2007年09月

2007年09月30日

この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

20世紀少年(21世紀少年)

1999年から2006年まで週刊ビッグコミックスピリッツで連載されていた浦沢直樹の「20世紀少年」がついに完結。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 20:33|PermalinkTrackBack(0)clip!コミック 

2007年09月28日

あなたは、夫婦二人でつくったマンションを知っていますか?

高知にある、あの名物物件を、建築学的に再評価した本!

人間ここまでできる! 夫婦二人でつくった超絶マンション沢田マンションとは?高知県にあるオーナー夫婦ふたりで自作した地下1階、地上6階建ての賃貸集合住宅。現在もオーナー家族の手により増築中。世界最大のセルフビルド建築としても知られる。

恐るべきDIY精神と自給自足!どの階にいても「地上にいるのと同じ感覚」で生活できる空間造形、 5階まで車で行けるスロープ、屋上緑化(水田!)、庭園と池を完備?生活の創意工夫をユニークに実現し、畑断熱、有機物の循環なども、独自の発想と合理性で成し遂げてしまった!

また、間取りがすべて異なる住戸配置、バルコニー兼用の広い通路など、経済原理の下では実現できなかったアイディアの見本市。これからの集合住宅を考えるヒントも満載!?建築界においては評価されず、一般には好奇の目でしか見られてこなかった「沢田マンション」を、新しい生活空間として解き明かす。

若い建築家、クリエイターの巡礼地!

「社員研修は沢マン! みんなも一度、見といた方がええ。」
−−海洋堂代表取締役・宮脇修一推薦

●目次

00 調査の背景と目的〜まえがきに代えて ii
01 沢田マンションという建築物 1
     沢田マンションのココがすごい! 2
     沢田嘉納さんって何者? 16
02 沢田マンションの歩き方 35
     〜沢マンを読み解く13のキイワード
     構築のシンボル沢マン柱ガイド 36
     世界に繋がる角出し建築 44
     スロープ的発想 52
     日本集合住宅史の三大軍艦 56
     緑化マンション 60
     大地と一体化した自給自足 66
     柔らかなテクスチャー 74
     菅が媒介する多様なイメージ 78
     考古学的視点で楽しむ改造の地層 86
     地下空間と建物の成り立ち 90
     沢田式工法を探る 96
     知られざる『沢田建築』 104
     沢田マンションのエチュード 107
03 沢田マンションに暮らす人々と生活 117
     沢マンEXPO開催! 118
     受け継がれる沢マン文化 120
     あふれ出す洗濯物は沢マンのガードマン? 128
     新しいコミュニティと集合住宅 134
     住宅地図の巻末付録から探る歴史 142
     引っ越しと改装のハーモニー 146
04 沢田マンション図集集成 153
     立面図 154
     平面図 156
     沢田マンションの間取りいろいろ 164
あとがき 166

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



味わいある「日本語」を堪能する

天下の流れ、ぜひもない(どうにもならない)/片腹痛いわ(みっともない)/それまた、面妖な(まったく不思議だ)……侍言葉は、味わい深い日本語の宝庫。忘れてしまってはもったいない品格ある日本語の数々を身につける!

●著者プロフィール
野火迅
1957年、東京生まれ。早稲田大学を卒業後、出版社に勤務。長く雑誌、書籍の編集に当たる。退社後、執筆活動に入る。著書に『陰陽師 完全解明ファイル』(河出書房新社)、『仏鬼』(角川書店)などがある。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 18:00|PermalinkTrackBack(1)clip!語学・教育 

難題に立ち向かうための成功法則を伝授

ビジネスや人生のさまざまな局面をクリアして成功を引き寄せる「加速力」の成功法則。メリハリある「努力の速度」をカギに著者自身の体験をふまえて明快に展開。

●著者プロフィール
齋藤孝
1960年、静岡生まれ。東京大学法学部卒。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、現在、明治大学文学部教授。専攻は教育学、身体論、コミュニケーション論。『宮沢賢治という身体』で宮沢賢治賞奨励賞、『身体感覚を取り戻す』で新潮学芸賞受賞。『声に出して読みたい日本語』(毎日出版文化賞特別賞)が続刊あわせて200万部を越えるベストセラーとなり、以降、『理想の国語教科書』『からだを揺さぶる英語入門』『呼吸入門』『座右のゲーテ』『読書力』『子ども版 声に出して読みたい日本語』などを次々と刊行する。また、NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」の企画監修を行っている。子どものための私塾「齋藤メソッド」についてはhttp://www.kisc.meiji.ac.jp/~saito/

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 17:56|PermalinkTrackBack(1)clip!語学・教育 

複雑怪奇な世界情勢をわかりやすく解説

アメリカを没落させるのは簡単だ──。米国の弱点を知り尽くした中露が推し進める危険すぎるシナリオとは!気鋭の論客が圧倒的なわかりやすさで世界情勢を斬る。

●著者コメント
これは、「わけのわからない世界情勢を世界一わかりやすく解説」した本です。また、 日本のみなさんの視点を世界の指導者レベルまで一気にひきあげる目的で書かれています。

この本を読まれた後、みなさんの世界情勢に対する見方は自然と変化し、大国の意図と動きが手にとるようにわかるようになるでしょう。

新世紀に入り、アメリカの一極支配に対抗する現実的勢力が形成されてきました。中国・ロシアを中心とし、「多極主義陣営」とよばれるこの勢力は、アメリカの弱点を知りつくしている。そして、「一極支配打倒」の戦略を着実に実行しています。

どんな戦略? この本を読めば、資料つきで全部わかります。



●著者プロフィール
北野幸伯
1970年長野県生まれ、国際関係アナリスト。ロシア外務省附属モスクワ国際関係大学卒業後、カルムイキヤ自治共和国大統領顧問を経て、プーチン大統領の元ブレーンとともに日ロビジネスコンサルティング会社IMT設立。1999年からメールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」を発行。「わかりやすい」「予測があたる」と絶大な支持を受け、2005年まぐまぐメルマガ大賞1位を受賞(ニュース部門)。著書に『ボロボロになった覇権国家(アメリカ)』(風雲舎)がある。モスクワ在住。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 17:50|PermalinkTrackBack(2)clip!社会・政治 
この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

プログラミングという仕事でメシを食うには!一流プログラマによるノウハウ。

「プログラミング」のHowTo本ですか?
いいえ、
”「プログラマー」のHowTo本です!”

あの人のプログラムは、なぜ早くできるのか、なぜバグが出ないのか、なぜ性能がいいのか?あの人はプログラマーとして、なぜ稼げるのか、なぜ一目置かれるのか、なぜ生き生きと仕事をしているのか?誰もが抱きがちなそんな疑問を解決します!

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



2007年09月24日

この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

へんなほうりつ

異文化交流の旅へようこそ! 「スタイルが悪い女性はビキニを着てはならない」「香水を飲み物として売ってはならない」など、世界中の正式な法律の中にある「へんなほうりつ」を多数紹介。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • のり・たまみ
  • 扶桑社
  • 840 円
へんなほうりつ
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 12:55|PermalinkTrackBack(0)clip!サブカルチャー 
この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

歴史を材料科学によって解き明かす

金属を科学的に分析することから歴史を見直す。従来はAだった説をBに書き直す発見もある。古来日本で金・銀・銅がどのようにもたらされ、自ら採鉱するに至り、利用文化がどのように発展していったかはたいへん興味深い。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

大坂城落城ののちに、真田大助らとともに西へ落ちる豊臣秀頼。家康の奸智と薩摩の意地が、関ケ原の遺恨を甦

大坂城落城ののちに、真田大助らとともに西へ落ちる豊臣秀頼。家康の奸智と薩摩の意地が、関ケ原の遺恨を甦らせる! 陰謀渦巻く慶長の乱世を、手に汗握る活劇で描いた時代小説。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 岡田 秀文
  • 光文社
  • 860 円
秀頼、西へ
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 02:24|PermalinkTrackBack(1)clip!文芸 

2007年09月21日

映画「北極のナヌー」公式フォトブック

映画「北極のナヌー」(2007年10月全国ロードショー)の公式フォトブック

映画「北極のナヌー」では、北極のきびしい自然を生きぬくホッキョクグマやセイウチ、そこに迫る地球温暖化の現実を、これまでも誰も目にしたことのない映像で表現しています。公式フォトブック『北極のナヌー』は、映画のストーリーと、ナショナル ジオグラフィックの真骨頂である迫力あふれる野生動物写真集をミックスさせた北極フォトブックの決定版。映画を監督・撮影したアダム・ラヴェッチ、サラ・ロバートソン夫妻の撮影秘話も収録しました。

●オビより
30年後、北極がなくなる
――それでも生まれる、しろくまナヌー。

いくつもの海を越えた、地球の北野果てに広がる氷の王国、北極。人間にとって、そこは氷に閉ざされた不毛の地でしかない。しかし、極北の環境で暮らす生き物にとっては、どこまでも続く氷の大地こそが楽園だ。セイウチやホッキョクグマをはじめとして、幾多の動物たちが、個々で何万年にもわたって進化を続けてきた。だが、彼らに今、環境の変化という大きな危機が迫っている。北極地方の気温が、地球の他の場所の2倍ものペースで上昇しているのだ。

春、太陽が北極を暖めはじめるころ、物語の幕が上がる。ホッキョクグマのナヌーとセイウチのシーラ。2頭は、ほんの数ヶ月ちがいで産声をあげた――。これは、氷の王国に生まれた二つの命の物語である。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • ナショナル ジオグラフィック
  • 日経BP出版センター
  • 2520 円
公式フォトブック 北極のナヌー
livedoor BOOKS / 関連書評