合展開見てる限り、もっと競ると思ったんですが・・・わかりませんね〜。

大垣日大は雨による順延が思わぬ調整の狂いを生んでしまったんでしょうか?
あれほど大阪桐蔭を翻弄した葛西(雨天中止2日と阿知羅の登板で中3日)が序盤にして興南打線に捕まり大量失点。北照戦で完投した阿知羅ですら打線を止められない。アクシデントに近い状態で心の準備が出来ていなかったのか・・・。
打線も島袋の前に何と5回まで無安打。ようやく6回からヒットが出だしたものの、8回から2番手砂川にも散発の2安打に抑えられ完敗です。

対して興南。
帝京戦まで打ちまくった我如古は今日も2安打(打点1)と打っているのですが、今日の打の主役はこれまで1安打の山川でした。2回に自身公式戦初となるホームランで先制。これが興南打線の起爆剤になりました。5回にも2点タイムリー、4回にもタイムリーと3安打4打点の大活躍。
興南打線も打ちも打ったり15安打10得点。
エース島袋は安定した投球で「甲子園に入ってから、一番理想的なピッチングができた」と言うほど調子は良かったようです。大量得点を得たこともあり、終盤の2イニングは砂川に継投しましたが、決勝へ向けてどこまで体力が残っているか。

興南の甲子園での最高成績は、我喜屋監督が主将だった1968年夏の4強だ。決勝にたどり着いた後輩たちを、指揮官は「目の前で越えてくれて喜ばしい」とたたえた。4試合で挙げた26得点に対して、失点はわずかに3。投打がかみ合う内容にすきは見当たらない。優勝はもう手のとどくところに



さて、いよいよ決勝。
まあ・・・現場の雰囲気は興南よりになっちゃうでしょう。
帝京戦もホーム状態でしたからね。ちょっと帝京が気の毒でしたが(^^;
出来れば興南には沖縄尚学に続いてもらいたい。

bookend226 at 00:18コメント(0)トラックバック(0)高校野球♪  

2010年03月31日

トト甲子園2010・春 開催!

【トト選抜ルール】

組合せ抽選の時点で決勝までのトーナメントが決定しますので全ての段階を一気に選出してください。
的中ごとに各段階に設定されたポイントおよびボーナスポイントがつき、合計点で競います。


1、優勝(20p)
2、決勝進出2校(各10p)
3、ベスト4(各4p)
4、ベスト8(各2p)
5、ベスト16(各1p)
※なお、全予想者中、単独的中者の方にはボーナスポイント(2p)を追加します。


受付期間は3/13〜3/21の開幕試合プレイボールの瞬間(10時20分)までとします。
訂正などあれば順次アップします。

なお、コメントや注目選手、見所など思うまま記入してくださってOKです。
みなさま揮ってご参加くださいm(__)m


そーいえば、今年は外野フェンスの広告を覆わないんだってね。
それもいいんだけど、昔見たいに外野フェンスいっぱいに出場校の校章と校名のパネルを張り巡らせて欲しいんだけどな〜。

組み合わせ及びトーナメントはこちら。続きを読む

bookend226 at 19:45コメント(8)トラックバック(0)高校野球♪  

2010年03月30日

センバツ2010・春 第8日

925ece94.jpg

風が無ければぽかぽかの絶好の観戦日和。
しかし、風が吹いたり、午後になって日陰になるとすっごく寒い!
第三試合は凍えながら見てました(^^;

【第一試合 三重2−3×帝京】
え〜、正直申しますと、三重がここまで健闘するとは思ってませんでした。
注目の伊藤の立ち上がりがいまいちで、そこに付け入った三重が小刻みに2点を先取。帝京打線を8回まで1点に抑えていた増田が終盤疲れを見せ始め、帝京がそこを見逃しませんでした。
伊藤も中盤以降持ち直し、安定した投球で完投。今年の帝京は派手さはさほど感じないけど負けない戦いをしているな〜、と思います。

あ〜あ、沖田監督が帰っちゃう(涙)。


【第二試合 大阪桐蔭2−6大垣日大】
家主のトト、これにて終幕
大阪桐蔭は完敗ですね。あちらさん上手かったもんな〜。見事に葛西の変化球に翻弄されて凡打の山。守りに定評があるはずが失策で点を失い、積極的なプレーを見せていた河原がイレギュラーバウンドした打球が頭部に直撃したりと、大阪桐蔭らしさを発揮させてもらえませんでした(河原の怪我は軽い脳震盪だそうです)。
大垣日大は、投打がかみ合ってました。エース葛西は言うまでもなく素晴らしかった。攻撃ではエラーがらみの2点だけならわからなかったけれど、時本のライト際ぎりぎりの2ランで半分くらい、安藤のレフトぎりぎりのソロで試合がほぼ決まってしまったように思います。
6回かな?抜ければ長打のあたりを森田が飛びついて好捕したのも流れを相手に渡さないいいプレーでした。
近畿勢全滅(^^;


【第三試合 自由が丘4−5北照】
中盤までは自由が丘が押し気味だったんですがね〜。走者が出たらきっちり犠打決めてたし。ダブルスチールで揺さぶるし。流れを引き寄せきれなかった原因はやはり下位打線が打てなかったからだな。全12安打中11安打が1〜5番。6〜9番になるとわずか1本。「切れ間のない打線」って重要なんだとしみじみ感じました。
初戦で今大会最大の目玉一二三擁す東海大相模を破っての2回戦。一二三に投げ勝った小野ですが絶妙のプッシュバントにリズムを狂わされましたね。さらに費等も重なって終盤に打ち込まれてしまいました。小野本人は「自身がついた」と言っているので夏に期待します。
北照の河上監督が師事していた箕島元監督・尾藤公氏が得意としていたプッシュバントを駆使して得点。九回も、2死三塁から木村が憎らしいほど絶妙のセーフティーバントを三塁へ決めて勝ち越し点を入れました。
牽制から戻る際、右親指を痛めて途中交代したエース・又野のアクシデントを抜ければ失点という当たりの好捕など全員一丸となって乗り越えてました。又野の指は腫れも無く大事には至ってないようで、大丈夫そうです。

北海道勢として17年ぶりのベスト8進出。

bookend226 at 23:17コメント(0)トラックバック(0)高校野球♪  

何この編成( ̄▽ ̄;)

83cbdd92.jpg
大阪桐蔭のアルプスより。ブラバンの真後ろ。
太陽を反射して眩しい銀色のスーザ6本にチューバ3本(1本予備)?
今まででそんな重低音編成みたことないぞ…・

そういえばNHKの応援メッセージでブラバンが全国レベルって紹介されてました。確かに真後ろから聞いても音は良かった。

実は大阪桐蔭のアルプスは初です。
チームカラーが余り好みではないんです(^^;
しかも結果がびみょ〜。

bookend226 at 11:27コメント(0)トラックバック(0)高校野球♪  

2010年03月29日

センバツ2010・春 第七日

【第一試合 広陵1×−0宮崎工】
初戦はよろしくない出来だった広陵の有村が今日は調子良かったみたいです。4回までパーフェクト。被安打は散発のわずか2本。
いい投手戦でした。連打が出た分、広陵に勝機が来ました。やはり春はなんだかんだで広陵強い。
宮崎工の浜村も被安打8ながらも失点はわずか1。粘り強く投げましたが打線の援護がなかったですね。


【第二試合 神港学園1−2中京大中京】
こちらも接戦。中京大中京は3季連続のベスト8。
守り中心の神港学園にエラーが出て中京大中京が先制。その裏、神港学園は横川のタイムリーで追いつき、六回は失策、内野安打と盗塁で無死二、三塁と勝ち越しの好機だったが、森本に後続を断たれ、七回以降は無安打に抑えられてしまいました。
決勝打は昨夏の優勝メンバーからはもれていた小木曽。俊足とバッティングの精度を上げてベンチ入りを果たし、この日のヒーローとなりました。


【第三試合 智弁和歌山2−7興南】
この結果はちょっとショックだったな〜。いくら島袋擁す興南とてもう少しもつれるかと思ったんですが・・・ああこれで天理に続いて智和歌のブラバンも聞けないのね(涙)。高島監督の通産勝利数は59でストップ。

5回、1点のビハインドから無死満塁から押し出しで同点にすると、犠飛とスクイズで同点。8回には真栄平の2ランなどで駄目押し。13安打7得点の猛攻で智弁和歌山に圧勝。3番我如古はこの日大当たり。5打数5安打だ点1と大活躍。1回戦からの連続安打を「8」とし、報徳学園の平本竜太郎(09年)以来、甲子園史上8人目の最多連続打数安打を記録。

投げては、エース島袋が強打の智弁和歌山を2点に抑え2試合連続の完投勝利。10安打を浴びたが、味方打線の大量援護にも助けられ、3度目の甲子園でベスト8に進出。注目のスラッガー西川遥に打たせなかったのが大きいですね。
智弁和歌山は自慢の強打が沈黙。2回の3連打、4回の2連打は鮮やかだったが、チャンスで送りバント失敗など、拙攻が目立った。リードを奪われた中盤からは打線がつながらず、興南の好投手・島袋に屈した。


う〜ん・・・興南が沖縄尚学のように勢いに乗るか。広陵も春に強いしな〜。
混沌としてまいりました。
明日全部美味しいよなあ〜。

bookend226 at 23:25コメント(0)トラックバック(0)高校野球♪  

2010年03月28日

センバツ2010・春 第六日

b743234a.jpg
94cfc4b1.jpg敦賀気比練習中。
向かいの花咲徳栄のプラバンがパンチの効いたいい音を出しております。


【第二試合 敦賀気比7−5花咲徳栄】
敦賀気比に緊急事態。開幕戦で先発して九回途中まで投げた左腕の高原が大会前に痛めていた左脇腹の故障を再発。急遽大久保が先発(だから立ち上がりいまいちだったんだ・・・)。それでも大久保は6回までは危なげなく投げてました。
しかし7回に捕まりだし、2失点で2番手桾沢に継投するもこれが裏目。5回までに奪っていた6点のリードは3点差に。8回裏3番手白崎に継投した時には無死満塁の大ピンチ。センター前に返されて差は2点。(このあたりになると敦賀気比アルプスはお通夜状態・・・)なおも1死満塁で一打逆転のピンチは続く。ここを何とか併殺に打ちとってピンチ脱出。
勝利の大きな呼び水となったのは9回表、中尾の値千金のセンターまえタイムリーの1点。この1点で重苦しかったアルプスが一息つけました。それまではホント「やべえ、追いつかれるぅ〜(泣)」って空気でしたもん・・・。

花咲徳栄は天理戦で好投した五明が序盤で捕まったのが誤算。
でも後半の猛追は脅威でした(^^;続きを読む

bookend226 at 10:53コメント(1)トラックバック(0)高校野球♪  

センバツ2010・春 第五日

第一試合だけでも見に行くつもりが昨夜の高熱の大事も取ってテレビ観戦に変えました(泣)。それでも休日出勤しなければいけないのが悲しい・・・。

【第一試合 大阪桐蔭9−2東海大望洋】
投打に安定の取れた大阪桐蔭の貫禄勝ち。
東海大望洋にチャンスが無かったわけじゃないんですが、得点はいずれも内野ゴロの間に入った2点のみ。結果的には大阪桐蔭福本の粘り強い投球と継投に抑えられてしまいました。あと一本が出れば得点が入った場面がかなりあっただけに残念。
大阪桐蔭の西田は2本の3塁打を含む3安打で5打点と大活躍。


【第二試合 大垣日大3×2川島】
21世紀枠川島惜しい!本当にあと一歩!何だか昨夏の決勝を見てるよう。
『殊勲打を放った高田が「涙が出そうになった」と喜びに浸れば、ベテランの阪口監督は「魂と魂のぶつかり合いで勝った」と息をついた。』このコメント見るだけでも強豪校を瀬戸際まで追い詰めたのが良く分かる。
藤畠くん、最終的には君の失策が決定打になってしまったかもしれない。でも死球2つ受けながらも3盗塁してるやん。君の足にかなり相手が苦しんだはずやで。

甲子園というところは本当に怖い場所でもある。大垣日大ほどの強豪校でも、阪口監督ほどのベテラン監督でも「(甲子園は)こんなにも子どもたちを変えてしまうのか。」と言うほど動きが固かったようで、川島の積極的な盗塁を許し、犠打が決まらず、相手投手の120キロ台の球を捉えきれない。

両者を分けたのはほんのちょっとの「試合慣れ」というスタミナだったんでしょうね。
数多の強豪校の影に隠れたこういう高校もあるから21世紀枠って面白い。
部員18人の野球部のいいところを「一人ひとりに目を配れる」と語っていた北谷監督。いいチーム作りましたね。
この試合生で見たかったな〜。見たら多分感動で号泣してる。


【第三試合 自由が丘4−2東海大相模】
甲子園って本当に怖いな〜(2回目)。
どれだけ前評判高くても、どれだけ好投手擁してようと勝てないんだなあ。
自由が丘大金星!!

一二三は注目されたことでプレッシャーがかかっちゃったんでしょうか?「試合が始まると緊張して直球が高めに浮いた。体がいうことをきかなかった」ってことなんで、緊張してたんだろうな。いつもより球が高めに浮き気味だったみたい。打撃も上手く相手投手にかわされてしまった感が・・・。

自由が丘は小野が8安打されながらも粘り強い投球で2失点完投(勝利の瞬間の画像が凄く嬉しそう)。また、守備陣も3つの併殺(特に最終回のは大きい!)とエースを盛りたてました。
打撃陣も優勝候補に恐れることなく立ち向かい、8回に2死満塁(しかも犠打失敗があったのに)から外野の走者一掃の3塁打はお見事。出番を求めて打撃を磨いてきた甲斐があったね。おめでとう。


さて、明日は観戦2日目GO〜!!!(の予定)

bookend226 at 00:58コメント(0)トラックバック(0)高校野球♪  
Profile
椎名多紀
今欲しい本:徳間文庫版「銀河英雄伝説」4巻と「ハゲタカ」シリーズ。
元巨人ファンの現アンチ巨人。
阪神・広島・日ハム・ロッテがご贔屓。
春と夏は甲子園が別荘の高校野球バカ(笑)。
冬はスキージャンプとフィギュアに奔走(でも最近の真央・美姫ブームには辟易)

F1はルノーとアロンソ君がお気に入り。要チェックはベッテル。ハミルトンには幻滅〜。
2輪で気になるのは高橋裕紀くんと清Pとケイシー・ストーナーくん。(増えてるがな(^^;))


なお、申し訳ありませんがアダルト系、アフィリエイト、当ブログと何ら関連性のないコメント・TBは削除させていただく場合があります。ご了承ください。
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives