2007年02月23日

晩餐は「檻」のなかで 

本編と作中作の異なる仕掛けが二重に楽しめるミステリー

檻の内側と外側を描いたミステリー長編。作中作の「内」に対して、その「外」ではいったい何が起こっているのか? 誰が何をしたのか。本編で明かされる「驚天の真相」とは……。

作中作「檻のなかの七匹の獣」
あらすじ:殺人を前提としたその建物ではあらゆる役割が伏せられる。七人の男女の役割は「殺人者」「被害者」「探偵」「共謀者」「傍観者」「邪魔者」「監視者」である。たがいに自分の役割しか知らない。だから誰にも気が許せない。やがて、ひとり、殺された。

※ケータイlivedoor小説(携帯電話)でこの本の「作中作」が読めます。
「nv@ld.tv」 宛に空メールを送ると、折り返しURLをメールで送ります。
詳細は、http://mobile.livedoor.com/novel/をご覧ください。

(書誌データより引用)

この本の感想(書評)を書いてみませんか? 詳細はこちらです。

★この記事が参考になったら、クリックしてください
ブログランキング

  • 出版社:原書房
  • 定価:1680円(税込み)
晩餐は檻のなかで
livedoor BOOKSで購入


『晩餐は「檻」のなかで』についての意見(トラックバック)

晩餐は「檻」のなかで著:関田涙出版社:原書房定価:1680円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く _uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 【あらすじ】 特殊な建物の中に7人の男女が閉じこめられた。 国が認めた「仇討ちゲーム」を行うために。 ...
[ Lovelycats ]   2007年03月01日 16:24

トラックバックURL

リンクキット/トラックバックキット

この本の書評を書いたら、以下のリンクキットおよびトラックバックキットをコピーして、使用してください。
あなたのBlogやSNSの日記から、リンク/トラックバックを行うことにより、書評のネットワークが形成されます。

ブログ用リンクキット

トラックバックキット(ブログ用)

SNS用リンクキット(mixi/フレパ)



books_review at 05:00│Comments(0)TrackBack(1)clip!ミステリー 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔