2007年04月27日

今世紀で人類は終わる? 

世界滅亡の引き金はたった一人で引ける――

科学技術による避けようのない滅亡の脅威を、物理学者が描く。核戦争とも温暖化とも異なる予想外の文明終焉シナリオ。通り魔殺人を起こすタイプの人間が、核兵器並みに破壊力のある技術を手に入れるなど、様々な脅威を指摘。温暖化よりも深刻な、科学技術による滅亡のシナリオを物理学者が論じる。究極の未来論。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • マーティン リース、堀 千恵子
  • 草思社
  • 1680 円
今世紀で人類は終わる?
livedoor BOOKS / 関連書評


『今世紀で人類は終わる?』についての意見(トラックバック)

衝撃的なタイトル。 アル・ゴアの「不都合な真実」とは違う視点から、人類が今後存続...
[ Laksablog ]   2007年05月14日 21:42
今世紀で人類は終わる?マーティン リース、堀 千恵子草思社1680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/社会・政治 遺伝学者はクラゲの遺伝子を移植して、サルやトウモロコシを暗闇で光らせることができる  このいささか不謹慎な一文は、本書『今世紀で人類は終わる?』からの引
[ 極東のロドリゲス on the Web ]   2007年05月05日 00:48

トラックバックURL

books_review at 19:52│Comments(0)TrackBack(2)clip!社会・政治 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔