2009年03月

2009年03月31日

古典童話集の決定版

世界各国の民話昔話を、英国の古典学者、民俗学者アンドルー・ラングが収集再話した童話集の第9弾。収録作品は「玉運びと魔物」「ぶつぶつ父さん」「頭のいい子ウサギ」「クーモンゴーの聖なる樹液」「人魚と王子」「牛や馬が人に飼われるようになったわけ」「太陽の妹」「魔法の首」「猫のキサ」「心のやさしいワリ・ダード」「魚の騎士」など計25編。挿絵は初版時のものを使用。H・J・フォードの美麗なイラスト多数。完全新訳。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • アンドルー ラング
  • 東京創元社
  • 1995 円
ちゃいろの童話集
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 11:45|PermalinkTrackBack(0)clip!文芸 

2009年03月26日

お嬢さま探偵大奮闘のシリーズ第二弾

思いがけず故郷で探偵業を営むことになったサラ。屋敷にいついた幽霊ジティと寂しくクリスマスを迎えようとしていたある日,著名な作家ローレンスが訪ねてきた。執筆中だという彼の自伝には,友人たちの数十年間にわたる秘密が書かれているらしい。その自伝を巡りひと騒動あったイヴのパーティの翌日,自宅で亡くなっているローレンスが発見され、問題の原稿は持ち去られていた。サラは犯人捜しに乗り出すが……。シリーズ第2弾! 解説=大津波悦子

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • Carolyn Haines/下山真紀 訳
  • 東京創元社
  • 1302 円
ダリアハウスの困った聖夜
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 23:25|PermalinkTrackBack(2)clip!ミステリー 

予言者バラードの衝撃作文庫化

「アホウドリを救え……! いますぐ核実験をやめろ……!」十六歳の少年ニールは、タヒチ沖に浮かぶ島、サン・エスプリ島へ向かうデモに参加していた。運動の中心となる四十代の女医、ドクター・バーバラに惹きつけられてしまったのだ。初めは普通の環境保護運動だった。だが、島に居すわった彼らに世界中の注目が集まったときから、なにかが狂いはじめた。楽園の果てにニールが見いだしたものは? 現代の予言者バラードの問題作。訳者あとがき=増田まもる

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • J.G. Ballard/増田まもる 訳
  • 東京創元社
  • 1050 円
楽園への疾走
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 22:04|PermalinkTrackBack(3)clip!文芸 

「検死審問」続編待望の本邦初訳

リー・スローカム検死官が、ふたたび検死審問をおこなうことになった。今回の案件は、火事に巻きこまれて焼死したとおぼしき作家ティンズリー氏の一件。念願の陪審長に抜擢され、大いに張り切るうるさがたのイングリス氏は、活発に意見を述べ、審問記録に注釈を加え、さらには実地検分に出かける気合いの入れよう。はたして、いかなる評決が下るのか。傑作『検死審問』の続編登場。解説=西上心太

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • Percival Wild/越前敏弥 訳
  • 東京創元社
  • 987 円
検死審問ふたたび
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 21:48|PermalinkTrackBack(3)clip!ミステリー 

すべてのヒロイック・ファンタジーの原点

天才作家が創造し、すべてのヒロイック・ファンタジーの源となった傑作シリーズを、最新の校訂のもとに贈る第5集。本集には新訳3編を収録した。宝物を狙う海賊たちとの死闘を描く「黒い異邦人」。最初に発表されたシリーズ作として絶賛を浴びた、王となったコナンの物語「不死鳥の剣」。囚われの身となったコナン王が伝説の魔道士と遭遇し、一大合戦絵巻が繰り広げられる表題作。

●収録作品
「黒い異邦人」
「不死鳥の剣」
「真紅の城砦」
〈資料編〉
「ハイボリア時代の諸民族に関する覚え書き」
「西方辺境地帯に関する覚え書き」
「辺境の狼たち(草稿)」

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • Robert E. Howard/中村融 訳
  • 東京創元社
  • 924 円
真紅の城砦
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 21:41|PermalinkTrackBack(2)clip!文芸 

2009年03月19日

ハヤカワ・ミステリーワールド新装刊第二弾

〈ハヤカワ・ミステリワールド〉震災後の復興の兆しを見せる神戸。ヨットを通じたワル仲間の死を知った大学生の祐一は自らの人生を変える冒険に乗り出していく。『TOKYO BLACKOUT』の著者が放つ、骨太で熱い青春海洋冒険小説。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 福田 和代
  • 早川書房
  • 1680 円
黒と赤の潮流
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 20:37|PermalinkTrackBack(1)clip!ミステリー 

あらゆる変化の本質をこの一冊に凝縮

〈ハヤカワ・ポピュラー・サイエンス〉熱力学は科学の基本。文系で言うと、シェイクスピアの訳本が読めるレベルだ。熱とは、仕事とは、エントロピーとは何か……あらゆる自然科学に顔を出すこの分野の基本四法則を克明に解説した必読入門書

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • Peter Atkins、斉藤 隆央 訳
  • 早川書房
  • 1680 円
万物を駆動する四つの法則
livedoor BOOKS / 関連書評


2009年03月14日

全米100万部突破!大ベストセラー記録中

オバマ大統領も熟読、主要政策グリーン・ニューディールに反映させた現代人の必読書がついに登場。
『フラット化する世界』で人々の世界認識を一変させた名ジャーナリスト、トーマス・フリードマンが「フラット化」の先を描いた全米大ベストセラー。
米国で発売されるやアマゾン・コムの年間ベストブッ
ク、ビジネスウィーク誌の年間ベストビジネス書に選ばれた話題作。
地球温暖化、世界各国でのミドルクラスの急激な勃興、急速な人口増加が一気に重なったいま、この地球はきわめて不安定な時代に突入しようとしている。
石油依存から脱却しつつ経済成長と豊かさを享受するという大きな試練に、国家と企業はどう立ち向かうべきなのか。
産業革命の前後で世界が一変したように、「グリーン革命」の前後で世界の支配者は入れ替わる。人類が経験したことのない新時代を生き抜くための知恵がすべて本書にある。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • トーマス・フリードマン/伏見 威蕃 訳
  • 日本経済新聞出版社
  • 1995 円
グリーン革命
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 20:53|PermalinkTrackBack(3)clip!社会・政治 

2009年03月13日

若き魔法使いの成長を描くシリーズ第二弾

正式な魔法使いになったニータとキットは、ニータの家族と一緒に海辺で夏休みを過ごしていた。ニータは傷ついたクジラの魔法使いの命を救ったことががきっかけで、〈孤高なる者〉を海底に封印し、海に平和を取りもどすための儀式に参加することになる。軽い気持ちで引き受けた代役だった。だがやがて、とんでもない事態に足を踏み入れていたことが判明する。苦悩するニータとキッド。若き魔法使いの試練と成長を描くシリーズ第2弾。訳者あとがき=田村美佐子

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • Diane Duane、田村 美佐子 訳
  • 東京創元社
  • 1050 円
駆け出し魔法使いと海の呪文
livedoor BOOKS / 関連書評


books_review at 11:29|PermalinkTrackBack(2)clip!文芸 

2009年03月08日

中国人観光客の目に日本はどう映っているのか?

中国人観光客の目に日本はどう映っているのか?
大型バスで押し寄せ、大きな声でしゃべりながら、高額商品を買っていく中国セレブ
たちの本音を紹介。
‘うるさい’、彼らの文句と興味のあるあなたに!中国人観光客と接することのある
あなたに傾向と対策を伝授。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



books_review at 21:32|PermalinkTrackBack(3)clip!実用書