蔵書管理サービス「BookOcean(ブックオーシャン)」運営ブログ

蔵書管理サービス「BookOcean(ブックオーシャン)」運営者によるブログです。さまざまな話題について書いていきます。

「リブライズ 〜すべての本棚を図書館に〜」がおもしろい

更新を怠っているうちにはや1年。

ウェブサービス、アプリのカンブリア紀カンブリア爆発とはよく言ったもので
次から次へとあたらしいウェブサービスがリリースされております。

当然書籍まわりのサービスもいくつかリリースされておりまして、
その中でこれまでになくユニークだと思ったのが
「リブライズ ~すべての本棚を図書館に~」です。
リブライズトップ



最近続々とできているCoworking Spaceやレンタルオフィス、インキュベーション施設などには
そこの利用者などが持ち寄った本が収められた本棚がよくあります。
また、カフェなどにも店主こだわりの書棚が置かれているケースもあるでしょう。

その本をリブライズの提供するウェブ本棚に登録すると
ひとつの本棚(図書館)としてサイト上に公開されます。
そこで登録された本を借りたい人はフェイスブックアカウントを使って登録すると
貸出返却管理用のバーコードが提供されます。
そのバーコードがTSUTAYAのTカードのような役割をして
リブライズに登録、公開されている図書館で本を借りることができます。


ブクログや読書メーターなどは貸し借りを管理する機能がないので、
本の貸し借りを管理したいというニーズを満たす点があたらしいと感じます。

また、図書館などに提供されている蔵書管理、貸出し管理のシステムは
かなり高額なもののはずなので、そのシステムを導入できなかった
学校などの小さな図書館などでも利用できるサービスかもしれません。
あるいは個人で大量の蔵書を持っている方が貸し出しをやる図書館をやりたい!
というニーズにも対応できるでしょう。


最近のウェブサービスはフェイスブックやtwitterのアカウントと連携して
認証、登録をするケースがおおいようですが、
私は少し抵抗を感じます。

注意深く説明を読んでチェックを外さないと勝手にウォールに投稿がされたりして、
まだどう評価すればよいのかも分からないうちから
利用者宣言をしてそのサービスの宣伝に利用されるような気がするからです。

また、図書館運営を民間企業のTSUTAYAへ委託する際に問題になった、
図書の貸出し情報の秘匿性については、以下のご利用前のご注意になるとおり、
基本公開され、今後の有料サービスで非公開設定が提供されるようです。




「人に本棚を見せるな」というユダヤ人のことわざがあるようですが、
貸し出し情報も本棚の情報とほぼ同じと考えると
それがデフォルト公開というのはそれを認識した上で貸し借りすべし
ということなのでしょう。

知っている人、注目していたり、興味のある有名な人以外の
本棚情報はおもしろいと思うケースが非常に稀なので、
貸し出し情報も同じ状況になることが想定されます。


そろそろオープンでソーシャルな流れからのより戻しで
クローズドでエクスルクルーシブなWEBサービスがいろいろと
出てくるような気がします。



蔵書管理サービス 2011年秋

すっかり更新を怠ってしまいました。
その間にもいくつか新しい蔵書管理、読書管理サービスが
リリースされたようなので、ご紹介したいと思います。

1.読書ログ http://www.dokusho-log.com/
「読書履歴の記録とWeb本棚で蔵書管理ができる書籍のサイト」とのことで、
ソーバル株式会社(http://www.sobal.co.jp/)が提供しております。
ジャスダックに上場している企業(http://www.ullet.com/2186.html#toppage)のようなので、
長期的にサービス提供が継続されることが期待されます。
あまり詳しくは見れていないのですが、主な機能は以下と紹介されております。
① さがす機能(ベストセラー/文学賞/ランキング/新刊からさがす 他)
②つながる機能(公開本棚を見る/公開レビューを見る/Twitter連動 他)
③マイページ(マイ本棚/レビュー投稿/未読・既読管理 他)
これまでにもあったWEB蔵書管理系サービスを網羅している感じと想定されます。


2.2Read http://2read.jp/users/sign_in
「2度読みたい本と出会うために」
「2Readは、あなたのオススメ本を共有できるサービスです。
さらにTwitter・Facebookと連携することで、友達のオススメ本を集めることができます。」
いま流行りのTwitter,Facebook連携サービスのようです。
誰がオススメしているのかを可視化するところが新しいコンセプトかもしれません。


3.liblar  http://liblar.com/
「liblarは、あなたが普段からTwitterやFacebookでつながりのある友達と本を紹介しあったり、
自分の読み終わった本を登録したり、感想や引用を書き留めて管理するサイトです。
すばらしい本に出会い、本を管理するための様々な機能をそろえています。」
こちらもTwitter,Facebook連携サービスのようで、
ソーシャルグラフをベースとしています。


本を選ぶときに誰がオススメしているか
というのは大きな要素となります。
また、本はその人の興味関心領域が、強く出ます。
そのような意味で、どのようなサービスが出てくるか、楽しみな分野です。


一方でクローズするサービスも出てきております。

読書コミュニティたなぞう(http://review.webdoku.jp/)は9/30で終了のようです。
「たなぞう」サービス終了のお知らせ


レンタルサーバーが低価格で提供されるようになり、
さまざまな開発まわりのハードルも下がってきたため、
多くのウェブサービスが日々リリースされるようになっております。
Twitter,Facebook,スマートフォンの普及も追い風です。

しかし、無料サービスは継続していくことが困難です。
他で収益を得るのか、広告、アフィリエイトで収益化するのか。
ユーザー課金するのか。

多くのサービスがこのハードルを越えて、
より選択肢の多い社会になることを期待しております。



蔵書管理サービスは「BookOcean(ブックオーシャン)

北の海

先日小学校時代の友人と会いました。

一緒にキャンプへ行った話や
ディズニーランドへ一緒に行って
パスポートを無くして先に帰ろうとした話だとかが
鮮明によみがえってきました。
もう20年以上の前の話です。

その友人とは違う中学に通うことになるのですが、
夏休みにキャンプへ行ったりといった関係はほそぼそと続いておりました。

そして、当時僕がはまっていた井上靖の『夏草冬涛』、『北の海』の話になりました。

若者らしい無茶もやりつつも、知性や教養に対する憧れを感じさせる雰囲気が好きで
すっかりかぶれていたのですが、
その友人から「当時自分はその世界をまったく知らなくて、一緒に語れなかったのが残念だった」
と言われました。
で、いまや僕よりもくわしく『夏草冬涛』、『北の海』の世界を語っていて
すっかり懐かしい感覚にひたりました。

若い時はたくさんの記憶がないので
懐かしいという気分になりにくいと思いますが、
年を重ねるといろんな懐かしいことに直面して
甘酸っぱい気持ちになったりします。

それは昔に読んだ本の記憶も同じです。

また井上靖の『北の海』が読みたくなってしまいました。


北の海〈上〉 (新潮文庫)
北の海〈上〉 (新潮文庫)
クチコミを見る

北の海〈下〉 (新潮文庫)
北の海〈下〉 (新潮文庫)
クチコミを見る








プロフィール

bookocean

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ