2007年05月23日

父の時代・私の時代 わがエディトリアルデザイン史 

伝説のデザイナー「堀内誠一」の仕事のすべて

エディトリアル・デザインの仕事は、技巧の前に「表現しようとする人たちの心からの友人」であることが必要だ。戦前から1970年代まで、雑誌から絵本までを生き生きと語る圧倒的名著!唯一の自伝。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



『父の時代・私の時代 わがエディトリアルデザイン史』についての意見(トラックバック)

 戦後のごたごたの中からクリエイティブな仕事をしてきた堀内氏の自伝。ポパイやアン...
[ Min^2の日記 ]   2007年08月12日 17:57
ちょっと久しぶりに、本が好き! プロジェクトからの頂きもの。 父の時代・私の時代 わがエディトリアルデザイン史 堀内 誠一マガジンハウス1785円 Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ルポルタージュ _uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); いつか書こうと思っているのだ...
[ Chromeplated Rat ]   2007年07月02日 22:05
5 父の時代・私の時代 わがエディトリアルデザイン史堀内 誠一マガジンハウス1785円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ルポルタージュ_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); ⇒エディトリアル・デザインとは?
[ A Time To Keep ]   2007年06月12日 20:12
父の時代・私の時代 わがエディトリアルデザイン史堀内 誠一マガジンハウス1785円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/ルポルタージュ  『雑誌づくりの決定的瞬間 堀内誠一の仕事』が日本のエディトリアル・デザイン史を知る上で欠かせない歴史的名著だということ、「anan」「B
[ 極東のロドリゲス on the Web ]   2007年06月04日 13:08

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔