2007年08月07日

フラット革命 

ITジャーナリストの雄が語る「インターネット」の新しき世界

大新聞・巨大メディアの没落、
ネット右翼と左翼の対立、
ミクシィ的人間関係、出会い系、
ブログ炎上と終わりなき論争――。

ベストセラー『グーグルGoogle』、『次世代ウェブ』の著者が、
日本を根幹から変えはじめたネット社会の真実が明かす!

いまマスメディアは、インターネットに怯えている。
なぜならインターネットが、言論の徹底したフラット化をもたらしているからだ。
それは「誰が言ったか」ではなく「何を言ったか」が問われる世界。
肩書や組織や権威に関係なく、個人個人が自らの世界観と論理によって
タブーなき言論を展開する生々しい世界だ。
さらにインターネットの影響力は拡大し、
人間関係の成り立ちそのものをも組み替えようとしている。
インターネットの世界では、人間関係は永続的に固定されない。
フィクスな関係ではなく、アドホックな関係がそこにある。
そこでのコミュニケーションは、ひとつの結論に行き着くのを拒むように、
つねに攪拌され、ダイレクトに批判され、果てしなき論争がくり返される。
戦後の日本社会が安心と隷従に覆いつくされた”同心円的共同体”だったならば、
それにとって替わろうとしているインターネットの世界は、”異心円”である。
どこにも中心は存在せず、人々は浮遊しつづける。

こうした厳しくまったく新しい世界で、人はどうやって生きていったらよいのか――。

さらに、フラット革命は、大きな問題を突きつけてくる。
この権威が消滅し浮遊する社会において、これまで巨大マスメディアなどの
権威が担保していた<公共性>は、どこに向かうのだろうか――。

本書は、インターネットが推し進めるフラット革命の全貌と、
フラット化が生み出した新たな難問を膨大な取材によって解き明かし、
未来への展望を切りひらく、類まれなる野心作である。

●著者プロフィール
佐々木俊尚(ささき・としなお)

1961年兵庫県生まれ。早稲田大学政経学部政治学科中退。

1988年、毎日新聞に入社。警視庁捜査一課、遊軍などを担当し、殺人事件や海外テロ、コンピュータ犯罪などを取材する。

その後、アスキーに移籍、「月刊アスキー」編集部などを経て、現在フリージャーナリストとして、週刊誌や月刊誌などで活躍中。緻密かつ精力的な取材にもとづいて、変化の激しいIT・ネット分野を鋭く解き明かす。

著書に『グーグルGoogle-既存のビジネスを破壊する』『ネットvs.リアルの衝突-誰がウェブ2.0を制するか』(以上、文春新書)、『次世代ウェブ-グーグルの次のモデル』(光文社新書)、『ウェブ2.0は夢か現実か?-テレビ・新聞を呑み込むネットの破壊力』(宝島社新書)など多数。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 佐々木 俊尚
  • 講談社
  • 1680 円
フラット革命
livedoor BOOKS / 関連書評


『フラット革命』についての意見(トラックバック)

(一言) ああっ、そうか!とうなづく面もあるが、これから続きがずーっと.... フラット革命佐々木 俊尚講談社1680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/IT・Web
[ WESTさんに本を ]   2007年09月08日 20:47
4 最近ウィキペディア (Wikipedia)に関してのニュースで、 厚生労働省の職員が野党議員の記事を書き換えていた事が判明した! と言う、お役所の世論操作を思わせる興味深いものがありました。 いわゆる阿部内閣が好きな「第三者機関による検討」と同じで、 年金問題を追求....
[ 書評&映画評 ]   2007年09月02日 04:28
フラット革命佐々木 俊尚講談社1680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/IT・Web 読む価値がある一冊であることは間違いないのだが、本書の書評はちょっと難しい。基本的にオススメするのかあまりオススメしないのか、ある程度の方向性についてスタンスを持って書評を書こうと
[ 机の上が汚いSEが書く日記 ]   2007年09月02日 00:40
フラット革命 佐々木 俊尚 講談社 1680円 Amazonで購入 livedoor BOOKS 書評 /IT・Web  結局、混沌とした現在の平成期とは、フラット社会を整備する前夜。そんな風に私は思うのだが、本書の佐々木俊尚氏の主張も、結論をそこに結びつつも、...
[ BLOG MYSTERY NOVELS ]   2007年08月30日 16:47
フラット革命佐々木 俊尚講談社1680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/IT・Web  ネット論客としての佐々木俊尚氏の特異性は、毎日新聞社出身というキャリアを逆手に取った「既存メディア斬り」の鮮やかさにあると思う。先日こちらのブログで取り上げた『サイバージャーナリ
[ 極東のロドリゲス ]   2007年08月26日 03:29
3 フラット化とは、いったい何なのか。 なぜフラット化が起きているのか。 それはどのような組み換えを引き起こすのか。 そしてフラット化が生み出す新たな難問とは何か。 インターネットによっておこるフラット化について本書で書こうとしている4つの論点がプロローグで...
[ 活字中毒日記 ]   2007年08月20日 22:38
フラット革命佐々木 俊尚講談社1680円Amazonで購入livedoor BOOKS書評/IT・Web 『グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する』(文春新書)、『ネットvs.リアルの衝突―誰がウェブ2.0を制するか』(同)などをものしてきたITジャーナリストである。タイトルから類推して、本
[ 本が好き!プロジェクトに参加してます。 ]   2007年08月14日 13:10

トラックバックURL

books_review at 15:37│TrackBack(7)clip!