2008年06月25日

RNAルネッサンス 遺伝子新革命 

いま遺伝子が面白い

25年前「遺伝子産業革命」でDNAの火付け役となったジャーナリスト田原氏と、そのブームの影で脇役とされたRNAを当時裏街道に脇入って研究を続けたRNA研
究の第一人者中村義一教授が、今ここにRNAの謎を説き明かす。
これまでDNAは遺伝の主役とされてきたが、実はRNAに操られていたことがわかった。そこには、ヒトと線虫(回虫)の遺伝子の数が同じであるという事実も。もう少しRNAの研究が進めば、エイズ、がんや鳥インフルエンザさえも治療可能な医薬品を創り出すことが可能であると結論付けている。私たちの未来がRNAによって救われるかもしれない研究であり、ノーベル賞も夢じゃない。絶妙な二人の会話のリズムが話をわかり易くし、あなたのRNAに響く。

あなたも書評を書いてみませんか? 詳細はこちらです。



『RNAルネッサンス 遺伝子新革命』についての意見(トラックバック)

RNAルネッサンス 遺伝子新革命田原 総一朗医薬経済社 2006-06-08by G-Tools  本が好き!経由で献本していただきました。
[ つらつらぐさ ]   2009年06月28日 10:27
3 田原総一朗さんと中村義一さんの共著による、 「RNAルネッサンス〜遺伝子新革命」を読みました。 2006年6月に、すでに出版されていた本なので、 今では、特別新しい内容でもないのでしょうが、 こうしたRNAの役割は、まったく知りませんでした。 現代人類の....
[ 書評&映画評 ]   2009年06月28日 00:27
医薬経済社様より本が好き!経由で献本御礼。 ジャーナリスト田原総一郎と東京大学医科学研究所教授中村義一によるRNA(デボ核酸)をテーマにした対談集が本書。 ハードカバーで全224ページだが、活字が大きいため、さくさく読み進めることができる一冊だ。 RNAルネッサンス 遺...
[ ぽっぺん日記@karashi.org ]   2008年07月04日 23:22
5 RNAルネッサンス −遺伝子新革命田原総一朗・中村義一医薬経済社(2006/6,単行本 226ページ)2,200円Amazonで購入書評/健康・医学_uacct = "UA-918914-3";urchinTracker(); 医薬経済社より、“本が好き!PJ”を経由して、「メディカルツーリズム (ジョセフ・ウッド...
[ Gori -ふどうさんやさん- ]   2008年07月03日 01:36

トラックバックURL

books_review at 21:49│TrackBack(4)clip!健康・家庭医学