2006年12月

2006年12月30日

あなたは誰かを心の底から愛したことがありますか、あるいは、誰かに心の底から愛されたことがありますか?


50年以上も、別の男性と結婚した女性を待ち続けた男性の物語です。

まず、『コレラの時代の愛』というタイトルから話を始めると、「愛」に関してはEl amor と定冠詞を使っていることからして、特別な愛を描いた作品ではない、ということになります。不貞をはたらき続け、夫のものか愛人のものか分からない子供を身ごもる人妻を描いた、ゴダールの映画『恋人のいる時間』が、公開前の検閲によって、定冠詞のついた原題 La femme mariee (人妻)を、不定冠詞のUne femme mariee(ある人妻)に変えさせられたというエピソードからも分かるように、タイトル中の名詞に定冠詞を選ぶか、不定冠詞を選ぶか、場合によっては冠詞を付けないかは、作者の意識がかなり反映されるものです。ですから、少なくともガルシア=マルケスの意識としては、ここで描かれた、50余年にわたる愛の姿を、「コレラの時代」には、さほど珍しいものではなかったと考えているのでしょう。この「コレラの時代」とは、コレラが死の病であった20世紀初頭を挟んだ時代のことで、現代では「ありえない」物語なので、この時代に設定したと考えるのが一般的でしょうが、死にいたる病としての恋愛、又は、死にいたるまで癒されることのない病としての恋愛を、コレラに象徴させているとも理解できると思います。

物語の大筋を要約すると、次のようになります。主人公の男性は、お互いに初恋同士だった女性に、結婚の約束までした女性に、ある日突然理由もよくわからないまま(彼女にはしっかりとした理由があったのですが)拒絶されます。彼女は後に別の男性と結婚するのですが、彼は他の女性たちとの恋愛を経験しながらも、彼女が未亡人になるまで待つ決意をして、51年9ヶ月と4日後、実際に彼女の夫が事故死してから、再び交際を申し込みます。最初は頑なだった未亡人も、次第に打ち解けて、彼と一緒に大きな川を上り下りする船で旅に出て、そこで結ばれます。最後は、船会社の社長でもあった彼は、世間からの余計な邪魔が入らないよう、船に伝染病発生を知らせる旗を立て、「命の続くかぎり」川を上下するように命令するのです。

「ありそうもない」物語のように思えるかもしれませんが、果たしてそうなのでしょうか。私の持論なのですが、恋愛を分類すると、1.片想い、2.得恋、3.失恋に分かれます。1は説明するまでもないのですが、3は字から明らかなように、2の過程を経て成立するものです。一般的に、失恋の方が片想いよりはるかに傷が深いものです。まして、それが初めての失恋であれば、なおさらです。そして、この物語の主人公のように、時折とはいえ、相手の姿、しかも他人の妻となった相手の姿を垣間見ていたのでは、10年も20年も50年も差はなかったであろうと思います。失恋した相手が、他人と愛し合っている姿を見るほど、辛いものはないからです。

そうは言っても、50年という年月です。確かに肉体は歳月に逆らえません。主人公たちの肉体の老いの描写は、ある意味で、冷酷です。

「肩のあたりに皺がより、胸はたれ下がり、脇腹の皮膚はカエルのそれのように青白くて冷たそうだった。」

ですが、感情は歳月に逆らえるのです。感情の高揚に、時の流れは無関係です。この小説も、時間と時代を越えた、普遍的な愛の物語なのだと思います。

また、主人公たちの「最後」の船旅なのですが、彼は失恋直後、同じ航路の船旅に出ています。その時の旅で、彼女のためにとっておいた童貞を、誰だか特定できない女性に強引に奪われるのですが、それは世の中に女性は一人ではないという単純な事実を彼に教えることとなり、その後の50年を、自らも色々な女性を知りながら、彼女に対する想いを変えることなく、夫を持つ身である彼女の存在を受け入れられることともなった、再生の旅だったわけで、それを「命の続くかぎり」続けることになる結末は、何とも感動的です。船が旅をする川は、死体が時折川上から流れてくる死の川であるというのも、再生の裏にある死や破壊を暗示させて、感慨深いものがあります。

ところで、ガルシア=マルケスの文章なのですが、いつもながら、とてつもない真実を、実に短い文章で、あっさりと無駄なく、伝えてしまうのには、驚いてしまいます。二つだけ例を挙げます。

「一方彼は、彼女が(自分たちの町)へ戻ってくるまでの気の遠くなるほどの長い時間を、分刻みで数えながら小間物店の奥の部屋に吊るしたハンモックで悶々としていた。」

「際立って美しく、魅力的な彼女が街路の敷き石の上をヒールの音を響かせて歩いているのに、どうしてみんなは自分のように心を奪われないのだろう、スカートのフリルがため息をつくように翻るのを見て、どうして心が騒がないのだろう、揺れ動く髪の毛や軽やかな手の動き、黄金の微笑みを見て、どうしてみんなは彼女に恋しないのだろうと不思議に思った。」

誰かを心の底から愛した経験のある人ならば、誰もが、このような感情を経験したことがあるのだろうと思います。あと何分とジリジリしながら相手を待つ時間の長さ、相手の一挙一動が魅力的に思える瞬間…。こんな風に簡潔に表現できてしまうとは、何と素晴らしいことでしょう。

ガルシア=マルケスが生み出した、もう一つの傑作がここにあります。

(hacker)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:ガブリエル・ガルシア=マルケス 訳:木村 榮一
  • 出版社:新潮社
  • 定価:3150円(税込み)
コレラの時代の愛
livedoor BOOKSで購入
書評データ


books_review at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3)clip!文芸 

2006年12月29日

神社はどこからやってきたのか?

我々の周りに数多くの存在する神社はどこからやってきたのか? 稲荷、八幡、住吉、祗園など主な血統のルーツと祭神、伝播の歴史を探り、また人間を祭神とする「人霊系」の神社についても解説。日本人の生活に密着した神社文化に迫る。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:戸部 民夫
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 定価:735円(税込み)
〔新書〕神社のルーツ
livedoor BOOKSで購入


2006年12月28日

経験者が答える新マタニティライフ

50万人超のユーザーを抱えるOKWaveのコミュニティサイトに集まるコンテンツの中から、ユーザーの関心度の高いものを書籍シリーズ化する。月間PV2位カテゴリとなった「出産&育児」について、ネットならではのQ&Aを編集!

【CONTENTS】
Part 1 不安と期待に答えます
−−大切にしたい妊娠初期−−
Part 2 もうりっぱな妊婦です
−−安定期の中期・後期−−
Part 3 リラックスして産みましょう
−−お産と新生児−− ほか

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 編集:OKWave
  • 出版社:インプレスR&D
  • 定価:683円(税込み)
教えて!はじめての妊娠・出産 -経験者が答える新マタニティライフ-
livedoor BOOKSで購入


2006年12月27日

映画化決定の心理サスペンス

事件の真相を知る、昏睡の少年が見たものは・・・?

九歳の誕生日を祝うピクニックで、ルイは崖から落ち、昏睡状態に陥る。現場にいた父親ピエールも行方不明になった。ルイの主治医パスカルは、傷心の母親ナタリーに心惹かれるまま、不可解な事件に巻き込まれていく。ミステリーの鍵を握るルイは果たして目を覚ますのか――。人間の深層心理に潜む闇を見事に描き出す、衝撃のサスペンス。

アカデミー賞監督アンソニー・ミンゲラによる映画化決定!

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:リズ・ジェンセン
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 定価:840円(税込み)
ルイの九番目の命
livedoor BOOKSで購入


books_review at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(9)clip!ミステリー 

2006年12月26日

ノーベル賞経済学者スティグリッツがアメリカ流グローバリズムの正体を暴く

自由化と民営化を旗頭にしたグローバル化は、すべての国、すべての人に未曾有の恩恵をもたらすはずだった。
ところが今、われわれに訪れたのは、一握りの富める者のみがますます富んでいく、世界規模の格差社会だった。一体これはなぜなのか?
ノーベル賞経済学者スティグリッツが、アメリカのエゴにゆがめられたグローバル化のからくりを暴き、すべての人々に利益をもたらす新システムを提言する待望の一冊。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:ジョセフ・E. スティグリッツ 訳:楡井 浩一
  • 出版社:徳間書店
  • 定価:1890円(税込み)
世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す
livedoor BOOKSで購入
書評データ


2006年12月25日

あの本を下敷きにしたナンセンスギャグ小説

主人公カバ夫は話題になっている本なら何でも飛びつくベストセラーマニア。流行の『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を誤読してさおだけ屋を開店、うまくいくはずもなく大量の不良在庫を抱えてしまう。現状を打開するため、新たなベストセラーに頼るも、極端に信じ込みやすく、書いてあることは何でも丸呑み、早合点。やり方も間違っているので次から次へ失敗し、どこまでも転落していく。果たして、カバ夫に「ベストセラー効果」が降り注ぐ日は来るのか?数々のベストセラーをサンプリング、再構築し、軽妙な文体でめまぐるしい展開をつくりあげ突き進む、ステップスティック・パロディ小説。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:池田 浩明
  • 出版社:竹書房
  • 定価:1000円(税込み)
さおだけ屋はなぜ潰れたのか?
livedoor BOOKSで購入


books_review at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(3)clip!文芸 

2006年12月23日

「2000年前から変わらない中華世界がここにある」

文革の時期に少女時代を過ごした著者の自伝的小説です。著者はオランダ在住で、原書もオランダ語で書かれたものだそうです。「身分の差を越えて培われたかに見えた、知識人階級のお嬢様と下層労働者階級の貧しい娘の固い友情。しかし、混乱の時代にあっては、所詮、仇花に過ぎなかった…」という青春小説と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこの作品は、「中華人民共和国は連綿と続く中華帝国の新王朝である」という、中国史に興味のある日本人にとっては当たり前のことを、中華文明に馴染みの無い欧米の読者に伝えるために書かれたものだと思います。

よく言われることですが、毛沢東が率いた中国共産党は、共産主義とはほとんど無縁の私党です。毛沢東は決してプロレタリア革命家などではなく、「初代皇帝」なのです。中華人民共和国の成立は、過去連綿と繰り返されてきた王朝交代に過ぎません。

「乱世を勝ち抜いて新王朝を打ち立てたあと、意に添わぬ知識人は遠慮なく粛清し、統一後は油断のならない存在と化した将軍たちを次々と消し、自分の一族だけの天下にする」「忠実な側近に皇帝の座を譲ろうとも思ったが、やはり一族を後継者にしたい。残念ながら息子は朝鮮戦争で戦死しているので、妻である江青を二代目皇帝にしよう」

毛沢東は、歴代王朝の初代皇帝と変わらないことをしています。老耄に陥った皇帝が、おそく生まれた子供可愛いさに(この場合は最後の妻ですが)皇太子を取替えようとするのは、過去、枚挙に暇がありません。これもよく言われることですが、政治的には意味不明としか見えない文革は、プロレタリア革命や共産党内の権力闘争などという現代的なものではなく、妻を後継者にするために、反対しそうな迂儒どもを片付けておこうという、お家騒動の一種と考えた方が理解できます。

また、主人公である「蓮」が下層の娘である「金」を優等生に仕立て上げようとする動機の裏には、儒教精神があることが容易に読み取れますし、体面を保つことが何より重要と考える中国人の精神構造が実感できるように書かれています。

中国もインドと同様厳しい階級社会である(原書ではカーストという言葉を使っているそうです)ということは、欧米人には意外と知られていませんので、これについても執拗に描写されていきます。中国の場合、階級制はインドほど固定されてはおらず、実力のある人間が這い上がる道は常に開かれている…ことになっています。少なくとも「野に遺賢なからしむ」、つまり有能な人間が埋もれていてはならないという建前があります。

ただし、基本的にはあくまで知識人階級の中での「遺賢」です。現実には、階級を超えて「取り立てられる」のは非常に難しいのです。不遇に悩む「知識人」がいたら、ちゃんと推薦してあげましょう…という意味です。しかも、男性だけが対象(作中でも女の子は「安物」と表現されています)。下層階級の娘を引き上げようすること自体、受け入れ難い奇行なのです。なにしろ、20世紀後半にいたっても、男尊女卑が徹底された、「古代階級社会」なのですから。

そして、夢破れた「金」が、これまた中国社会のもう一つの大きな潮流である暴力の世界に飛び込むのも、哀しいほどにストレートな展開です。かの国で下層階級がのし上がるにはこれしかないということも、歴史が証明しているところです。無論、「金」本人に望みはありません。手を汚してでも獲得したお金で、自分の息子を教育して、知識人階級の仲間入りを目指すという、僅かな可能性にかけるということです。

作中では、その段階にすら至らず、悲劇的な結末を迎えます。中華文明をまったく知らなくても、読み通す頃には、1970年代までの中国の社会構造が感覚的に掴めるようになっていることでしょう。だからこそ、終章の「蓮」の能天気としか言いようのないモノローグにより、途方も無く厚い障壁の存在が読む者の心に訴えかけてくるのだと思います。

他の著作も読みたい度 ★★★☆☆
古書店には売らない度 ★★☆☆☆
これは使える!度   ★★☆☆☆
心が揺さぶられます度 ★★★★☆

(シルフレイ)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:ルル・ワン 訳:鴻巣 友季子
  • 出版社:新潮社
  • 定価:2940円(税込み)
睡蓮の教室
livedoor BOOKSで購入
書評データ


books_review at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!書評 

2006年12月22日

ネットに散らばる衆知から利益を生むには?

Web2.0の主要素の1つとして注目を浴びる「CGM(Consumer Generated Media)」の解説書。ネット上に散らばる個人の意見や知識を集めて、いかに実際にビジネスに生かしていくべきかがわかる。これからの広告、PR、マーケティングのあり方を知りたい人、必見。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:伊地知 晋一
  • 出版社:ソフトバンククリエイティブ
  • 定価:1890円(税込み)
CGMマーケティング 消費者集合体を味方にする技術
livedoor BOOKSで購入


2006年12月21日

異端の書、初期キリスト教の外典「マリアによる福音書」を解く

●『ダ・ヴィンチ・コード』のもうひとりの主役!
●本当にイエスの伴侶だったのか?
●イエスの最期と復活に立ち会ったヒロインの素顔とは?
●「マリアの福音書」を全文収録!

キリスト教の世界では“悔い改めた娼婦”として扱われてきたマグダラのマリア。本書は、時をさかのぼり、マグダラのマリアについて最初に記された物語からマリアとイエスの絆をたどったノンフィクションです。「マリアの福音書」をはじめとする原典を気鋭の宗教学者らが読み解き、マグダラのマリア像に迫ります。数々の原典の考察で明らかになるその素顔は一体どのようなものであったのか…。「マリアの福音書」の全文訳も収録しました。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 著:マービン マイヤー 著:エスター・A. デ・ブール 訳:藤井 留美 訳:村田 綾子
  • 出版社:日経ナショナル ジオグラフィック社
  • 定価:1680円(税込み)
イエスが愛した聖女 マグダラのマリア
livedoor BOOKSで購入


2006年12月20日

あなたが謝りたい人は誰ですか?

 高知県南国市後免(ごめん)町まちづくり委員会による、町おこしのための「ハガキでごめんなさいコンクール」の作品集。地名にちなんで全国から寄せられたハガキの中から、じんわり泣けて、クスっと笑えて、胸が痛くなる“言えなかったごめんなさい”を収録。


 思案した結果、ごめん町のセールスポイントは「ごめん」という町名しかないと気がついた。そこで「ハガキでごめんなさい全国コンクール」を実施することを提案した。
 やはりごめん町という町名の効果だと思いますね。しかも内容が面白い。ごめんという言葉を言いそびれた人は、ぼく以外にも多かったのだ。(やなせたかし あとがきより)


 小さなごめんね、何十年越しのごめんなさい……。全ての「ごめん」に涙が溢れました。心が、こもっているから。(広末涼子 オビより)

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 出版社:竹書房
  • 定価:1260円(税込み)
言えなかったごめんなさい
livedoor BOOKSで購入