2007年04月24日

脳と仮想 

代表作、文庫化。気鋭の脳科学者が解く脳と心の不思議。小林秀雄賞受賞作

「ねえ、サンタさんていると思う?」歳末の空港に響いたひとりの少女の声。数量化できない微妙な質感=クオリアを出発点として、物質である脳になぜ心というものが宿るのかを研究し続けてきた著者は、その少女の言葉をきっかけに「仮想」の不思議さに取り憑かれる。近代科学の到達点と限界点を明らかにしつつ、気鋭の論客が辿りついた現実と仮想、脳と心の見取り図とは。画期的論考。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 茂木 健一郎
  • 新潮社
  • 460 円
脳と仮想
livedoor BOOKS / 関連書評


『脳と仮想』についての意見(トラックバック)

6. 脳と仮想  
脳と仮想茂木 健一郎新潮社460円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/サイエンス_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 気鋭の脳科学者・茂木健一郎氏が放つ、脳と仮想の関係についての論考。 たかだか1リットルほどの身体器官にすぎない「脳」に宿る「心」とは何か...
[ 1歩進んで2歩下がる。 ]   2007年05月27日 18:57
5. 脳と仮想  
脳と仮想茂木 健一郎新潮社460円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/サイエンス_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 気鋭の脳科学者・茂木健一郎氏が放つ、脳と仮想の関係についての論考。 たかだか1リットルほどの身体器官にすぎない「脳」に宿る「心」とは何か....
[ つらつら雑日記 ]   2007年05月27日 18:55
5 評判通りに面白く、示唆に富んだ本でした。 僕はそもそも茂木健一郎さんを知らなくて、 最近NHKの番組で拝見するようになってから、 ようやく彼の「クオリア」に関心を持った程度でした。 そこへ代表作の「脳と仮想」が文庫本になったのを機に、 ようやく手にとって....
[ 書評&映画評 ]   2007年05月20日 12:09
脳の話は控え目ですが、科学者が現状の科学を乗り越えるべく、哲学的な問題を整理した本として評価できます。
[ digi-log ]   2007年05月10日 22:32
茂木 健一郎新潮社460円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/サイエンス_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker();
[ A's - note. ]   2007年05月05日 11:26
脳と仮想茂木 健一郎新潮社460円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/サイエンス_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker();  店主です。これも「本が好き!」で頂いた一冊。これ、読む前と読んだ後では世界の見え方が変わります。それぐらいの衝撃!  そもそも脳というも....
[ さつませんだい徒然草 ]   2007年04月27日 20:07

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔