2007年12月29日

となりのクレーマー 

この書籍紹介は、「本が好き!」会員による登録です。

となりのクレーマー

苦情処理のプロが、1300件以上を対応した体験とそこから得た知見から、相手心理の奥底まで読んで対応する術を一挙に伝授する。イチャモン、無理難題、「誠意を見せろ!」、「ふざけるな!」、詐欺師、ヤクザ…次々登場するクレーマーとのバトルの実例が余りにリアルだ。こわい、異常だ、はらはらする……でもかなり面白い「人間ドラマ」の数々。「苦情社会」の到来で、どこにでもいる、誰もがなりうるコマッタ人への対処法を一冊にした話題作。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。


  • 関根 眞一
  • 中央公論新社
  • 756 円
となりのクレーマー
livedoor BOOKS / 関連書評


『となりのクレーマー』についての意見(トラックバック)

となりのクレーマー関根 眞一中央公論新社756円Amazonで購入書評/ルポルタージュ_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 読みました!! クレーマーに先日遭遇しまして。 これを読んで頷きながら。 「やっぱりあれは、客じゃなくって、クレーマーだ」と確認。 するーっ....
[ ひとり・暮らす・楽しむ−chihanaの場合。 ]   2007年12月29日 18:53

トラックバックURL

books_review at 18:45│TrackBack(1)clip!実用書