Main  >  TB:室井さん  >  初恋の思い出


2005年03月25日

初恋の思い出

突然ですが、思い出してしまったので書きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
5月1日追記。室井さんのブログで本を出す企画で、「ラブレター」を募集していました。この記事は、俺のラブレターなので、TBします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『片思いの君へ』(まあくん、34歳。中学の同級生への手紙)

俺は中学時代、ブラスバンド部。
当初はホルン担当。
前の席におさげ髪のフルート吹きが座っていた。

彼女と最初に話したのはいつだったろう。
確か俺が美化委員だったな。
美化委員ってのは、各クラスの掃除のチェックをするんだよね。

で、彼女のクラスに行ったとき、彼女は同じブラスバンドの子といた。

俺は黒板の上までチェックする。真面目(爆)
彼女は掃除当番だったらしく
「そこまでチェックするんや。しょーもないことしいやね」
と笑っていた。
俺も笑った。

そうこうするうちに、同じ部で席前後なので演奏後にあーだこーだで話すようになる。

そのうち自然に好きになっていった。

でも言う勇気なんてなかった。ただ話している時間、みんなとでも一緒にいる時間が幸せだった。彼女にしようという発想自体なかった。

1年生のときの彼女からの年賀状。
「しょーもないことしいのまあくんへ」
俺は、何度も何度も眺めていた。嬉しかった。

3年間想い続けた。

3年に初めて同じクラスになった。俺は飛び上がらんばかりに嬉しかった。
同じ班になったこともあった。嬉しい。成績競争なんてのもしていた。

俺は作戦に出た。

彼女と同じ塾に通うことにしたのだ。そうすれば会える時間が増える。

入ったとき俺は成績が下のクラス。彼女は上のクラス。
俺は次のテスト必死で頑張って6位になった。
テスト後、俺は上のクラスへ上がった。

また一緒の空気が吸える。顔が見れる時間が増える。嬉しい。

けど好きって言えない。苦しい。好きって言って嫌われるのが怖かった。

彼女の自宅と俺の自宅は、歩いて2,3分。
塾の帰りのコンビニで彼女に会った。

彼女の態度はそっけない。話そうともしない。目も見ない。

俺は嫌われたと思って、悲しかった。
でも嫌われた原因が分からない。でも、もう諦めた。
でも、好きなんだ。

彼女は学区一番上の高校へ行く。俺も行きたかった。けど、俺の成績は足りなくて2番目の高校へ行かなければならない。

卒業で、彼女ともお別れだ。

悲しくって呆然としていた。あれほど好きな子にもう会えなくなる。
時間が止まってほしかった。

高校へ進み、彼女に嫌われていると思っていた俺は、連絡を取れなかった。

大学へ進み、社会人になり。


事件が発生した。


阪神大震災だ。

俺の家は全壊した。

彼女の家の前が市バスが集まっている場所で、バスの中で一晩過ごすことになった。

震災当日の昼歩いていると、彼女の家の前で、彼女に会った。

中学卒業以来、8年ぶりに話した。(俺は浪人してて、震災当時が社会人1年生)

彼女はさすがに疲れている。元気がなかった。
俺も元気はない。でも会えて嬉しかった。彼女が俺を嫌っている様子はない。

じゃあ中学3年のあの態度は何なのか?分からなかった。

5分で別れた。

また会えなくなった。

ちなみに当時俺は彼女いましたよ。だから彼女のことは思い出。
俺が思いを寄せていたことも知らないんだろうなって思っていた。

震災で会った日の感触から、俺は葉書書いた。

「元気にしてる?」

彼女から返事が来た。

「葉書すごく嬉しかった!」

俺は飛び上がって喜んだ。嫌われてないんだって。

それからは年に一回の年賀状の付き合い。たまにPCメール。

そうこうしているうちにお互い結婚。

年賀状は続いていた。


俺が離婚したとき。


俺は年賀状連名で来られると困るので、暑中見舞い葉書で関係者に離婚しましたと伝えた。

真っ先に彼女から葉書が来た。嬉しかった。心配してくれていた。

メールするようになった。

そうこうするうちに俺は彼女にメールで
「中学のとき3年間好きだった子がいた」って書いた。

どうしてかは分からないが、そんな話もいいだろう、どうせ向こうは知らないんだしと思っていた。

彼女はしばらく「誰それ〜?」って聞いてたが、俺は中学時代言えなかったこと今更言えるかと思って「言わない」て返事してた。


彼女がメールで聞いてきた。


「私のことじゃないよね?実は○○くんから3年のときに聞いてたんだけど・・・あいつのいたずらだよね」


俺は嘘が言えなかったので、

「あなたです」

と書いた。


ショックだった。俺の知らないところで知ってたなんて。
ずっと知らないって思っていたのに。

彼女からは

「ほんと?嬉しい。ほんとだったんだ」

「だから3年のときに避けたんだよ。なんで友達にそんなことさせるのって腹が立ったから」

ってメール。

俺は頼んでない。俺の友達の○○くんがよかれと思って勝手にやったんだ。

・・・やっと謎が解けた。だから冷たくなったんだ。


そこから色々な話題をメールでするようになり、今、大切な友達になれています。
彼女とはメールだけの関係だけど、俺はそれでいいです。

今一番の相談相手かもしれない。

俺の病気のこと、ほんとに心配してくれている。
嬉しい気持ちでいっぱいだ。

そして、あの中学時代、俺が好きだった子がいいやつで、ほんとにいい思い出になっています。

・・・長くなりましたが、ほんとにありがとう。これからも頼む。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ってか電車男風に書いてみた(苦笑)これ読んでも怒らないでくれ〜

WEB拍手
拍手してもらえると管理人が喜びます☆
ひとことメッセージも送れます。




トラックバックURL

トラックバックありがとうございます☆

1. 昔の思い出  [ ごったでざったなどぶろぐ ]   2005年03月26日 11:54
時々、ホントに時々だが学生時代の夢を見る。 たいてい中学校と高校の友達がゴッチャになって同じクラスにいるというもの。 酒飲んだり、たばこ吸ったりという悪いことは当時ホントにしたことがなく、でも思いっきり楽しく過ごしたいい6年間だった。特に中学の時は珠玉とも
2. 昔の思い出  [ ごったでざったなどぶろぐ ]   2005年03月26日 11:54
時々、ホントに時々だが学生時代の夢を見る。 たいてい中学校と高校の友達がゴッチャになって同じクラスにいるというもの。 酒飲んだり、たばこ吸ったりという悪いことは当時ホントにしたことがなく、でも思いっきり楽しく過ごしたいい6年間だった。特に中学の時は珠玉とも

コメントありがとうございます☆

1. Posted by 匿名希望(笑)   2005年03月25日 06:33
まあくんって趣味悪〜い!(笑)
「しょうもないことしぃ」とか年賀状に書く女の子を、
好きになりますかぁ?(汗)

・・・っていうか、こちらこそこれからもよろしく!(大汗)
2. Posted by まあくん   2005年03月25日 06:50
>匿名希望(笑)さん
趣味悪いっすかね?俺は最高に人見る目があったって思ってるんですが(笑)それが何故嫁さんは駄目だったんだ〜。まあ仕方ない。それも経験で神様が与えてるんだろう。ちなみに俺は無宗教です(笑)
3. Posted by joo1   2005年03月26日 11:52
ある方が電車男つながりでTBして下さってそこからたどってきました。
そこに書いておられるコメントにも感動しました。
とてもきれいな思い出があるというのはホントにすてきなことですよね。
私も離婚経験者で未だに立ち直れていませんが少しずつ少しずつと自分に言い聞かせています。
龍は天空をかける前に沼のそこでじっと体を休めるのだそうです。
変なこと行ってスミマセン。
また寄らせて頂きます。
4. Posted by まあくん   2005年03月26日 14:38
>joo1さん
初めまして。コメントありがとうございます。
こんなブログで良ければ、また覗いてやってください。
離婚も次へのステップですよね。俺も別れるときつらかったです。
今では別れて良かったなと思っています(笑)
人生、充電も必要なんですよね。病気すると本当にそう感じます。 いい言葉を教えていただきありがとうございました。
ジャンプしようと思ったら一回かがまないと高く飛べないって言葉も好きです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 


Copyright ©2005-2006 まあくん All Rights Reserved.