2007年03月30日

風少女 

青春ミステリーの傑作が20年ぶりによみがえる

赤城下ろしがふきすさぶ、寒い2月。父親の危篤の報を受けた斎木亮は、前橋駅に降り立った。そこで初恋の女性の妹・川村千里と偶然に出会う。彼女の口から初めて聞かされる、姉・麗子の死。睡眠薬を飲んで浴室で事故死、という警察の見解に納得のいかない、亮と千里は独自に調査を開始する。最近まで麗子と付き合いのあった中学時代の同級生を、訪ねるが――。著者の地元、前橋を舞台に、一途な若者たちを描いた青春ミステリの傑作。約20年ぶりの大幅改稿で贈る決定版。著者あとがき=樋口有介/解説=法月綸太郎
あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 樋口 有介
  • 東京創元社
  • 680 円
風少女
livedoor BOOKS / 関連書評


『風少女』についての意見(トラックバック)

※「本が好き!」より献本 樋口 有介著。樋口作品を読むのは、これが初めて。 本書は1990年の作品。1993年に一度文庫化されているが、2007年3月に大幅改稿を入れ出版社を変えて再度文庫化。 直木賞候補になった作品である
[ heavy monologue ]   2007年06月14日 01:16
風少女樋口 有介東京創元社680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ミステリ・サスペンス さらさらと読める青春ミステリー。20年も前の作品だけど、古さを感じない。伊坂幸太郎の作品をもう少しあっさりとさせてハードボイルド風味にした感じ。今、伊坂幸太郎が新鮮さととも
[ Chocolat ]   2007年05月22日 15:09
4. 風少女  
高校時代に憧れていた同級生の事故死を知らされた主人公が、その「似合わない死に方」に疑問を持ち、故郷の町での調査を始める、甘くない「青春ミステリ」。 風少女樋口 有介東京創元社680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ミスダ蜷????
[ 日々彷徨 ]   2007年05月01日 12:47
風少女樋口 有介東京創元社680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ミステリ・サスペンス_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 父親の危篤の知らせを受けて高校時代までをすごした地元に帰郷した斎木亮は、そこで中学時代に憧れていた女性、川村麗子の死を...
[ お菓子を片手に、日向で読書♪ ]   2007年04月29日 00:12
3 風少女樋口 有介東京創元社680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ミステリ・サスペンス _uacct = "UA-918914-3";urchinTracker();  いやー、青春っていいですねー。読後なんだが甘酸っぱいような、それでいて爽やかな感じに浸れましたわ。  地方都市の冬の寂れ加減....
[ B級鑑定士−アンチγGDP ]   2007年04月24日 16:23
風少女著:樋口 有介出版社:東京創元社定価:680円livedoor BOOKS書誌データ / 書評を書く 第103回(平成2年上半期)直木賞候補作の再文庫化。初版は1990年である。著名サイト「直木賞のすべて」(*)を参照すると、同回の受賞作は泡坂妻夫の『蔭桔梗』。ライバル候補は、
[ 本が好き!プロジェクトに参加してます。 ]   2007年04月06日 09:36

トラックバックURL

books_review at 20:19│Comments(0)TrackBack(6)clip!ミステリー 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔