2006年10月

2006年10月31日

北方領土返還の謎の舞台裏を語る

驚愕のインサイド・ストーリー 総理大臣の「極秘指令」とは何か? 最初で最後の対論
島は返還寸前だった! 銃撃事件の真犯人は? 北方領土交渉のなかで私は、ほとんどの外務官僚が知りえない「特命」を複数の総理大臣から受けていた。それらの「特命」について、これまで私は「貝」になったつもりで沈黙することが国益に適うと考えていた。しかし、日本外交が八方ふさがりという状況に陥ったいま、局面を打開するためには、私の受けた「特命」を国民に公開することに意味があるのではないかと思うようになった。これが本書を出版することになった最大の動機である。<「プロローグ」(鈴木宗男)より>

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:鈴木 宗男 著:佐藤 優
  • 出版社:講談社
  • 定価:1680円(税込み)
北方領土「特命交渉」
livedoor BOOKSで購入


books_review at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(7)clip!社会・政治 

2006年10月30日

成功するのも「確率」だ

ジャンケンで勝つ確率、ポーカーで勝つ確率、宝くじで高額当せんする確率、パチンコで大当たりする確率お見合いパーティーで好みの女性と結婚する確率、入社試験に合格する確率、誕生日が一致する確率など、人生や生活のさまざまなシーンで登場するのが、確率です。それでは、実際にこれらの確率はどうなっているのでしょうか。また、宝くじはなぜ当たらないのか、よく当たる売り場はあるのか、二度あることは三度あるのか、ツキの正体はなにか、知りたくありませんか?これらをまとめたのが、本書『知ってトクする確率の知識』です。そして、これらの確率の知識を身につければ、その知識が人生や生活の勝負どころで背中を後押ししてくれ、成功や勝者へと導いてくれるのです。だからこそ、サブタイトル「成功するにはワケがある!」となるわけです。気軽に読めて、役立つ確率の知識が満載。確率の話しが大好きな人、成功者や勝者になりたい人、そして、「おかしいなぁ、もうそろそろ当たるはずなんだけど…」とよく思う人に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:野口哲典
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 定価:945円(税込み)
知ってトクする確率の知識 成功するにはワケがある!
livedoor BOOKSで購入


2006年10月27日

IT業界のキーワード「Web2.0」を知る

Web2.0時代の必須テクノロジーを徹底解説。次世代のインターネットサービスを総称する「Web2.0」。Web2.0とはなんなのか、Webはどう進化していくのか。Web2.0時代に欠かせないテクノロジーとサービスを徹底解説することで、Web2.0の正しい理解とWebの進化に迫る!

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:電脳事務
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 定価:945円(税込み)
最新Webテクノロジー Web2.0時代に欠かせないIT知識が身につく
livedoor BOOKSで購入


2006年10月25日

オトコが好き!

アンアン連載「オトコ上手」をまとめた1冊。愛人と内縁の夫の間を行き来しつつ、第三のオトコも登場……。どこまでもドスケベで、果てしなくどうしようもない愛と欲望の戯れの記。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:岩井 志麻子
  • 出版社:マガジンハウス
  • 定価:1260円(税込み)
オトコ・ウォーズ
livedoor BOOKSで購入


books_review at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!文芸 

2006年10月24日

嗚呼、飲んだくれ日乗

ダカーポに長きにわたって連載された日記の集大成。三軒茶屋から神保町、銀座、そして新宿。怪人たちとの酒席の数々、失われつつある「文壇」への片思い、そして本と音楽と芝居。ツボちゃんの行くところ今夜も放談の嵐が吹くのだ。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:坪内 祐三
  • 出版社:マガジンハウス
  • 定価:1680円(税込み)
酒日誌
livedoor BOOKSで購入


books_review at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!文芸 

2006年10月23日

戦場ビデオカメラマンが見た食事

死と隣りあわせで人は何を食べるのか? 戦場からの中継でお馴染みのビデオ・ジャーナリストが食べることに拘り、世界の紛争地に生きる人たちの実態を迫真レポートする。雪山行軍中のアフガン・ゲリラとかじったナンの味、食料がないながらも「食う」ことに貪欲なサラエボの市民たちの姿、闇のなか手づかみで味わうアチェのココナッツカレー、そしてイラクでは香田証生さんの死を間近に接し改めて「生きる」ことについて考える……。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:佐藤 和孝
  • 出版社:新潮社
  • 定価:735円(税込み)
戦場でメシを食う
livedoor BOOKSで購入


books_review at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!社会・政治 

2006年10月20日

すべてはアメリカのシナリオ通りだった!

CIA「正力松太郎ファイル」等、新資料をもとに日本テレビ出生の秘密、終戦直後の対日心理戦の深層に迫る。「日本テレビ放送網」――なぜ日本テレビの社名は「放送網」となっているのか? 「網」の字にはどんな意味があるのか? その理由は設立時の秘密にある。実は日本へのテレビの導入は米国による情報戦の一環だった。テレビ放送網は、そのまま「反共の防波堤」であり、さらに軍事通信網にもなるはずだったのである。「テレビの父」である正力松太郎のテレビ構想は、アメリカ側にたくみに利用されたものに過ぎない。CIAは正力に「ポダム」という暗号名まで付けていたのである。著者がアメリカ公文書館で発見した474ページに及ぶ「CIA正力ファイル」――。そこには、CIAが極秘に正力を支援する作戦の全貌が記録されていた!日米で蠢くCIA、政治家、ジャパン・ロビー、官僚、そして諜報関係者……。日本へのテレビ導入はアメリカの外交、軍事、政治、情報における世界戦略のパーツの一つだった。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:有馬 哲夫
  • 出版社:新潮社
  • 定価:1575円(税込み)
日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」
livedoor BOOKSで購入


2006年10月19日

日本人こそ知るべき放射線被爆の過酷な真実

「私は大量の放射線が人間にもたらすものについて、わかったつもりになっていた。そのわかったつもりを打ち砕かれたのが、本書によってだった。」(柳田邦男)1999年9月に起きた茨城県東海村での臨界事故。核燃料の加工作業中に大量の放射線を浴びた患者の命を救うべく、83日間にわたる壮絶な闘いがはじまった──。「生命の設計図」である染色体が砕け散り、再生することなく次第に朽ちていく体。最新医学を駆使し、懸命に前例のない治療を続ける医療スタッフの苦悩。人知及ばぬ放射線の恐ろしさを改めて問いかける、渾身のドキュメント。(『東海村臨界事故 被曝治療83日間の記録』改題)

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 編集:NHK「東海村臨界事故」取材班
  • 出版社:新潮社
  • 定価:460円(税込み)
朽ちていった命―被曝治療83日間の記録
livedoor BOOKSで購入


books_review at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(5)clip!社会・政治 

2006年10月18日

おいしい魚料理はかんたんに作れる

私たちの最大の関心事である「食と健康」をメインコンセプトに日々、何をどう食べれば病気が防げるのか?健康になれるのか?キレイになれるのか?を考え、実践するレシピ集。第二弾は「魚」。古くから魚に親しんできた日本人ですが、ここ数年はさらに魚の良さが見直され老化防止、貧血予防、骨粗鬆症予防、脳の活性化などに効果があるといわれています。この本では手に入れやすい魚を中心に身体への効能、見分け方とともに、料理家による献立例と効率よく取り入れる工夫を紹介します。美味しく食べて健康を保つことのできる一冊です。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 編集:マガジンハウス
  • 出版社:マガジンハウス
  • 定価:980円(税込み)
クロワッサン特別編集 おいしい健康法2 魚の食べ方
livedoor BOOKSで購入


books_review at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(4)clip!実用書 

2006年10月17日

責任無能力者と無明世界の交接

この世には、刑務所しか居場所のない人々がいる――。障害者の起こした事件の現場を、服役体験を持つ元国会議員が訪ね歩いた「究極の不条理」の記録。「これまで生きてきた中で、ここが一番暮らしやすかった……」逮捕された元国会議員の著者は、刑務所でそうつぶやく障害者の姿に衝撃を受けた。獄中での経験を胸に、「障害者が起こした事件」の現場を訪ね歩く著者は、「ろうあ者だけの暴力団」「親子で売春婦の知的障害者」など、驚くべき現実を次々とあぶり出す。行政もマスコミも目を瞑る「社会の闇」を描いた衝撃のノンフィクション。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:山本 譲司
  • 出版社:新潮社
  • 定価:1470円(税込み)
累犯障害者
livedoor BOOKSで購入


books_review at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(11)clip!社会・政治